千葉県・小谷流の里ドギーズアイランドに宿泊。[犬連れ旅行]



千葉県に新しくできた犬と宿泊できる施設”小谷流の里ドギーズアイランド”に、2016年3月ゴールデン・レトリーバー セナとお泊り旅行をしてきました。2017年にグランドオープンを迎える予定の小谷流の里ドギーズアイランド。

Doggy's Island

小谷流の里ドギーズアイランド

 

小谷流の里ドギーズアイランド・基本情報

住所:〒289-1135 千葉県八街市小谷流624
電話:043-312-1110
宿泊予約情報:公式HP 小谷流の里ドギーズアイランド
楽天トラベル限定プラン 小谷流の里ドギーズアイランド

 

小谷流の里ドギーズアイランド公式HPより

小谷流の里ドギーズアイランド2

小谷流の里ドギーズアイランド

 

▼小谷流の里 ドギーズアイランドへ到着!

東京から車で1時間〜1時間半かけて、千葉県にある小谷流の里 ドギーズアイランドへ。宿泊チェックインは14時ですが、小谷流の里 ドギーズアイランドへ到着したら、インフォメーションセンターにて受付を済ませます。

小谷流の里ドギーズアイランド

小谷流の里ドギーズアイランドは、ドッグランなどの施設が日帰りで利用できます。宿泊をする場合は、部屋毎に駐車スペースの指定がありますので、まずは受付前の車寄せスペースを利用しておくとスムーズです。

小谷流の里ドギーズアイランド

小谷流の里ドギーズアイランド

小谷流の里ドギーズアイランドのロビーに入った瞬間・・・洗練されたシティホテルを思わせるモダンな雰囲気。清潔感もとてもあります。

--- DogRun

ゴールデン・レトリーバー セナは早く遊びたくてソワソワ。ドッグランは、小型犬用、中型犬/大型犬用と分かれており、3区画あります。

小谷流の里 ドギーズアイランド ドッグラン

ドッグランでは、1歳になったばかりのゴールデン・レトリーバー ララちゃんと出会い、追いかけっこをして遊びました。ふわふわモフモフの可愛い女の子。

小谷流の里ドギーズアイランド ドッグラン3

何かご相談ごとですか?

小谷流の里ドギーズアイランド ドッグラン

沢山走って、遊んで満足したね!

---room

14時になったので、お部屋の鍵を頂いてチェックイン。今回宿泊したお部屋は、ヴィラタイプのお部屋”フォレストステージ”です。

▼小谷流の里 ドギーズアイランド全体マップ

小谷流の里ドギーズアイランド フォレストステージ

ドギーズアイランドの宿泊施設は、現在3タイプあります。ラグナテラスの中のドッグスイートは、なんとお部屋に犬用プール付きです。暖かい季節に、ぜひ泊まりたいお部屋です。

【追記】2016年夏、新たな宿泊棟ヴィラファースト完成。最新の宿泊施設情は下記。


▼宿泊したのは、フォレストステージ

小谷流の里ドギーズアイランド フォレストステージ

こんな雰囲気の街並み、ロンドンの郊外とかにありそう。

小谷流の里ドギーズアイランド

フォレストステージのお部屋、1階はリビングスペースです。

小谷流の里ドギーズアイランド フォレストステージ

階段を上がって2階は、ベッドルーム。和室もあります。残念ながら犬はベッドルーム入室NGのルール。これって犬は1階で寝かせるしかないわけで・・・、せっかくの旅行なのに残念。

【追記】その後、規約が変わって、現在はジャクジー・バスルームのみ犬入室不可。2階のベッドルームは犬も入って良くなったようです。

小谷流の里ドギーズアイランド

ゴールデン・レトリーバー セナのお気に入りスペースは、テラス!フォレストステージは、メゾネットタイプなのでホテルのお部屋というよりもコテージのようです。

フォレストステージは、1階リビングスペース・2階ベッドルームと分かれていることもあって、まるでお家に帰ってきたようにホッとできます。(セナと一緒に休めたら言うことなしでした)
旅行先でも、生活空間と休むスペースが別というのは、旅疲れも取れやすいですね。

食事

沢山遊んだ後は、御食事です。

▼犬も一緒に、レストランで夕食

小谷流の里 ドギーズアイランド レストラン

メインのお肉です。前菜はビュッフェ形式。お野菜とっても美味しかったです。

小谷流の里 ドギーズアイランド レストラン

ゴールデン・レトリーバー セナも一緒にレストランへ。残念ながらエリザベスカラーでお顔が見えません。

小谷流の里 ドギーズアイランド 夕食

夢中になって遊んでいる時は気にならない様なのですが、こうして待っている間は、炎症を起こしている皮膚炎部分が気になって舐めて噛んでしまいます。

その様子を見て仕方なく、レストランでエリザベスカラーをつけました。エリザベスカラーをつけながら待たせるのもかわいそうなので、朝食時はお部屋でお留守番してもらいました。


▼犬用朝食まで用意がありました

小谷流の里 ドギーズアイランド レストラン

朝食は夕食と同じレストランで頂きます。ドッグフードとヤギミルクが犬用朝食としておいてありました。ですが、ゴールデン・レトリーバー セナはお部屋でお留守番。

小谷流の里 ドギーズアイランド レストラン

こちらが、オランダ産100%オーガニックヤギミルク。人も飲めるそうなのでセナの代わりに、味見。牛乳の様なクセがなくて甘みがあります。ヤギミルクは乳糖の分解が苦手な犬でも飲みやすく、お腹を下すことなく飲めるようです。また、母乳に似た成分で免疫アップに良いとか。皮膚炎を患っているセナに、興味あります。

高品質のオランダ産ヤギミルク

オランダ産ヤギミルク犬

ゴートミルク・ヤギミルク、両方の呼び名で親しまれているようですが、中国産のものも多いとか。安心して飲ませるなら、オランダ産かアメリカ産が良さそうです。

ヤギミルクって何が良いの?
オランダ産ヤギミルク犬
from 小谷流の里HP
  • ドギーズアイランドの犬用朝食ビュッフェで提供されているオランダ産オーガニックヤギミルクと同じものはこちら

知れば知るほど、とっても犬の身体に良さそうなヤギミルクなのですが、旅行先でいきなり新しい食材を犬に食べさせるのは、お腹を壊す可能性もあり抵抗があるものです。

小谷流の里だけでなく、最近は犬の食事メニューにヤギミルクをラインナップしているお宿も増えているので、自宅で愛犬にヤギミルクを慣らせておくと良いかもしれません。

特にドギーズアイランド小谷流の里では、朝食ビュッフェに犬向けにヤギミルクが頂けるのですから、ヤギミルクを愛犬に飲ませても大丈夫とわかっていれば、より安心して充実した時間が過ごせますね。

セナもヤギミルクを飲み始めましたので、次回小谷流の里訪問時には安心してヤギミルクをあげることができそうです。

犬に栄養満点ヤギミルク(ゴートミルク)を。牛乳と違って、たった30分で消化できる!

 

 

shop

小谷流の里ドギーズアイランドでは、種類豊富のドッググッズを扱うショップがあるので犬と一緒にお買い物も楽しめます。

▼インフォメーションセンター内のショップ

小谷流の里ドギーズアイランド ショップ

受付があるインフォメーションセンター内のショップです。犬も一緒にショッピングを楽しめます。


▼小谷流ベーカリーショップ&カフェ

小谷流の里ドギーズアイランド ベーカリー

夕食前にお腹が減ったのでベーカリーとケーキを買って、お部屋で頂きました。ベーカリーショップでもイートイン可能で、テラス席は犬と一緒にカフェができます。


▼アウトドアショップ

小谷流の里 ドギーズアイランド アウトドアショップ

様々なアウトドアグッズが置いてあるショップです。手前のハンモック素敵ですね。イギリスのCACOON(カクーン)のものです。

アウトドアショップ内では、犬は抱っこをするかキャリーに入れる必要があります。ゴールデン・レトリーバー セナが乗っているのは、ショップ内でお借りできるドッグカートです。その時の様子がこちらの動画(15秒)です。

カートに乗っているのが、思いの外楽しかったようです。アウトドアショップは人向けの品揃えですので、セナをカートに乗せながら自分たちのお買い物をしました。

[追記]アウトドアショップ「LADYBIRD KOYARU SHOP」は2016年6月にリニューアルのために閉店、2016年7月小谷流ジェラートショップ&ファーマズショップが開店。


▼散歩道で早朝散歩

小谷流の里ドギーズアイランドフォレストウォークという散策路が整備されているので、夜が完全に明けないうちから早朝散歩にお出かけです。

小谷流の里ドギーズアイランド フォレストウォーク

全長1.2km約20分の散策路。散策路はこれから更に整備・拡張され全長2.9kmになる予定の様です。

小谷流の里ドギーズアイランド フォレストウォーク

足元を照らすランタンを持って。

小谷流の里ドギーズアイランド フォレストウォーク

ドッグランは、宿泊者は朝6時から利用できます。日帰り利用は、朝9時〜夕方17時迄。散策をしているうちに、夜が明けてきました。

小谷流の里 ドッグラン

早朝から、思う存分ドッグラン!

▼ぼく、いつでも行けるよ

お部屋に戻っても、外で早く遊びたくてこうして玄関で待っていました。

ゴールデン・レトリーバー セナは小谷流の里ドギーズアイランドをとっても楽しんでくれたようです。

皮膚炎の治療の中、自宅ではエリザベスカラーの毎日。夢中になって遊んでいる間だけは、エリザベスカラーを取ることができるので、セナにとって良い息抜きになればな、と思います。

今後のドギーズアイランド小谷流の里は?

2016年夏現在、大型犬プール建設中なのだとか。2017年小谷流の里ドギーズアイランド/グランドオープンに向けて更に施設が充実していく様です。

現在、小谷流の里で楽しめる、レトリーバー達の大好きなプールは、足元の深さのじゃぶじゃぶタイプです。山中湖のドッグリゾートワフのように、水遊びの後に使用できるセルフトリミングスペース完備だとなお嬉しいのですが!

小谷流の里ドギーズアイランド

小谷流の里でのセルフトリミングスペースの設置は、現段階では未定とのこと。そのため、水遊びをした後犬が使用できるドライヤーなどが現在ありません。バスタオル類は余分に持って行ったほうが良いと思います。貸し出しタオルはフロント入り口横にあるのですが、フェイスタオルサイズのため、ゴールデンなどの大型犬には足りなかったです。

グランドオープン前のため、正規料金よりも少しお得な料金設定で泊まれる今が試しどき、かもしれませんね。


小谷流の里 ドギーズアイランド 施設情報・宿泊予約状況・プラン確認

 

  • 【日帰り利用も!】日帰りで小谷流の里ドギーズアイランドを利用した時の記事はこちら
  • 【小谷流の里ドッグプール】小谷流の里ドギーズアイランドに、中・大型犬専用ドッグプールがオープン!ドッグプールのまとめ記事はこちら
  • まさにドッグリゾート、山名湖Woof(ワフ)に宿泊した時の記事はこちら

ドッグリゾートWoof(ワフ)山中湖・宿泊編

 


この記事を読んだ人に読まれています