Category Archives: 犬の健康

ビオフェルミンR錠とビオフェルミンS錠の違い[犬の下痢対策]

ビオフェルミンR錠とビオフェルミンS錠の違いに関する記事です。 抗生物質を飲むと必ずといって良いほど、軟便になり下痢をするゴールデン・レトリーバー セナ。整腸剤は、ビオフェルミンS錠・ミヤリサンともに自宅に揃えてあります…

Read More »

【1歳〜1歳半】指間炎・包皮炎などの皮膚炎治療内容・経過まとめ[犬の皮膚炎]

2016年1月頃に悪化したゴールデン・レトリーバー セナ1歳の皮膚炎(主に指間炎・包皮炎)は、2016年3月中旬より動物病院を変えて、継続治療中です。 ゴールデン・レトリーバー セナ1歳5ヶ月   ▼指間炎をは…

Read More »

皮膚炎を治すために、動物病院を変える、動物病院を選ぶ。その時に考えていたこと。

ゴールデン・レトリーバー  セナの皮膚炎がなかなか治らず、治療は一進一退、良くなることもあれば症状が再発することもあります。 このまま同じ動物病院に通い続けても、皮膚炎が良くなる可能性が少ないのではないか。そう考えて、皮…

Read More »

陰嚢・陰茎・肛門に炎症を起こしました[犬の皮膚炎]

2015年11月、ゴールデン・レトリーバーセナが生後11か月の頃でした。肉球の間に炎症を起こし、指間炎になりました。 同じ11月に、陰嚢(いんのう)の辺りも炎症を起こしていました。肉球の間の指間炎と一緒に、動物病院で診て…

Read More »

繰り返す犬の皮膚炎『指間炎』。肉球の間が赤い・・・

繰り返す犬の皮膚炎『指間炎』。肉球の間が赤い・・・ ゴールデン・レトリーバー セナが、肉球をよく舐めて、肉球の間の毛を引っ張ってむしる。そんな症状が初めて出たのは、2015年8月・生後8ヶ月のことでした。肉球は炎症を起こ…

Read More »

【ヒルズを3種類試した結果】犬の下痢・軟便を治したのは、ヒルズのw/dドッグフードでした

ゴールデン・レトリーバー セナが生後5ヶ月の子犬の頃、下痢が続いていました。検便をしても問題ない、原因が分からず続く軟便に、とても困っていました。下痢の原因を特定するのは難しいですが、散歩中に他犬にマズルを噛まれた後の抗…

Read More »

[生後2ヶ月〜1歳迄]大型犬の動物病院通院記録。診察内容・薬・費用、全部まとめました!

2014年12月生まれのゴールデン・レトリーバー セナが家族になった、生後2ヶ月から1歳まで(2015年2月〜2015年12月)までに通った動物病院の通院内容を一覧にしました。どんな診察内容で、どんな薬で、どんな経過だっ…

Read More »

犬の耳、かゆみ・赤い湿疹。原因はダニ・ノミ?動物病院へ。

生後8ヶ月頃、ゴールデン・レトリーバー セナの耳をみるとポツポツと赤い湿疹ができていました。耳に湿疹ができるのは初めてのこと、耳の汚れとは違う感じです。 耳に、ところどころ赤みがあります 生後8ヶ月 ゴールデン・レトリー…

Read More »

下痢を治すために動物病院を変える。ヒルズ療法食の種類をr/dに変えて、異なるアプローチ。

子犬の下痢を治すために動物病院を変えました。   ゴールデン・レトリーバーの子犬(生後5ヶ月)の下痢を治すために、ドッグフードをヒルズのプリスクリプション・ダイエット 療法食 i/d 缶に3日間変えました。 ヒ…

Read More »

ヒルズの療法食(id缶)をあげた結果。下痢は一旦治った!でも。。。

ゴールデン・レトリーバーセナ(生後5ヶ月)の下痢が治らず、慢性的になってきてしまいました。 子犬が、他の犬に咬まれ怪我をしてから下痢が治らなくなり、毎週のように動物病院に通っています。下痢止めの注射もし、下痢止めの内服薬…

Read More »