【まとめ】ニュートロナチュラルチョイス・ドッグフード、チキンとラムの違い



ドッグフードのニュートロナチュラルチョイス。

チキン&玄米、ラム&玄米違いと共通点についての記事です。

 

お迎えした子犬に食べさせるドッグフードは、ブリーダーさんやペットショップで食べていたドッグフードの種類を引き継ぐのが一般的です。

ゴールデン・レトリーバー セナも、ブリーダーさんで子犬のころから食べていた『ニュートロ・ナチュラルチョイス』のドッグフードを食べています。

ニュートロナチュラルチョイスのラム&玄米

ニュートロナチュラルチョイス ラム玄米

生後10ヶ月 ゴールデン・レトリーバー セナ

 


ゴールデン・レトリーバー セナ
生後2ヶ月〜現在(生後10ヶ月)までの実際にあげたドッグフード変遷
ニュートロナチュラルチョイス
月齢 ドッグフードの種類 ドッグフードの対象
生後2ヶ月〜 ナチュラルニュートロチョイス・チキン&玄米 大型犬子犬用
生後3ヶ月〜 ナチュラルニュートロチョイス・チキン&玄米とラム&玄米の併用 チキン:大型犬子犬用
ラム:全犬種子犬用
生後6ヶ月〜 ナチュラルニュートロチョイス・ラム&玄米 全犬種子犬用

ニュートロは米国のドッグフードブランドであり、ニュートロジャパンが輸入しています。

子犬の頃はよく下痢をしたりとウンチの状態が安定しなかったので、ドッグフードについて詳しく調べるようになりました。ニュートロナチュラルチョイスのチキン&玄米からラム&玄米に変えたことで、子犬の下痢やウンチの緩さが改善し、改めてドッグフード選びの大切さを実感しました。

今回の記事では、子犬期に迷ったニュートロ・ナチュラルチョイスの2種類のドッグフード『チキン&玄米』『ラム&玄米』の違いと共通点についてまとめたいと思います。

※比較に使用しているのは子犬用ドッグフード。『チキン&玄米』は大型犬子犬用、『ラム&玄米』は全犬種子犬用

 

『チキン&玄米』『ラム&玄米』の違い —- その1. 原材料

最も大きな違いは主原料が『チキン』か『ラム』かの違いです。犬にとってチキンのドッグフードがいいのか、ラムのドッグフードがいいのか、それぞれの特徴をみてみましょう。

ニュートロナチュラルチョイス子犬用ドッグフード『チキン&玄米』は全犬種用と大型犬用があります。一方、『ラム&玄米』は大型犬用はなく全犬種用のみです。

ドッグフード チキン ラム 比較

チキン主体ドッグフードの特徴 ラム主体ドッグフードの特徴
  • チキンの香りが食いつきをよくさせ、嗜好性が高い
  • 時に食物アレルギーを示す場合もある
  • 消化器官に比較的負担が少ないタンパク源
  • 食物アレルギーのアレルゲンになりにくい

一般的にチキンドッグフードの方が、犬の食いつきが良いといわれます。ドッグフードをあまり食べない犬の場合は、チキンの方がラムよりも好んで食べてくれることが多いそうです。

一方、ラムはチキンよりも食物アレルギーになりにくいタンパク源だといわれます。胃腸が弱い犬には、ラムの方が消化の負担が少ないためラムを選んであげると良いそうです。

 

『チキン&玄米』『ラム&玄米』の違い —- その2. 栄養価

各栄養素について詳しく比較したのが下記の表です。

チキン・ラムドッグフード栄養価の違い
種類 チキン&玄米 ラム&玄米
タンパク質 26.0% 以上 27.0% 以上
脂質 15.0% 以上 16.0% 以上
粗繊維 3.0% 以下 3.0% 以下
灰分 10.0% 以下 10.0% 以下
水分 10.0% 以下 10.0% 以下
リノール酸 3.5% 以上 3.5% 以上
亜鉛 250mg/kg 以上 250mg/kg 以上
カルシウム 1.0% 以上 1.0% 以上
リン 0.9% 以上 0.9% 以上
ナイアシン 250mg/kg 以上 250mg/kg 以上
ビオチン 2.5mg/kg 以上 2.5mg/kg 以上
DHA・EPA 0.1% 以上 0.1% 以上
グルコサミン 150mg/kg 以上
コンドロイチン 350mg/kg 以上
代謝エネルギー 約370kcal/100g 約385kcal/100g

栄養素だけを比較すると、ほとんど違いがありませんが詳しくみてみると、ラム&玄米の方がチキン&玄米より、タンパク質、脂質、カロリーが少々上回っています。

また、チキン&玄米の大型犬用は、大型犬の関節に配慮してグルコサミンとコンドロイチンが含有されているのが特徴です。チキン&玄米の小型犬〜中型犬用には、特にグルコサミンとコンドロイチンは栄養成分として表示されていませんので、関節に配慮した大型犬用フードの特徴です。

一方ラム&玄米は、グルコサミンとコンドロイチンの含有量明示がありませんので、あまり含まれていないと考えて良いでしょう。セナにあげるドッグフードは、チキン&玄米からラム&玄米に変えましたが、大型犬の場合できれば関節ケア成分があるドッグフードが良いですよね。

『チキン&玄米』『ラム&玄米』の違い —- その3. 粒の大きさ

『チキン&玄米』は大型犬用、『ラム&玄米』は全犬種用ですのでドッグフードの粒の大きさが違います。大型犬用は粒が大きく、全犬種用は小型犬に合わせて小さい粒です。

ニュートロ チキン&玄米【子犬 】【大型犬用】のドッグフードの大きさ

ニュートロナチュラルチョイスチキン玄米子犬大型犬用

ゴールデン・レトリーバーセナ 生後3ヶ月

 

写真は生後3ヶ月の時なので、ドッグフードをふやかしている為ドライフードより水分を含み大きめの粒になっています。

次は、全犬種用のドッグフードの大きさです。

ニュートロ ラム&玄米【子犬 】【全犬種用】のドッグフードの大きさ

ニュートロナチュラルチョイスラム玄米子犬全犬種用

チキン&玄米に比べると、ラム&玄米の粒は1/2~1/3の大きさです。最初にラム&玄米が届いた時に、小さい・・・!と思ったのを覚えています。小型犬が食べれる大きさですから、小さいですよね。

大型犬は成長するにつれて、小粒ドッグフードが食べにくいと感じることもあるそうです。一方で、粒が小さい方が、多少は消化の負担が減るのかなと思います。

【追記】生後6ヶ月の頃は問題なかった粒の大きさですが、1歳近くになったときには小さい粒が食べにくそうでした。

最後に、ニュートロナチュラルチョイス・チキンとラムの共通点をみてみましょう。

 

『チキン&玄米』『ラム&玄米』の共通点 —- 主原料以外の材料

ニュートロナチュラルチョイス

主原料であるチキン・ラム以外を比較してみたいと思います。

ドッグフードの種類 チキン&玄米 ラム&玄米
対象犬種 大型犬 全犬種
原材料一覧 チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、オートミール、米糠、エンドウタンパク、鶏脂*、タンパク加水分解物、ビートパルプ、フィッシュオイル*、ひまわり油*、大豆油*、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物 ラム生肉、乾燥ラム肉、玄米、粗挽き米、エンドウタンパク、オートミール、鶏脂*、米糠、ビートパルプ、タンパク加水分解物、ひまわり油*、大豆油*、フィッシュオイル*、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
特徴 小型犬・中型犬用もラインナップにはあるが、大型犬用はグルコサミン・コンドロイチン含有が多いチキンを使用している 主原料をラムとすることで食物アレルギーになりにくい
天然由来ミックストコフェロール(ビタミンEの一種)で保存

『チキン&玄米』『ラム&玄米』は主原料チキン・ラム以外は、使用されている原材料は基本的には同じです(使用量に多少の差はあります)。

原材料に使われている穀物は、アレルゲンになりやすく犬が消化しにくい”トウモロコシ・小麦・大麦”の穀物などは使用せず、玄米が使用されています。

また、ドッグフードの最近の流れとして、グレインフリー(穀物不使用)が広まりつつありますが、ニュートロでは炭水化物は腸内環境を整える大切な栄養源として現段階では原材料として使用しているそうです。

ニュートロナチュラルにもグレインフリー(穀物不使用)ドッグフードがあります。

【2016年4月迄】ニュートロナチュラルチョイスのグレインフリー・ドッグフード3種

ニュートロ グレインフリー ドッグフード

2016年4月よりニュートロ・穀物フリーのシリーズが変わりました

【2016年4月以降】穀物フリー『ワイルドレシピ』
ニュートロ ワイルドレシピ

ニュートロ・ナチュラルチョイスのグレインフリー(穀物不使用)ドッグフードは、超小型犬〜小型犬用のみです。※鹿肉は取り扱い店舗が少ないです

ニュートロの小型犬用・大型犬用とは?

ドッグフード選びに困っていた時、大型犬用ドッグフードの種類が少なく、小型犬用や全犬種用でも問題ないのか、ニュートロナチュラルチョイスに直接問い合わせたことがあります。

ドッグフードブランドによってもちろん異なることですが、ニュートロでは、基本的には小型犬用と書いてあるものは『粒が小さいこと』を意味するそうです。大型犬用が小型犬用と異なる点は、粒が大きめであることと、関節ケアのグルコサミン・コンドロイチンを多めに含んでいる点だそうです。

アレルギーなどで大型犬用フードが無理な場合は、粒の大きささえ問題なく食べてくれるなら、小型犬用と表示されていても大型犬にあげても大丈夫ですよ。と教えていただきました。

必要なら、関節ケアのサプリメントをプラスする、という感じでしょうか。

 

【まとめ】ニュートロナチュラルチョイス・ドッグフード、チキン&玄米とラム&玄米の違い

ニュートロナチュラルチョイス・ドッグフードのラムとチキンの違いをみてきましたが、粒の大きさは明らかに異なるものの、原材料や栄養価は非常に似ていました。チキン&玄米は、大型犬用として関節ケアのグルコサミン・コンドロイチン含有が多い点がポイントではないでしょうか。

そして、表示されている栄養価の数値だけで捉えられないのが、『食物アレルギーへの配慮』や『消化器官への負担』です。

この点で優れているのがラム肉主体のドッグフードです。一方で、高たんぱく質低脂肪の代表格であるチキンには、一般的にビタミンAが多く含まれており粘膜・皮膚の健康維持に良いといわれます。

セナ、ドッグフードを前に待ての最中!写真はラム&玄米

ニュートロナチュラルチョイス ラム玄米子犬用

生後10ヶ月 ゴールデン・レトリーバー セナ

 

チキン肉、ラム肉にもそれぞれ良さがあります。犬にドッグフードが合っているかどうか最も大事な点ですが、主な判断基準は『ウンチ・おしっこ・皮膚・被毛・目ヤニ・耳垢の状態』です。

最後に、犬がドッグフードを楽しみにして美味しく食べてくれること、これも忘れてはいけません。食いしん坊な子にとっては、食事は最大の楽しみですからね!

 

【追記】2016年4月、ニュートロナチュラルチョイスからドッグフードのオリジンに変えました。

食物アレルギー検査で、麦・米類にアレルギー反応が出ましたので、穀物不使用のドッグフードへ変えました。アレルギー検査結果の記事

ニュートロも良かったのですが、グレインフリードッグフードの中で安心してあげられるドッグフードを探した結果、たどり着いたのがオリジンでした。

オリジンドッグフード

2017年4月には完全手作り食へ切り替えました。そのため、ドッグフードは全く食べることはなくなりましたが、直前まで食べていたオリジンドッグフードはこれまでセナにあげたドッグフードの中では原材料に信頼を持てるものでした。

ドッグフードの中では、確かにお値段は張りますが、1日◯◯円と考えてみればそれでも安いくらいです。安いドッグフードに良い原材料を使えるわけがない・・・犬の健康には変えられない、と思います。


この記事を読んだ人に読まれています