散歩中、マーキングをやめさせたい〔生後7ヶ月〕ゴールデン・レトリーバー子犬成長記録



ゴールデン・レトリーバー、生後7ヶ月になって子犬から成犬に近づいてきました。『散歩中のマーキングに近いおしっこ』をするようになり、こんなとこから成犬に近づいてきたんだなぁと感じています。

成長しているのは微笑ましいことですが、マーキングは出来るだけやめさせたいのです・・・。

 

散歩でのおしっこが、マーキング的になってきた

基本的に自宅のトイレトレーでおしっこ・うんちをするのですが、今まで散歩時におしっこをしても1回きりでした。しかし、生後7ヶ月頃を過ぎたあたりから、散歩中2回に分けておしっこをするようになりました。クンクンと地面を嗅いで、ニオイつけをするようにおしっこをしている姿をみて『マーキングだ!』と。

▼散歩でマーキングをさせない対策は?

マーキングをこのまま放置しておくと良いことはありません。散歩中のマーキングをやめさせる方法を調べてみても『室内でのおしっこを徹底させる』『去勢する』ような方法論が主です。マーキングをやめさせるために去勢をするのは、違うかなと。

トイレの掛け声『ワン・ツー』などで飼い主が犬のトイレコントロールができれば、室内でも外でもおしっこ・うんちをしてくれるのでベストでしょうね。

しかし、残念ながらうちの子犬は、トイレの掛け声をしたらおしっこをするトレーニングは未だできていません。トイレの掛け声は『ワン・ツー』ではなく、『おしっこ』『うんち』そのまま使っています。

散歩 マーキング

▼まずは、散歩中のおしっこを飼い主がコントロール

犬のトイレを完全に掛け声・コマンドでさせるようにトレーニングするには、時間がかかりますよね。その為、まずもっての散歩中マーキング対策は散歩中は決めた場所に1回おしっこしたら、電信柱などマーキングしやすい場所を出来るだけ通りすぎるようにしようと思います。

ちなみに、生後7ヶ月時点ではまだお座りおしっこをしており、足上げおしっこはしていません。1歳に向けて子犬はどんどん大人になっていくのでしょうね。

【追記】
生後8ヶ月を過ぎたあたりから、足上げおしっこをするようになりました。

ゴールデン・レトリーバー成長記録〔生後7ヶ月〕 基本情報
体重:約20.5kg ドッグフードの量:1日380g  (ドライ)
食事の内容:時々、ドライフードに野菜・豆腐などをトッピング
食事の回数:1日3回。
食事への食いつき:食いつきとても良い。よく食べる、変わらず早食い。
おしっこ・うんち:うんちの状態は生後6ヶ月から安定し始め、軟便になることは少ない。食糞行動:なし。
ドッグフードの種類:ニュートロナチュラルチョイスのラムに、時々ヒルズのW/Dドライフードを加える。

 

今食べているドッグフード

【追記】

マーキングをやめさせる。
人の努力不足で、なかなか難しいのが現状です。
根気強くトレーニングし続ける、これに限るのでしょうね・・・。

散歩中のマーキングは、時間をかけてある程度コントロールできる様になりましたが、ドッグランでは更に難しいです。
『マーキングをやめさせる』に至らなかった自分が書けるのは、・・・ただただ、根気負けをしないこと。

今となっては、マーキングの初期段階にもう少し根気強くトレーニングしておけば・・・と。

マーキングのことを相談すると去勢を勧められることもありますが、人が努力さえすればトレーニングで解決することを去勢させるというのは、御門違いかと思います。

犬にとってはマーキングは本能。犬には罪がありません。
人の都合で辞めさせたいのですから、トレーニング継続していくしかありませんね。


この記事を読んだ人に読まれています