陰嚢・陰茎・肛門に炎症を起こしました[犬の皮膚炎]



2015年11月、ゴールデン・レトリーバーセナが生後11か月の頃でした。肉球の間に炎症を起こし、指間炎になりました。

同じ11月に、陰嚢(いんのう)の辺りも炎症を起こしていました。肉球の間の指間炎と一緒に、動物病院で診てもらい、肉球の処方と同じ抗生物質と抗炎症剤を飲むことで一旦治まりました。

陰嚢の付け根が赤く炎症を起こしています

犬 陰嚢 炎症

おタマの部分を睾丸(こうがん)と呼んでいたのですが、睾丸は内部のことで、睾丸の外側(皮膚)部分は陰嚢(いんのう)と呼ぶそうです。動物病院でなんと伝えよう?と少々困っていたのですが、実際に獣医師の方は陰嚢(いんのう)という言葉を使っていました。

繰り返す犬の皮膚炎『指間炎』。肉球の間が赤い・・・

 

2016年1月、陰嚢の皮膚炎再発

皮膚炎って本当に繰り返すのですね・・・。2015年11月には、指間炎とともに処方された抗生物質とステロイド剤で一旦、陰嚢の赤みも治まったものの2016年1月には、陰嚢の辺りがまた赤くなってしまいました。

陰嚢 犬 皮膚炎

2015年11月に炎症を起こした時よりも、更に酷くかぶれています。

▼陰嚢の他に、陰茎も炎症を起こす

2016年1月の時点で、陰嚢(いんのう)に赤くかぶれのような皮膚炎の再発がみられました。その時に、おちんちんまで腫れていて赤くなっていました。

犬 おちんちん 炎症

陰茎(いんけい)とは、おちんちんのことです。動物病院の方は、(お)ちんちんとそのままおしゃってました。

▼さらに、肛門の炎症までも・・・

肛門は、お尻を引きずる仕草を見せました。陰嚢、陰茎、肛門、これら全て一気に炎症を起こしてしまったんです。指間炎も、まだ治ってはいません。

動物病院に行き、包皮炎に処方された薬

動物病院で陰嚢・おちんちん・肛門、全部診て頂くことにしました。バリカンで毛を剃って、抗生物質とステロイド剤の軟膏をもらって、経過観察です。

▼抗生物質はラリキシンを処方

セフェム系抗生物質ラリキシン錠(セファレキシン)250mg、朝夕1錠ずつ、10日分の処方です。

犬の皮膚炎で最初に処方されることの多い薬が、ラリキシン

抗生物質ラリキシン 犬

何度か通った中で、別の動物病院でもラリキシンが処方されました。セファレキシンというのは、犬の皮膚炎を治療する最初の段階でよく処方される抗生物質だそうです。

  • 抗生物質ラリキシン錠の添付文書はこちら
  • セファレキシン成分の抗生物質はこちら

▼軟膏は、抗生物質とステロイド剤の2種類

皮膚炎への軟膏は2種類処方されました。ゲンタシン軟膏0.1%とマイザークリーム0.05%です。

犬 皮膚炎 軟膏

ゲンタシン軟膏0.1%は、抗生物質軟膏。マイザークリーム0.05%は、ステロイド剤軟膏です。皮膚炎を起こしている部分に、両方とも塗るのですが、肛門にだけはステロイド剤は塗らないように、と指示がありました。

皮膚炎処方の軟膏2種
部位 ゲンタシン軟膏0.1% マイザークリーム0.05%
肛門 ×
おちんちん
陰嚢

おちんちん・陰嚢には、抗生物質軟膏とステロイド剤軟膏を一緒に塗って良いそうです。マイザークリーム0.05%のステロイド剤の強さは、5段階のうち上から2番目の強さに分類されます。

 


▼ゲンタシン軟膏・マイザークリームの詳しい情報

  • 抗生物質軟膏 ゲンタシン軟膏0.1% →MSD添付文書
  • マイザークリーム0.05%→田辺三菱製薬添付文書
ゲンタシン軟膏0.1%の効果効能・注意点など
製品名 ゲンタシン軟膏0.1%
製薬会社 MSD株式会社
薬成分 1g中 日局ゲンタマイシン硫酸塩1mg(力価)
薬効分類 副腎皮質ホルモン・抗生物質配合外用剤
禁忌 本剤並びに他のアミノグリコシド系抗生物質及びバシトラシ ンに対し過敏症の既往歴のある患者
効能・効果<適応症> 表在性皮膚感染症・慢性膿皮症・びらん/潰瘍の二次感染
効能・効果<適応菌種> ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属・レンサ球菌属・大腸菌・クレブシエラ属・エンテロバクター属・ プロテウス属・モルガネラ・モルガニー・プロビデンシア属・緑膿菌
用法用量 1 日 1 ~数回患部に塗布するかあるいはガーゼなどにのばし患部に塗布する
lt;使用上の注意gt;用法用量 本剤の使用にあたっては耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。
重要な基本注意(1) 感作されるおそれがあるので、観察を十分に行い感作され たことを示す兆候(そう痒/発赤/腫脹/丘疹/小水疱等)があらわれた場合には使用を中止すること。
(2) 長期間連用しないこと
薬効薬理 本剤は細菌の正常な蛋白合成を阻止する殺菌性抗生剤であり、in vitroで広域な抗菌スペクトルを有する。一方、大部分の嫌気性菌(Clostridium Bacteroides属)には抗菌力を示さない。
使用期限 3年
参考 MSD株式会社 ゲンタシン軟膏0.1% 添付文書
マイザークリーム0.05%の効果効能・注意点など
製品名 マイザークリーム0.05%(先発品)
後発品 サイベースローション0.05% サイベース軟膏0.05% ジフルプレドナート軟膏0.05%「KN」 スチブロンクリーム0.05% スチブロンローション0.05%
製薬会社 田辺三菱製薬
薬成分 1g中 ジフルプレドナート0.5mg(力価)
薬効分類 副腎皮質ホルモン・抗生物質配合外用剤
禁忌 (1)細菌・真菌・ウイルス皮膚感染症〔感染症を悪化 させるおそれがある.〕
(2)本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者
(3)鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎〔穿孔部位の治癒の遅延及び感染のおそれがある.〕
(4)潰瘍(ベーチェット病は除く)・第2度深在性以上 の熱傷・凍傷〔皮膚の再生が抑制され治癒が遅延するおそれがある.〕
重要な基本的注意 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするがやむを得ず使用する必要がある場合にはあらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)抗真菌剤による 治療を行うか又はこれらとの併用を考慮すること
効能・効果<適応症> 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症・ビダール苔癬・脂 漏性皮膚炎・放射線皮膚炎・日光皮膚炎を含む)・痒疹 群・虫さされ・乾癬・掌蹠膿疱症・扁平紅色 苔癬・ジベルばら色粃糠疹・薬疹・中毒疹・慢性円板状 エリテマトーデス・紅斑症・特発性色素性紫斑・紅皮症・肉芽腫症・円形脱毛症・肥厚性瘢痕・ケロイド
用法用量 通常1日1~数回適量を塗布する。なお、症状により適宜増減する。
薬効薬理 血管収縮特性・抗炎症作用・抗アレルギー作用
参考 田辺三菱製薬 マイザークリーム0.05% 添付文書
皮膚炎、早く治してあげたいです

ゴールデン・レトリーバー セナが生後5ヶ月の頃に、他の犬に噛まれてラリキシンを飲んだことがあります。ラリキシンを飲んで3日後位に、下痢をしたんです・・・。だから、今回も合わないのではないかと、心配です。(その時の記事はこちら)

生後11ヶ月 ゴールデン・レトリーバー セナ
生後11ヶ月 ゴールデン・レトリーバー セナ

▼軟膏薬の組み合わせも、心配です
マイザークリームの禁忌に『細菌・真菌・ウイルス皮膚感染症』とあります。一方、ゲンタシン軟膏は細菌皮膚感染症に効く軟膏です。獣医師に聞いたところ、一緒に塗って大丈夫ということでした。薬の組みわせについては専門家ではないので、判断ができません。獣医師を信じるしかありませんが、心配であることに変わりはありません。

▼軟膏薬のタイミング

軟膏は舐めてしまうだろうから、散歩の前に塗ること。30分も気を紛らわしていれば、その間に浸透するから大丈夫ということでした。1日に1~2回で良いそうです。

▼エリザベスカラー

軟膏は補佐的な薬、という考えの様でした。エリザベスカラーは、現段階では必要ないでしょう、という判断です。

▼皮膚炎の原因は、現時点では不明です

何が皮膚のかぶれを引き起こしてしまったのか、現時点では分かりませんでした。皮膚炎の原因は、分からないことが多いので、治療が長引きやすいのですよね。

症状からみる限り、犬の皮膚炎に多い真菌症・膿皮炎の疑いがあるわけでもなく、何かしらの『かぶれ』でしょう。とのお話です。

▼尿検査をすることになりました

尿路結石によりおしっこがクリーンでなくなり、雑菌が含まれていると、それがお股や毛に付着して、皮膚炎を起こすこともあるそうです。尿路結石になる犬は、多いとか。そのため、尿検査をして尿路結石の疑いがないか調べることにしました。1週間後にまた動物病院にいく予定です。

  • 1週間後、尿検査の結果。包皮炎は、1週間で更に悪化。詳しい記事はこちら↓

陰茎・陰嚢の皮膚炎悪化。包皮炎に。[犬の皮膚炎]


参考リンク

この記事を読んだ人に読まれています