嬉しかったセナの成長。散歩で家族のお迎えトレーニング。[2016年11月]G’s Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【1歳11ヶ月】



G’s Familyトップページに綴っている、ゴールデン・レトリーバー セナの日常の記録を、2016年5月(セナ1歳5ヶ月)より月別にまとめています。

ゴールデン・レトリーバー セナ
1歳11ヶ月  2016年11月

 senna20161105

子犬期からの現在まで。
ゴールデンレトリーバー セナ 成長記録記事一覧

G’s Familyトップページ掲載
セナ日常の様子  2016年11月

 

2016年11月14日

ゴールデン・レトリーバー セナは、現在1歳10ヶ月。体重29kg弱。

寒くなってきたこともあり、最近は近くに寄り添って寝たがります。
基本的に甘えん坊のセナは、セナを撫でてあげながら片手でスマホを見ていたりすると、そのスマホを操作している腕に手を乗せて、ねえねえ、としながら

『ながらスマホ、やめてほしいなぁ』

と思えるような表情もみせます。

そんな時は出来るだけスマホを見るのをやめることにしました。書きかけのメールがあっても、急ぎでなければクローズ。頑張って書いたロングメール、どうしても今送らないと・・・という時はこのメールだけは書かせてね!とセナに伝える時も・・・この仕草をされる度に、確かに、ながらスマホは良くないなぁと思ったんです(笑)

ママ、スマホじゃなくて、僕をみてほしいな

senna20161107

人のコマンドが絶対だということも必要ですが、基本的にはコミュニケーションをとって理解をしてもらい、伝えるように努めています。コミュニケーション能力の高さがゴールデン・レトリーバーの良いところですし、その方が絆が深まると感じています。セナを見ていると、話をよく理解できることに、日々驚かされることが多いんです。

少し前のことになりますが、9月に軽井沢旅行をした際の帰りに、セナが他の犬に襲われるというアクシデントに遭っていました。襲ってきたのは大型犬。記事にしようか大分迷った結果、やはり、記事にして残すことにしました。詳しくはこちらの記事。


2016年11月27日

ゴールデン・レトリーバー セナは、現在1歳11ヶ月。体重29kg。

ドッグリゾートWoof(ワフ)山中湖に行ってきました。
久しぶりのワフ、セナは始終楽しそうで、行ってよかったと毎回思うのがワフです。

ワフは、東京から日帰りでも行くことができ、11月は日帰り・宿泊の両方でワフを訪れました。天気が良かったので、急遽行こう!と決めました。東京から山中湖へ、行きは3時間程度あればワフに到着します。帰りの渋滞だけがネックで、1時間に1回を目安にドライブ休憩を取るため、山中湖から東京に帰るまでに5~6時間かかってしまいます。それでも、セナが楽しむ姿を見ると、またワフに行きたい!と思ってしまうのです。(2016年11月ワフ宿泊記はこちら)

自然の中は、いつだって気持ちがいい

senna20161105

11月のワフは、オフ会が多く開催されて、沢山のワン達が集まってました

 

セナが子犬の頃は、車酔いが激しくて、10分も乗っていたら吐いてしまっていました。近場のドッグランに連れていくのがやっとだったのですが、徐々に慣れて、今では車酔いで吐くことはほとんどなくなりました。ただ、今も車酔いしないわけではなく、外の空気を吸いながら我慢している感じです。ですので、5~6時間も車に乗れるようになって、本当に嬉しいですし、よく我慢しているなぁと思います。

寒い季節になって、セナの食欲が増してきました。夏は食欲が落ちていて、朝ごはんを口にしない日もありましたが、最近は朝ごはんを食べない日はほとんどありません。

ゴールデン・レトリーバーは食べるのが大好き!といいますが、2歳に近づくにつれてその片鱗がセナにも出てきました。この秋は本当に良く食べるので要注意なのですが、ワフに行った後はなんだかほっそりしていました。関節に負担なく、身体が絞れるので、本当にプールっていいですね。

 

2016年11月を振り返って

11月は、食欲の秋という言葉の通り、セナの食欲が増した印象があります。よく動いて、よく食べて。太らなければ、よく食べてもいいかな。

キッチンスケールが壊れて、セナの食事を目分量で測った日がありました。そして、キッチンスケールが届き、自分の目分量は大体あっていたのだろうか?と茹でたチキンを120g位と予測して、秤にのせると・・・なんと、160gもありました。その数日は、セナに結構な量を食べさせていたことが判明。目分量ってあてにならない!

 千葉県  葛西臨海公園に足をのばして

senna201601103

2016年11月の嬉しかったセナの成長。散歩のお迎えトレーニング。

セナパパが帰宅するとき、お散歩がてら駅までお迎えに行く機会を増やしました。以前は、帰ってくるパパを見つけた時には、興奮して飛びつこうとしたりしていたのですが、お座りして待てるようになってきました。

教えたら、学ぶまでとても早かった。

パパのお迎えは興奮しすぎるので、しばらく控えていたのです。でも、そういうことではありませんでした。

頭がいいし、教えたら素直に学ぶ。大切なのは、教え方なんですね。『なんでできないの?』ではなくて、教え方を学ばないといけないのは自分だった。そして、興奮するからとその機会を奪ってしまったら、もっともっと学ぶ機会がなくなってしまうということに気づかされました。

本当に吸収するのが早くて、その成長に驚き感動すらしました。おすわりしてしっかりとパパを待てたセナをいっぱいいっぱい、褒めてあげました。

2016年11月 セナ1歳11ヶ月
体重 29kg
食事 ドッグフード:オリジン日本総輸入代理店
オリジン購入先:オリジンアダルトオリジン パピーラージ※日本正規品。倉庫管理を確認の上、選んでいます。
夜だけ手作り食に移行中
栄養補給 ゴートミルク・サプリメント(下記に記載)
ドッグフードの量 朝150g前後・夜150g前後・夜食100g前後(1日計400g程度)
手作り食の量 朝以外は、チキンをドッグフードと同量をたべさせるようにしている(茹でた状態で1日計300g程度)
食事の回数 1日2回(6時・17時)・20時〜21時頃に夜食
市販のトリーツ オリジンのフリーズドライドッグトリーツヒマチー完全無添加馬アキレス
手作りのおやつ 鶏レバーのジャーキー
指間炎の薬(内服薬) アトピー性皮膚炎の新薬アポキル16(アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mg)を適宜服用
指間炎の薬(外用薬) ヒビクス軟膏
セナの体調 11/14(月)下痢・嘔吐(白い胃液)
11/22(火)嘔吐(食後1時間で未消化のまま吐く)、その後下痢
整腸剤 ビオイムバスター乳酸菌
サプリメント 乳酸菌・亜鉛・ビタミンC・ビオチン(ビタミンH)・オメガ3魚油(10月より開始)

2016年11月セナの体調で特筆すべき点は、11月22日の夕方、食後1時間経った時急に、未消化のままご飯を吐きました。1時間も経っているので、犬によくあるという食後すぐの吐き戻しでもありませんでした。その後下痢もして・・・。ただ、その後はぐったりするわけでもなく、すっきりした様子を見せてました。

動物病院の診察時間外、翌日は祝日。とりあえずセナは元気があるので、消化のよい、いつもの葛スープをあげて様子をみました。そして、嘔吐から2日後の11月24日には、良いウンチに戻って下痢からも回復。この未消化の嘔吐・下痢の症状は、はじめての出来事だったのです。

▼皮膚炎改善・免疫アップのために実際に、セナが飲み続けているサプリメント
種類 サプリメントの目的 実際に飲んでいるサプリ
亜鉛 皮膚形成に大事なミネラル こちら
乳酸菌 腸内環境改善・ビオチンを効果的に働かせる こちら
天然ビタミンC 免疫アップ・ビオチンを効果的に働かせる こちら
ビオチン 皮膚形成に大事なビタミン・アトピー性皮膚炎にアレルギー抑制にも効果的 こちら
オメガ3(魚油) 皮膚アレルギーの緩和 こちら

犬の複合皮膚炎サプリメントなど発売されているので、そのようなサプリメントを与えるのも一つの選択肢でしたが、『何をあげているのかしっかりと把握したい』という理由から、現在は人用単一のサプリメントを組み合わせてあげています。

  • G’s Family 2016年11月の記事一覧はこちら
  • ゴールデンレトリーバー セナの成長記録記事一覧
ゴールデン・レトリーバーセナの成長記録
年齢 様子
生後2ヶ月 お迎えして1週間の様子。
生後3ヶ月 甘噛み全盛期。
生後3ヶ月半 引き続き甘噛み真っ盛り。
生後4ヶ月 散歩を開始!
生後7ヶ月 マーキングをし始める。
生後9ヶ月 噛みつきで悩む。マズルコントロールの是非。
生後11ヶ月 相変わらず噛む。

お迎えしたばかりの生後2ヶ月〜1歳になるまでの体重変化・食事量・体調変化の一覧

ゴールデン・レトリーバー セナ/Senna 成長記録まとめ