【犬の新薬アポキル錠 – 1 】アトピー性皮膚炎のかゆみ止め、アポキル錠の効果とは。[犬の皮膚炎]



犬のアトピー性皮膚炎のかゆみ止め新薬、アポキル錠を試すことになりました。

2016年9月上旬、ゴールデン・レトリーバー セナの指間炎をはじめとする皮膚炎のかゆみ止めとして、動物病院で処方されたのが新薬アポキル錠でした。新薬アポキル錠は、2016年7月に日本で販売開始されたばかりの、犬用アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎の緩和薬です。

犬のアトピー性皮膚炎に、かゆみ止めのアポキル錠

アポキル錠犬のアトピー性皮膚炎

環境アレルギーともいわれ、根本の原因を特定できないために、その原因を取り除くことの難しいことの多い、犬のアトピー性皮膚炎。

アトピー性皮膚炎のかゆみ緩和治療に画期的な薬がもうすぐ使用開始できる。と、獣医師より2016年春から度々聞いていました。

  • ゴールデン・レトリーバー セナ 犬の皮膚炎治療に関する記事一覧はこちら
AD
▼アポキル錠(アポクエル錠)は、海外でも新薬

アポキル錠は、ゾエティス社という医薬品メーカーが製造販売している『アトピー性皮膚炎に伴う症状及びアレルギー性皮膚炎に伴う掻痒の緩和』を目的とした犬用内服薬です。ゾエティスはアメリカの会社ですが、アメリカでアポクエル(Apoquel)錠が動物病院で処方されるようになったのは2015年春のことです。アポキル錠は、ここ数年で急速に広がった新薬といえるでしょう。

アポキル製造販売元のZoetis(ゾエティス)社

ゾエティスアポキル錠

海外ではAPOQUEL(アポクエル)と表記 Zoetis(English)

アポキル錠(アポクエル錠)に関する詳しい情報
  • アポキル錠の用法用量副作用などの記載あり。アポキル錠の添付文書はこちら
  • ゾエティスジャパンが解説する犬のかゆみ治療薬の説明はこちら (アポキルは中盤のオクラシチニブに該当)
  • 海外のアポキル錠、APOQUEL(アポクエル)錠はこちら

※ゾエティスジャパンのページは獣医師向け、閲覧は個人の判断にて。



このように海外でも注目を集めたアポキル錠。

今回の記事では、アポキル錠が効く仕組みと効果の早さ、従来の犬のアトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎の薬との比較情報をまとめていきます。

本記事のアポキル錠テーマ
  • アポキル錠とは
  • アポキル錠の効果
  • アトピー性皮膚炎の主な治療薬4種の効果と副作用

本記事における、アポキル錠の効果効能、安全性、副作用、服用方法、臨床試験結果はZoetis社公開情報によるものです。

 

アポキル錠に関する他の記事
  • アポキル錠の副作用、Q&Aに関する詳しい記事はこちら
  • アポキル錠の服用方法、実際の費用に関する詳しい記事はこちら
  • 【指間炎before&after写真あり】アポキル錠を1週間服用後、指間炎の変化をまとめた記事はこちら
アポキル錠の効果効能・副作用をまとめるにあたり

アポキル錠の効果や副作用について、詳しくまとめる事にしたのは、動物病院で獣医師から伺う話では情報が不足していると感じたからです。

指間炎などの皮膚炎で通院している動物病院では、アポキル錠の服用を強く勧められました。とても効果的な薬だと勧められると同時に気になるのは、新薬アポキル錠の副作用。担当獣医師はアポキル錠が解禁される前から、勧めていたものの、残念ながらアポキル錠の副作用についてはほとんど回答を頂けませんでした。セナだけでなく、アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎の他の犬にもアポキル錠をどんどん使っていると伺う中での出来事。

多くの犬を診察し、多数の薬を処方する臨床獣医師にとっては、1つの薬についてはそんな程度の認識なのかもしれません。アポキル錠がいくら効果的で副作用が少ない薬だといっても、効果効能と副作用の事実を知った上で服用をさせたい。その思いでアポキル錠について、調べまとめるに至りました。

 

AD

まずは、アポキル錠がどのようにして、アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎を改善させるのか、みていきます。

犬のアトピー性皮膚炎治療薬、アポキル錠とは?

アポキル錠は、これまでに犬のアトピー性皮膚炎に使われてきたステロイド剤や免疫抑制剤とは、種類が異なる医薬品といわれています。

アポキル錠は、従来の薬と作用の仕方が違う

犬のアトピー性皮膚炎アポキル錠

アポキル錠は『サイトカイン』という、細胞が伝達するかゆみの信号を阻害する働きがあります。かゆみの信号を送る特定のサイトカインの伝達を阻害する薬は、これまでになく、アポキル錠が初めての薬です。まさに新薬というわけです。

かゆみの信号が脳にまで伝わらないことによって、犬が皮膚を掻きむしる行為を自然にやめることができ、炎症の悪化を食い止めることができるのが、アポキル錠です。

犬の皮膚炎治療は、痒みの悪循環を断ち切ることが大事

犬のアトピー性皮膚炎アポキル錠

痒みを感じなければ、犬も自然に皮膚を掻きむしるのをやめることができます。炎症を起こしている皮膚を回復させるためには、犬が掻いたり舐めないことが、ポイントとなります。

アポキル錠はこのように、かゆみの伝達を断ち切るり、犬のアトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎の症状を緩和するお薬です。


▼アポキル錠は、痒みの伝達を断ち切る薬

犬の皮膚炎の根本的な原因が、アトピーやアレルギーの他にある場合は、その根本原因の治療が優先となります。

アポキル錠で痒みを断ち切ることで犬が皮膚を掻かなくなり、ある程度の治癒は見込めることはできるでしょう。しかし、皮膚炎の根本原因が例えば真菌・細菌・寄生虫などの場合は、なかなか皮膚炎が改善しないという結果になる可能性が高いとのこと。

他のアトピー性皮膚炎治療薬と同様アポキル錠においても、基本的な皮膚炎治療をまず最初に行う必要があります。

犬が痒みを感じなくなるということ

『アポキル錠で痒みを断ち切る』画期的な薬です。ステロイドよりずっと副作用が少なく、効果と即効性が同等といわれているアポキル錠。犬が痒みが感じないでいられる、どれほど嬉しいことでしょうか。寝ても覚めても掻きむしる、夜中まともに寝れないほど痒みを感じている。そんな状態から抜け出すことができるんです。

念頭に置いておきたい、『犬が痒みを感じないことの意味』とは・・・

実際の生活の中では、皮膚炎などの最初のシグナルである”痒み”が犬を感じている姿をみて、何か様子がおかしいな と気づくことも多いもの。アポキル錠を飲んでいると基本的な痒みを断ち切るため、『犬は様々な痒みを感じにくい状態』になります。

アポキル錠を飲んでいると ”痒みのシグナル” が出なくなるわけですが、アレルギーやアトピーそのものが治ったわけではありません。『犬が痒みを感じないことの意味』とは、目で見て皮膚に今までと異なる炎症や異常はないかという日々のケアや、アレルゲンを極力除く努力を継続して続けていく必要があるということです。

 

痒みを断ち切ることで、アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎の悪循環を断ち切るアポキル錠。その効果は一体どのようなものでしょうか。

アポキル錠のかゆみ止め効果について

アポキル錠が、犬のアトピー性皮膚炎治療薬として注目を集めるその有効性の特徴は3つ。

アポキル錠のかゆみ止め効果について
(1)【即効性と有効性】

薬の効き目がステロイド剤と同じくらい早く、効果も高い

(2)【臨床試験の数】

アトピー性皮膚炎およびアレルギー性皮膚炎の犬に対して、800頭以上の犬での臨床試験により、有効性が示されている

(3)【種々のアレルゲンに対応】

犬アトピー性皮膚炎のみならずノミアレルギ-性皮膚炎、食物アレルギー、疥癬などのアレルギー性皮膚炎に対応します。(以上 Zoetis)

 

臨床試験数800頭は、決して多いと感じなかったのですが、犬の医薬品では多いほうなのでしょうね。また、アポキル錠は様々なアレルゲンの痒みに効き、アトピー性皮膚炎だけでなく各種アレルギー皮膚炎の痒みにも効果を発揮するというのは、とても特徴的です。

アポキル錠は、効果の即効性が高いという特徴がありますが、どの程度薬の即効性があるのでしょうか。


▼アポキル錠は、服用後わずか40分で効き始める

アポキル錠は、飲んでから40分という速さで痒みの減少効果を示すことができます。

下記は、オーストラリアでの実験で、アトピー性皮膚炎の犬に、ステロイド剤とアポキル錠を28日間それぞれ投与した場合、飼い主からみて犬の痒みがどの程度になったかを示したものです。(Zoetis)

アポキル錠とステロイド剤の痒み減少効果比較

犬のアトピー性皮膚炎アポキル錠

緑の線がアポキル錠を飲んだ犬の(飼主による)痒み評価

 

ステロイド剤とほぼ同じ速さで効果が表れ、服用から4時間の間に痒みは急速な減少を見せはじめます。そして、実験の28日間を総じてみるとステロイド剤よりもアポキル錠の方が平均的に犬は痒みを感じていない様にみえた、という結果が得られています。

  • 免疫抑制剤(シクロスポリン剤)とアポキル錠との効果の比較結果もあります。詳しくはこちら

 

気になるアポキル錠の副作用の前に、従来のアトピー性皮膚炎治療薬の副作用をみていきたいと思います。

従来のアトピー性皮膚炎治療薬4種類のメリット・デメリット

犬のアトピー性皮膚炎のかゆみ止めといえば、最も有名なのがステロイド。ステロイド薬は、かゆみ止めの効き目が強く即効性がある反面、長期連用による副作用やリバウンドなどの懸念があるのが特徴です。

その一方で、アポキル錠がこんなにまでも、獣医師からも期待されている薬である理由は、即効性のある効き目と副作用の少なさにある様です。

これまで、犬のアトピー性皮膚炎の治療に使われてきた一般的な治療薬(ステロイドやインターフェロン等)には、それぞれ異なった利点と問題点があります。

アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎の主な治療方法

メリット・デメリットの比較表

アポキル錠以外のアトピー性皮膚炎の治療比較
yajirushi

※上下の表、内容は同じ。画像を文字化したのが、下記。

アトピー性皮膚炎治療剤 利点 問題点
経口ステロイド剤※

・プレドニゾロン
・メチルプレドニゾロン等

【処方薬例】Panafcortelone(プレドニゾロン)5mg

・即効性
・高い有効性
・低価格
・副作用
・飼主のステロイド剤に対する恐怖意識
経口シクロスポリン剤(通称:免疫抑制剤)

【処方薬例】アトピカ25mg

・犬アトピー性皮膚炎に対する高い有効性
・高い安全性
・効果発現に時間がかかる
・適応範囲が犬アトピー性皮膚炎に限定
・カプセル剤の投与しにくさ
外用ステロイド剤

ヒドロコルチゾン
アセポン酸エステル等

【処方薬例】ビルバックコルタバンス

・即効性
・高い有効性
・局所の適用に限局
・ステロイド皮膚症に代表される局所副作用
注射用犬インターフェロン製剤 ・高い安全性 ・効果発現に時間がかかる
・適応範囲が犬アトピー性皮膚炎に限定
・投与が煩雑

引用元ゾエティスジャパン※副腎皮質ホルモン剤を“ステロイド剤”と表記する。

犬のアトピー性皮膚炎の治療方法は少なく、ステロイド剤の内服薬・ステロイド剤の外用薬・免疫抑制剤・インターフェロン、という4種類が主な治療方法です。免疫抑制剤とインターフェロンは、アトピー性皮膚炎に限定されて効果をが発揮されるので、各種アレルギーによる痒みを発症している犬には効果がみられませんでした。つまり、消去法でいくと、残る治療法はステロイド剤になってしまうのです。

▼ステロイド剤に代わる治療薬としてのアポキル錠

各種アレルギーによる痒みを患う犬にとっては、治療という面では副作用が伴うステロイド剤に頼るしかない部分も大きかったそうです。そして、2016年7月ここに新薬アポキル錠が加わりました。

前述にもありましたが、アポキル錠は、アトピー性皮膚炎だけでなく各種アレルゲンによる痒みにも効果を発揮することができます。その為、今までステロイド剤しか頼る薬がなかった犬にとっては、やっと副作用が少なく効果的な薬が登場したといっても良い位だそうです。

 

アポキル錠はこれら4種の治療薬と比較して副作用が少ないとされていますが、アポキル錠も全く副作用がないわけではありません。

  • アポキル錠の副作用に関する詳しい記事はこちら↓

【犬の新薬アポキル錠 – 2 】アポキル錠の副作用・Q&Aのまとめ[犬の皮膚炎]

  • アポキル錠の詳しい服用方法と実際の費用に関する記事はこちら↓

【犬の新薬アポキル錠 – 3 】アポキル錠の服用方法と実際の処方費用まとめ[犬の皮膚炎]

 


【新薬アポキル錠 / 犬のアトピー性皮膚炎治療薬・参考リンク】
  • アポキル錠の用法用量副作用などの記載あり。アポキル錠の添付文書はこちら
  • ゾエティスジャパン アポキル錠のページはこちら
  • 海外のアポキル錠、APOQUEL(アポクエル)錠はこちら
  • CAD国際調査委員会 犬のアトピー性皮膚炎治療のガイドライン2015(英文)はこちら
【アポキル錠は体重別に3種類】

apoquel_100tabs

【参考:アポキル錠1日1回分の体重別投与早見表】
犬の体重 アポキル3.6mg アポキル5.4mg アポキル16mg
3.0kg以上 0.5錠
4.5kg以上 0.5錠
6.0kg以上 1錠
9.0kg以上 1錠
13.5kg以上 0.5錠
20.0kg以上 2錠
27.0kg以上 1錠
40.0kg以上 1.5錠
55.0kg‐80.0kg 2錠

この記事を読んだ人に読まれています