【大型犬のステンレス食器】子犬・成犬時使用の食器サイズ比較



【大型犬のステンレス食器】

子犬・成犬時使用の食器サイズを比較した記事です。

 

ゴールデン・レトリーバー セナが子犬の時に使っていた、ステンレス食器のサイズは13cm。現在、成犬になり使用しているステンレス食器のサイズは20cm。ともに、食器台とセットで購入しました。

直径13cmのステンレス食器に、ドッグフード200g

大型犬子犬の食器サイズ

ステンレス食器2サイズのサイズ比較は記事中盤

 

今回の記事は、ステンレス食器の部分にスポットをあてて、ステンレス食器のサイズ感や品質などをまとめた記事です。

まずは、子犬の時、成犬の時(現在)、それぞれの食器台&食器の概要についてです。その後、2つの異なるサイズのステンレス食器に、実際にドッグフードを入れて食器サイズ感を確認していきたいと思います。

 

【セナ子犬時使用】食器台&ステンレス食器の概要
食器台の高さ14cm・食器の大きさ13cm

大型犬子犬用食器 sainome M ダブル

ダブルタイプSainome食器台とステンレス食器
食器台のサイズ Sサイズ Mサイズ
 幅  28cm  32cm
 奥行  14.3cm  16.3cm
 高さ  10cm  14cm
 セットのステンレス食器  直径11cm  直径13cm

セナが使っていたのは、Mサイズ。この食器サイズが、丁度良いのは生後半年くらいまででした。Amazonで注文しましたが、大型犬食器との記載情報を参考に決断。その時はまだセナを迎える前だったの、〜センチとみても食器のサイズ感がつかめなくて商品情報を頼りにして注文しました。

生後3ヶ月 ゴールデン・レトリーバー セナ

ゴールデン・レトリーバー生後3ヶ月

思いの外小さい!これ、大型犬用の食器ではないよね?というのが、届いて一目みた最初の印象。

大型犬子犬用だったら分かるんだけど・・・大型犬食器という表記は何かの間違いだったのかもしれません。

生後2ヶ月のセナにはぴったりではありましたが、もう少し大きければ長く使えたのにな。というのが本音。食器台とステンレス食器の品質が気に入っただけに、すぐに使えなくなるというのが残念に思ってしまいました。

次は、成犬になってから使っている食器と食器台の概要です。

 

【セナ成犬時使用】食器台&ステンレス食器の概要
シングルタイプの食器台&ステンレス食器

大型犬用食器とフードスタンド

食器台の高さ30cm・食器の大きさ20cm
お食事用にも、水飲み用にも使っています

大型犬用食器と食器スタンド

【使用中】大型犬用食器台&フードスタンドの詳細
(ゴールデン・レトリーバー セナ 体重28kg)
項目 サイズ・詳細
食器スタンドの高さ 約30cm
食器スタンド上部 約20cm
食器スタンド底面 約28.5cm
材質 スチールにPE樹脂コーティング
セットの食器 ステンレス製・直径20cm (日本製)

輸入品ではなく日本製ということもあって他の大型犬用食器&食器スタンドに比べて、お値段が手頃。食器スタンドはごくシンプルな作りですが、ステンレス食器は厚みもありしっかりしています。

  • 【成犬時使用】食器スタンド&日本製ステンレス食器のセット販売で、単品よりもお得に購入できた販売店はこちら

以上のように、

セナが実際に使っていたステンレス食器のサイズは、
子犬時が直径13cm・成犬時が直径20cm です。

 

次は、各々の食器にどの程度ドッグフード量が入るのか、比べてみました。

大型犬子犬時と、成犬時の食器サイズを比較

ゴールデン・レトリーバー セナが子犬の時に使っていた食器と、現在使っている食器に、同じ量のドッグフードを入れた様子です。

まずは、ドッグフード100gを入れた場合。

大型犬の食器サイズ

直径20cm・直径13cmの食器に、ドッグフード100gを入れると・・・

大型犬成犬サイズ20cmの食器だと、大きすぎてしまう

大型犬成犬時の食器サイズと子犬時の食器サイズの比較

大型犬 子犬サイズの食器:直径13cm×深さ4.3cm

大型犬成犬時の食器サイズと子犬時の食器サイズの比較

直径13cmの食器には、ドッグフード100gが丁度いい感じ

 

あまり大きなお皿に少量のドッグフードというのも、広がってしまい食べにくいもの。ゴールデン・レトリーバー セナは、2017年2月(2歳)現在、朝食はドッグフード100gなので子犬の時に使っていた小さめの食器であげています。

直径13cmの小さいステンレス食器は使わなくなるかな・・・と思っていたのですが、成犬になった今でも朝食のほか、トリーツやさほど多くない量のお肉(100g〜150g程度)をあげる時にも使っています。

最近では、生馬肉をあげる時に使ったり

大型犬子犬ステンレス食器13cm

13cmのステンレス食器に、100gの生馬肉

 

子犬の時に使っていた食器台は、高さ14cmと今のセナには低いため使わずに、丁度いい高さに食器を手で持ちながら食べさせています。

 

次は、ドッグフード200gを入れた場合。

大型犬の食器

直径20cm・直径13cmの食器に、ドッグフード200gを入れると・・・

ドッグフードを200g入れても
直径20cmの食器だと余裕がある

大型犬成犬時の食器サイズと子犬時の食器サイズの比較

左:成犬時の食器  右:子犬時の食器

ドッグフード200gを入れた状態でそれぞれの食器を拡大すると・・・

大型犬成犬サイズの食器:直径20cm×深さ6.0cm

大型犬成犬時の食器サイズと子犬時の食器サイズの比較

大型犬子犬サイズの食器:直径13cm×深さ4.3cm

大型犬子犬の食器サイズ

ドッグフード200gになるとセナが子犬時に使用していた食器はもう満杯です。こうなってくると、食べる時にはこぼれてしまい、とても食べにくくなります。

かつて、子犬用の食器を使っていて、
満杯になってしまった時の様子

大型犬用食器とフードスタンド

成犬食器サイズに変えるのが、遅くなってごめんね

 

小さい食器では、セナもご飯が食べにくい様で、食べる時に溢れると『ママ・・・』と見上げる仕草を見せる様に。まだ子犬用の食器を使っていた頃、ドッグフードを残すようになった時もありました。大型犬サイズの食器とフードスタンドに変えた途端、ドッグフードを完食した姿をみて、食器やフードスタンドの大切さを身に沁みて感じました。

成犬になるに従って増えていく食事量。それまで使っていた子犬用の食器がドッグフードで満杯になってしまった時には、急いで大型犬用食器を探しました。

  • 大型犬用成犬サイズの食器を選ぶ際、食器についてまとめた記事はこちら↓

大型犬用フードボウルの選び方とおすすめの食器

 

最後に、犬用ステンレス食器の重量についてです。

犬用ステンレス食器を選ぶ際に、食器の重さを注目して選ぶことは少なかったのですが、いざ使ってみると食器の重量は品質に通じるところがあり、大事なのだなと分かってきました。

犬用ステンレス食器の重量

ステンレス食器にしっかりとした厚みと重さを持たせることで、食事や水を飲む際に、ぐらつきにくくカタカタと音を立てにくいという良さがあります。特に食器スタンドの上に乗せる場合は、ある程度重さのあるステンレス食器の方が安定しやすいです。

セナが使用中の直径20cmステンレス食器の重量は、535gと重すぎることもなく、食事中にカタカタしてしまう軽さもなく、まさに丁度良い感じです。

ゴールデン・レトリーバー セナ2歳
最近のお食事の様子

大型犬食器の大きさ

旅行やお出かけの際に持参用途などで、軽いほうが便利という場合は、先ほどステンレス材質比較でも例にあげた(パウ柄が押してある)シンプルボウルタイプの食器がより軽くなっています。Lサイズ直径22.8cmで重量186gという軽さ。

  • 【使用中】直径20cm日本製ステンレス食器重量は535g。安定感を求めるならこちら
  • 【軽くて持ち運びに便利】直径22.8cmステンレス食器重量は186g。シンプルボウルはこちら

大型犬が使うステンレス食器の大きさは、一体何センチが丁度良いの?ということも、見当がつかず、当時は大分迷いました。セナは現在2歳時点で28〜29kgです。

大型犬の食器サイズ

レトリーバー専門店のオンラインショップに、ステンレス食器直径11cmから直径26cmまでを横に並べた画像が掲載されているので、ステンレス食器の大きさを決める際に参考になりそうです。(レトリーバー専門店取扱ステンレス食器は日本製と記載のみ、製造元は不明)

左:直径20cm 右:直径13cm

大型犬食器サイズ13cmと20cmの比較

犬用ステンレス食器について調べていくと、目にすることが多かったのは日本製ではなくインド製。日本のメーカーが販売していても、製造国はインド。純粋に日本で職人さんが作る、日本製犬用ステンレス食器は限られている様です。

もう一歩踏み込んで選ぶなら、知っておきたいステンレス食器の品質について:『[犬のステンレス食器選び]知っておきたいステンレス材質と品質のこと。

 

犬用品、特に大型犬となってくると海外製が便利で耐久性が高い為、輸入物を選ぶことも多いです。その中でも、犬用ステンレス食器は日本製を選んでよかったと思えたものの1つです。

  • 成犬時使用中の食器スタンドの使用感についてまとめた記事はこちら

【大型犬の食器台】高さ30cmの食器スタンドで、楽に食事を。[使用感のまとめ]


この記事を読んだ人に読まれています

3 thoughts on “【大型犬のステンレス食器】子犬・成犬時使用の食器サイズ比較”

  1. いつも大変参考にさせていただいております。
    ありがとうございます。
    今回の食器もとてもわかりやすく、我が家も同じものを購入させていただこうと思います。ただ、まだ落ち着かないのでもうちょっと後かな・・・。

    ところで、セナ君は去勢手術をなさっていないのでしょうか?といいますのも、うちの子は女の子なので避妊手術になるのですが、散々悩んで、先月その手術を終えた後に、縫合不全を起こし再手術になってしまったからです。術後の創部の経過が良くないことを何度も獣医に訴えましたが、特に処置をしてもらえず、1ヵ月後にあまりに治らないので別の病院へ連れて行ったところその日のうちに再手術になってしまいました。腹部に膿と血液が溜まっていたそうです。抜糸までの3週間は入院し安静状態です。
    どうしてもっと早く他の病院へ連れて行かなかったのか、と後悔ばかりです。こんなかわいそうな思いをさせるなら手術しなければよかったとまで思いました。
    私もセナママ様、セナパパ様のようにわが子の健康を守れるように頑張ります!
    暗い話をしてしまい申し訳ありませんでした。

    1. かなでさん、こんにちは。
      そんなことがあったのですか・・・避妊手術からの縫合不全に、再手術・・・かなでさんも休まる暇がなかったでしょう。

      セナは去勢手術をしていません。去勢手術について獣医師に相談したことはあります。去勢手術のした場合・しなかった場合の影響について自分たちでも調べ、更に獣医師の話を聞いて去勢手術をさせた方がセナのためだと思えれば、去勢手術をすることも考えていました。そして、総合的に考えた末、現段階では『去勢手術はしない』ことを選択するに至っています。更にいえばここ最近通っていた動物病院は、皮膚炎の治療ではお世話になりましたが、大型犬の手術や入院受入れ経験・設備となると不安を感じるものでした。

      我が子を手術に送り出す気持ちは並大抵のことではないはず。心配で、何とか無事に終わって欲しい、痛い想いをさせたくない、大丈夫と言われてもすっかり治るまで気が気じゃない。避妊手術・去勢手術は、他の手術と比べたら技術的に難しくないとも言われましたが、送り出す側の心持ちには、簡単な手術なんてない、これが率直な心情です。

      術後縫合部の経過が悪化し、どうしたらいいかわからず、お辛かったでしょう。。。腹部に膿と血液が溜まっていたら、獣医師だったらしっかり診れば分かるだろうに、一体どうして。避妊術後の異変を、かなでさんが獣医師に訴えたのに、何の処置もしてくれなかったなんて・・・、言葉がありません。

      術後は特に、動物病院は変えにくいもの・・・でも、これ以上悪化する前に動物病院を変え、再手術がすぐに出来たのはかなでさんの決断があったからこそですね。医師に頼らねばならないことは当然多くありますが、我が子を毎日側で見ている私たちの目を疑ってはいけない。例え大丈夫といわれても、おかしいと思ったらおかしいと言わねばならない、動物病院を変える決断をすることも必要なのですね。

      セナは、手術や入院は未だ経験をしたことがないので、今後手術や入院が必要になった時に信頼して任せられる動物病院・獣医師は・・・と考えることも多く、いざという時にもセナを任せられる動物病院を現在探しているところでもあります。ただ1つの病気の視点からではなく、本当に犬のことを考え治療をして下さる獣医師、手術・入院の大型犬受入も安心できる動物病院・かかりつけ医を探すのは、とても難しいと感じています。

      3週間の入院に心を痛めてらっしゃるのではと、思いながら、かなでさんのメッセージ読ませて頂きました。自分たちも試行錯誤の中ですが、我が子たちの健康と安全を全力で守っていきましょうね!

      そして、術後の経過が良好にすすむことを、心から願っています。

      1. お優しいお言葉、ありがとうございます。つたない文章だったのに、言葉以上に思いを汲み取ってくださったことに、涙が出ました。

        獣医といえど、やはり他人。でも、私たちにとっては大事な大事な家族ですよね。動物病院はなかなか口コミでは評価がわかりづらく、私もどこの病院が本当にうちの子にとってベストな医療を行ってくれるのか・・・。でも、口きけぬわが子の命を守るために遠慮している場合じゃないと、つくづく思い知らされました。

        本日、再手術から2週間たって、やっと出血が止まったと連絡がありました。うちの子は、犬の中でも珍しい「糸」に対するアレルギーがあるようで、傷の治りが悪いそうです。それでも、順調にいけば来週には退院できそうです。

        セナママ様のセナ君の健康に関する記事は、本当に勉強になります。
        これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Comments are closed.