犬の臭い・おしっこの臭いを消す【簡単】手作り消臭スプレー!



犬の臭い、おしっこの臭いを消す【簡単】手作り消臭スプレーに関する記事です

犬の消臭スプレー

 

犬を家族にするとどうしても気になってしまうのが、その臭い。特に子犬の頃はおしっこ・うんちのトイレの失敗も多いので、臭いが気になるものです。成犬になっても、トイレトレーからのおしっこ臭などで悩まされることもあります。

犬に安全な消臭スプレーを簡単に作ろう!

20150224生後2ヶ月ゴールデン・レトリーバー子犬

市販でも様々な犬用消臭スプレーが出ていますが、気になるのはその安全性。犬ですから舐めてしまうこともあります。舐めても大丈夫か?中には塩素系の材料を使っている商品もあり、舐めてしまったら心配になるほどです。

自分で作れば、消臭スプレーに使う材料そのものを吟味できます。しかし、難しいことは一切ありません。

家庭で手作りできる安全な犬の消臭スプレーで使う、基本の材料は『クエン酸』と『重曹』だけです。

 

犬の手作り消臭スプレーの基本材料『クエン酸』と『重曹』の使い分け

手作り消臭スプレーの基本材料のクエン酸と重曹は、一緒に使うのではなく、それぞれを使って消臭スプレーを作ります。

消臭スプレーの基本材料は、クエン酸と重曹だけ

犬の消臭スプレー手作りに使うクエン酸と重曹

犬の臭いは、『おしっこの臭い』と『犬の体臭』と大きく2つに分けらるので、それぞれの臭いにクエン酸と重曹、それぞれで対処していこうということです。

犬の臭い全般には重曹!

犬のおしっこ臭にはクエン酸!

です。

犬臭さや犬の皮脂、など犬の臭い全般には重曹が活躍します。おしっこ臭・アンモニア臭は、重曹では消えませんので、おしっこ臭・アンモニア臭いを消臭するのためにはクエン酸や酢を使います。

クエン酸と重曹の使い分けはその性質の違いにあり。
クエン酸 重曹
性質 酸性 弱アルカリ性
得意な消臭対象 おしっこ臭・アンモニア臭(アルカリ性) 犬動物臭・皮脂(弱酸性)
安全性 食用グレードのクエン酸を使うこと 食用グレードの重曹を使うこと
代替品

クエン酸は酸性・重曹はアルカリ性という大きな違いから、得意な消臭が異なります。おしっこ臭以外は、重曹!と覚えると簡単です。




 

では、実際にどうやって消臭スプレーを作るのか具体的に確認していきます。

 

【クエン酸】犬のおしっこ臭を消す!手作り消臭スプレーの簡単レシピ

おしっこ臭を消す、消臭スプレーの材料

 

  • 水 500ml

  • クエン酸 大さじ1

※クエン酸は、酢大さじ1でも代用可能

 

クエン酸は酸性なので、おしっこの成分であるアンモニアを中和することができます。同じく酢の成分酢酸も酸性で、おしっこを中和することが可能です。クエン酸でもお酢でも良いのですが、お酢は成分が揮発するのでツーンとした臭いが人によっては少々きつく感じるかもしれません。

▼注意点は、クエン酸をしっかり溶かすことだけ。

クエン酸の粉末が粗い場合は、お水ではなくぬるま湯で溶かすと良いです。クエン酸が溶けていないとスプレーボトルが詰まって壊れやすくなるので、その点は注意が必要です。

▼実際に使っているクエン酸

クエン酸は100円均一やスーパーなどで手軽に手に入りますが、食品グレードであれば犬が舐めてしまっても安心です。

食品添加物としても使われる無水クエン酸を使用

食品グレードクエン酸

食品グレードのクエン酸を使用しています→こちら

クエン酸は掃除や洗濯の柔軟剤代わりだけでなく、疲れた時に摂取することもできます。無味無臭、実は優れもののクエン酸です。現在使用中の食品グレードクエン酸はさらっとしており粒が小さめのため、水でも溶けやすく、クエン酸水を作りやすいです。

では、次は、重曹で作る消臭スプレーです。

【重曹】犬消臭!手作り消臭スプレーの簡単レシピ

犬の臭いを消す、消臭スプレーの材料

 

  • ぬるま湯:500ml

  • 重曹:大さじ1

注意点はクエン酸と同じ!しっかりと溶かすことだけ。

ぬるま湯などで重曹をしっかり溶かします。重曹を充分に溶かしておかないと、クエン酸スプレー同様スプレーボトルが詰まる原因となってしまいます。

▼実際に使っている重曹

食品グレードの重曹であれば、掃除だけでなく料理もこれ1袋で使用できます。クエン酸も重曹も、100円均一などで簡単に手に入りますが、安全面を考えて食品グレードを選ぶようにしています。

重曹食品グレード

重曹も食品グレードで安心。使っている重曹はこちら

重曹は、ベーキングパウダーの代用で使うこともあります(分量には注意しないといけませんが!重曹は多いと苦くなるので) 。パンケーキや揚げ物のときに少しプラスすると、ジューシーに仕上がりやすいことを知ってから、少し加えるようにしています。

このように重曹やクエン酸は犬の消臭だけでなく、人間のトイレ掃除や普段の掃除にも幅広く使うことができます。食品グレードであってもお値段が大きく異なりませんので、自宅に1袋あるととても便利です。

注意点

【注意点】クエン酸・重曹の手作り消臭スプレーは、どの程度保存できる?

手作り消臭スプレーは、とても簡単な材料で作れるので原材料がわかっている点で安全です。その反面、保存料などが入っていないので、手作り消臭スプレーそのものが腐りやすいという点もあります。

消臭スプレー作る分量としては、2週間以内で使い切る程度がオススメです。手作り消臭スプレーが腐る。というのは、意外に感じるかもしれませんが、例えば手作り化粧水などを考えてみると『冷蔵庫に保存して1週間程度で使い切る』ことが推奨されます。

お肌につけない分手作りスプレーの腐敗が進んでいるかどうか、敏感になりにくいのですが、手作りスプレーの類は消臭スプレーであっても化粧水であってもあまり保存のきかないものだと思っていた方が良いでしょう。




 

手作り消臭スプレーに欠かせない、スプレーボトル

手作り消臭スプレーに欠かせないのが、スプレーボトル。すぐに使える場所に置いておくことの多いスプレーボトルですから、少しこだわって探してみました。ただ、スプレーボトルに重曹水やクエン酸水を入れると、詰まりやすく寿命が短くなるのは致し方ないようです。

消臭剤用のおしゃれなスプレーボトルを探して

犬の手作り消臭スプレー

消臭スプレーは頻繁に使うので、おしゃれなスプレーボトルがいいな。と思って探したのですが、おしゃれなスプレーボトルは数少ないのですね。また、多くのスプレーボトルは、水・アルコールなど以外には対応していないのが現状です。そのため、クエン酸・重曹を入れるとスプレーボトルの寿命は短くなるような気がします。

実際に下記にあげているスプレーボトルのほとんども、水以外に対応していない旨が注意書きされていることが多いです。手作りスプレーをこれらのスプレーボトルで作っている方々もいますし、自分も実際していますが、前述のように製品の寿命が短くなっても致し方ないかなと思い使っています。


( 1 )落としても壊れにくい樹脂製スプレーボトル

ガラス製にみえますが、樹脂製です。持ち手部分がもっとしっかりしていたら良いのに〜。というレビューをちらほらと見かけ、実際に使ってみると確かにそうかも・・・、と思いつつもスプレーボトルにおしゃれなものが少ないので、お色が選べるのが嬉しいです。

スプレーボトル おしゃれ

グリーンの他のお色はこちら


( 2 )ステンレスのスプレーボトル

ステンレスが目をひくスプレーボトル。パンに使用したり、観葉植物の霧吹きに使う方が多い様です。

おしゃれ スプレー ボトル

ステンレスが素敵なスプレーボトルはこちら

使い方には少しコツが必要で、思いっきり・しっかりレバーを引くことが大事です。そうしないと、霧状にならず雫が垂れてしまいます。価格が¥3,480とスプレーボトルとしては高めだけあって、製品の作りは良いです。


( 3 )アンティーク感のあるガラス製スプレーボトル

アメリカ製のスプレーボトルで、アンティーク感のあるスプレーボトル。ガラス製。1898年から医療関連商品を製造している米国メーカーの薬瓶を使用しているので、丈夫。


アンティーク感が素敵なガラス製スプレーボトルはこちら

 

ガラス瓶そのものも丈夫なのですが、表面がコーティングされておりガラスが万が一割れても飛び散らないようになっています。

現在はスプレーボトルが足りているので、買い足そうかどうしようか・・・と思うのですが、次に欲しいのは間違いなくこのスプレーボトルです。


( 番外 )実用性重視のスプレーボトル

おしゃれとは程遠いのですが、使い勝手から選ぶとこのようなスプレーボトルが上位に。

フルプラ ダイヤスプレースウィング500

実用的にAmazonで人気No.1を獲得したスプレーボトル:フルプラ ダイヤスプレースウィング

 

(参考)クエン酸や重曹以外の消臭スプレーについて

自宅で作れる手作りの消臭スプレーは、簡単ですし、たっぷり使うこともできまうす。こまめに作りさえすれば、安全性も高いです。

ただ時には、より強力な消臭剤が欲しいと思うことも。

手作りの消臭スプレーで、消える臭いもありますし、正直手作りの消臭スプレーでは臭いが取りきれない場合もあります。

例えば、特にお留守番中に犬がしたおしっこやうんち、お腹を壊している時の臭いにはもっと消臭効果が欲しいなぁと思う時も。そんな時には、市販品と併用していています。

おしっこ臭の消臭に天然オレンジオイル

 

このオレンジエックスは、スプレーボトルで薄めて使います。そのため、思いのほか持ちが良いです。ブリーダーさんや犬オーナー歴が長い方の間でも、愛用者が多いことで知られるオレンジエックス。

アンモニア臭への消臭効果も認められおりファンも多いオレンジエックス。オレンジエックスの主成分はオレンジオイルだそう。

便利さと消臭効果そして安全性は、手作り消臭スプレー・市販の消臭スプレーそれぞれに異なります。普段は手作り消臭スプレーで充分。時には市販の消臭スプレーに頼りながら、上手にいいとこ取りしていけたらなと思います。

ゴールデン・レトリーバー


手作り消臭スプレーに使用している基本材料

この記事を読んだ人に読まれています