品質に定評のあるP.L.A.Y.(プレイ)でカドラー型ベッドを選ぶ[大型犬のベッド]



品質に定評のあるP.L.A.Y.(プレイ)カドラー型ベッドを選ぶ[大型犬のベッド]

ゴールデン・レトリーバーセナに、新しいベッドを購入しました。今回選んだベッドは、子犬の時から気になっていた犬のベッドブランドの一つでもある『P.L.A.Y.(プレイ)』です。

PLAYプレイのドッグベッド大型犬

『P.L.A.Y.(プレイ)』ベッドシリーズの中でも最も人気のタイプが、頭をフチに置くことのできるカドラータイプ。『P.L.A.Y.(プレイ)』では”ラウンジ型”と呼ばれています。

P.L.A.Y.(プレイ)のラウンジ型ベッド

プレイのドッグベッド大型犬

セナは主にドッグコット型ベッドを愛用しています。ベッドを新しく選んだのは、ハウスに入る快適で丈夫なベッドが欲しかったからです。また、メインベッドがコット型なので、ハウス用にはクッション性の高いベッドを選ぼうと思っていました。

こんな風に届きました

プレイのドッグベッド大型犬

自分のものだとわかったのか、お目めキラキラ

PLAYプレイのドッグベッド大型犬

梱包を開けると、カドラーベッド型に
ベッドの外枠とクッションは別々になっています

PLAYプレイのドッグベッド大型犬

P.L.A.Y.(プレイ)のベッドが到着して梱包を開けて・・・としているのも束の間。丸まって早速寝始めるセナ。

早速P.L.A.Y.(プレイ)のベッドでくつろぎ始めました

プレイのドッグベッド大型犬

この姿をみて、迷ったけど買った甲斐あった!と思いました。

様々なドッグベッドがある中で、P.L.A.Y.(プレイ)の大型犬ベッドを選んだ理由はいくつかあります。

PLAYプレイのドッグベッド大型犬

P.L.A.Y.(プレイ)の大型犬ベッドを選んだ理由

 

  1. 人工工学に基づいた快適性を追求
  2. 夏は涼しく冬は暖かい一年を通して使えるような中材を使用している
  3. ベッドカバーが取り外し可能で、洗濯できる
  4. ベッドのインナークッションも洗濯できる
  5. 他にないカバーデザインが素敵
  6. ディズニーなどの子供用品を扱う製造工場で作られており、安全管理・品質管理がしっかりされている

以上が、P.L.A.Y.(プレイ)のベッドを選んだ主な理由です。

『P.L.A.Y.(プレイ)』は、アメリカ・サンフランシスコのメーカーが企画・販売しているペット用ベッド。P.L.A.Y.(プレイ)のベッドには4種類がありますが、今回選んだのはP.L.A.Y.(プレイ)ベッドシリーズのうちラウンジ型と呼ばれるタイプ。サイズは、Mサイズ。

ラウンジ型は、一般的にはよくカドラーベッド、カウチベッドなど呼ばれるベッドタイプを指します。もたれかかることができるベッドという意味合いから、ラウンジ型ベッドとP.L.A.Y.(プレイ)では呼んでいます。

AD

 

まずは、P.L.A.Y.(プレイ)・ラウンジ型ベッドのサイズについて。

P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドのサイズ選び

P.L.A.Y.(プレイ)のラウンジ型ベッドは、SサイズからXLサイズの4サイズラインナップ。

PLAYプレイのドッグベッド大型犬・ラウンジ型

サイズ ベッドのサイズ 重量 販売価格 体重目安
S 縦48.3cm×横61.0cm×高さ17.8cm
(内寸:27cm×38cm)
1.32kg 13,000円+税 11kg未満
M 縦63.5cm×横78.7cm×高さ20.3cm
(内寸:40cm×56cm)
2.77kg 18,000円+税 11kg以上
25kg未満
L 縦76.2cm×横96.5cm×高さ22.9cm
(内寸:53cm×72cm)
4.22kg 25,000円+税 25kg以上
大型犬
XL 縦94.0cm×横111.8cm×高さ25.4cm
(内寸:63cm×80cm)
5.17kg 32,000円+税

 

ゴールデン・レトリーバーセナは、現在体重29kg。普段のメインベッドにするならLサイズ以上が適切でしょう。体重目安だけでなく、身体を伸ばして寝たり、体勢を変えたりしながら寝るにはLサイズ・XLサイズベッドを用意してあげたいところ。

ただ、今回のベッド選びでは、”ハウスに入るベッドサイズを。”という前提があったので、ハウスに入るMサイズを選びました。

 

P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドのMサイズ

P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドのMサイズをゴールデン・レトリーバーセナ29kgが使うとこんな感じになります。

ベッドでお座り。

プレイのドッグベッド大型犬

ベッドでくつろぐ。

PLAYプレイのドッグベッド大型犬

PLAYプレイのドッグベッド大型犬

丸まってベッドに入る。

ゴールデン・レトリーバーセナ2歳8ヶ月

ベッドでくつろぐ分には問題ないサイズに思えますが、丸まってベッドに入るとこの通りいっぱいいっぱい。

そして、身体を伸ばして寝ようものなら・・・

完全にベッドからはみ出すセナ。(笑)

PLAYプレイのドッグベッド大型犬

こんな感じで、P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドは、Mサイズだと大型犬成犬には小さいサイズ。使い方が限定されてしまいます。

繰り返しになりますが、やはり大型犬がメインベッドして使うならLサイズ以上が必要でしょうね。

こんな風に気に入ってくれるなら、ハウス用ベッドとしてではなくて大きいサイズを買ってあげればよかったかなぁ・・・とも思いましたが、まずはハウスで使ってもらうことを今回は優先に。

そして、本来の目的である、ハウスにベッドを入れてみました。

ハウスとして使っているソフトクレートに、P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドMサイズをイン!

大型犬ベッドとクレートp.l.a.y

少し奥行きが余るものの、P.L.A.Y.(プレイ)のラウンジ型Lサイズだとハウスに入りきらないので、やはりここはMサイズ。

これまで試行錯誤していたハウス用マット。ハウスに敷くマットが軽めのものですとハウスから持ち出して遊んでしまって、結局ハウスには何もない状態になってしまいます。これまで、いくつかマットを試してきましたが未だしっくりくるマットに出会っておらず、P.L.A.Y.(プレイ)のラウンジ型ベッドを選ぶに至りました。

P.L.A.Y.(プレイ)ベッドが届いた時に、すぐに感じたのがベッド生地がいい!ということ。丈夫だけどさらっとしている生地感で、これなら破れの心配はないかも。と思いました。

次は、そんなP.L.A.Y.(プレイ)ベッドの使い心地についてです。

 

P.L.A.Y.(プレイ)のラウンジ型ベッドの使い心地

P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドは、カラーによってカバーの素材が少し異なっています。

今回選んだモロッカン柄の外側ベッドカバーは、コットン100%!毛羽立ちにくく、皮膚にも優しい、通気性もいい。冬の間は特に静電気が起きやすい長毛種には、天然繊維100%はとっても嬉しいです。

100%ナチュラルコットンのベッドカバー

PLAYプレイのドッグベッド大型犬生地

PLAYプレイのドッグベッド大型犬生地

ファスナーの引き手は犬が遊びやすい部分でもありますが、引き手は奥にしまい込める様になっています。

ファスナーを遊んでしまう犬への対策

PLAYプレイのドッグベッド大型犬ファスナー

もっと奥に押し込むことができます

 

クッション部分のファスナーはすぐに見つけられましたが、ベッド本体のファスナーは一体どこ?と最初は戸惑いました。

ベッドが全部分解できるって書いてあってたけど、ファスナーがない・・・。と早とちりしてしまったくらい、本体のファスナーは通常の状態だと見えない様に内側についています。(ベッド本体の内側を表にすると分かります)

カドラー部分のファスナーを見つけたときには、『こんな風にファスナーが見えない様になっているなんて、ファスナーで遊んでしまう犬のことをしっかり考えられているな』と思いました。

ファスナーを開けるとベッドの中材が取り出せます

PLAYプレイのドッグベッド大型犬洗濯方法

P.L.A.Y.(プレイ)のベッドシリーズが他のベッドと異なる点は、この中材にもあります。中材には、再生ペットボトルでできた繊維を100%使用しています。再生ペットボトル繊維は、ポリエステル繊維の一種です。

ボリューム感のあるクッション素材

PLAYプレイのドッグベッド大型犬

P.L.A.Y.(プレイ)のベッドは、中材のボリュームがある上に空気を程よく含む様で弾力性があるので大型犬がよりかかっても型がしっかりしています。

今回は、ハウスに入れるためにMサイズにしましたが、もっと大きなサイズを用意してあげたくなりました。

ですが!

P.L.A.Y.(プレイ)のベッド、ここ最近LサイズとXLサイズの取扱カラーが減っています。減っているというレベルではなくて、どの柄もほとんどMサイズまでの取扱になってしまった様なんです。

Mサイズのラウンジ型ベッドを実際に使ってみて品質が良かったので、次はLサイズでも考えてみようかな?と思い調べ直した結果、大型犬サイズのラインナップが減少していることが分かりました。

AD

次は、大型犬サイズも取り扱っているベッドカラーについて、です。

P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドで大型犬サイズがあるカラー

P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドのカラーは、16色(柄)あります。そのうち、大型犬が使うLサイズとXLサイズの取扱いは、現時点で2色です。

大型犬サイズL/XLあり(1)アーバンデニム

PLAYプレイのドッグベッド大型犬・アーバンデニム

 

大型犬サイズL/XLあり(2)カラハリ
PLAYプレイのドッグベッド大型犬・カラハリ

 

P.L.A.Y.(プレイ)
ラウンジベッド

アーバンデニム

カラハリ
ベッドカバー素材 デニム素材:
コットン75%、ポリエステル25%
外側シェニール仕様:
コットン25%、ポリエステル75%
内側フロック加工:
ポリエステル100%
クッション素材 ペットボトル再生繊維Planet Fill100%
(環境循環型ポリエステル繊維)
Lサイズ
取扱店舗
アーバンデニム Lサイズ カラハリ Lサイズ
Lサイズ:縦76.2cm×横96.5cm×高さ22.9cm
XLサイズ
取扱店舗
アーバンデニム XLサイズ カラハリ XLサイズ
XLサイズ:縦94.0cm×横111.8cm×高さ25.4cm

P.L.A.Y.総日本代理店がAmazonで販売するLサイズ・XLサイズベッド一覧

今後は、大型犬に丁度良いLサイズ・XLサイズについては、上記2カラーが定番となる様です。

ちなみに、セナお気に入りのドッグコット型ベッド(縦80cm×横130cm×高さ20cm)は、P.L.A.Y.(プレイ)ラウンジ型ベッドXLサイズとほぼ同じ大きさです。

ドッグコット型ベッドを選んだ時の記事:『暑い夏にぴったり、ドッグコット型・大型犬用ベッドに決めた!

セナが子犬の時から気になっていたサンフランシスコのP.L.A.Y.(プレイ)ベッド。P.L.A.Y.(プレイ)のベッドは、お値段がそれなりにします。大型犬サイズのLサイズだと25,000円+税。XLサイズで32,000円+税。でも実際に届いて使ってみると、お値段がするなりに良いものだと感じました。

ハウス用ベッドではなく、LサイズやXLサイズを購入してもよかったかもと感じた位です。ベッドの作りそのものがとても丁寧で、生地も丈夫。洗濯も出来て、クッション性も高いです。

また、ベッドをホリホリしたり、ハミハミしたりしても今のところ糸が出たり壊れる気配はありません。犬の歯が引っかかりにくい様に配慮された生地仕上げにもなっているので、他のベッドよりも長く使えそうです。

ベッド、気に入ってくれたみたいです

ゴールデン・レトリーバーセナ2歳8ヶ月

以前、Amazonで人気・評価上々・大型犬サイズでお値段安くて・ハウスにぴったりサイズのクッションマットを購入したことがあったのですが、セナが少し遊んだらすぐにダメになってしまいました(こちらのマット)。全く機能しなかったと言っても良いくらいでした。その経験から値段相応なんだなということを改めて実感して、高くても長く使えるもの、お手入れをしやしすい物を選ぼうと思ったのです。

P.L.A.Y.(プレイ)ベッドをかしゃかしゃして遊ぶこともありますが、ハウスから持ち出して遊ぶことは少なく、しっかりとした作りのベッドを選んで良かったです。


この記事を読んだ人に読まれています