大型犬向け食器・給水 犬グッズ

大型犬用フードボウルの選び方とおすすめの食器

大型犬用フードボウルの選び方
大型犬おすすめの食器・食器台

大型犬の食器サイズ

犬を迎えると決まった時に、最初に必要なグッズの1つが食器です。

セナをお迎えすると決まった時もどの食器を選んだらいいのかとても悩みました。

この記事では大型犬フードボウルを選ぶために知っておきたい食器のサイズ・食器の材質・食器台のことを網羅的にまとめています。

さらに記事後半には、大型犬にオススメの食器&食器台、実際にセナに選んだ食器&食器台についても書いてます。

最初に、大型犬の食器サイズ選びについて確認したいと思います。

 
 

大型犬の食器サイズ選び

 愛犬の食器を選ぶにあたりまず知っておきたいのは、大型犬成犬に最適な食器のサイズです。

ステンレス製 犬 食器

食器サイズの選ぶ目安は、ドライフード・手作り食に関わらず食べた時にこぼれない大きさです。

食器が小さいとフードやごはんが食器いっぱいなってしまい食べた時にこぼれますし、食器が大きすぎてもご飯が広がって食べにくくなってしまいます。食器の半分程度の量におさまると食べやすい様です。

大型犬の場合、食器の大きさを子犬の時と成犬になるにつれて変えてあげた方がいいでしょう。

大型犬子犬 食器
生後2ヶ月 ゴールデン・レトリーバー セナ

セナをお迎えする時に選んだ食器&食器台もとても気に入っていたのですぐに使わなくなったのは残念でしたが、大型犬ならではのことです。

あわせて読みたい

犬用食器を選ぶにあたり、大型犬・中型犬・小型犬などの大きさに関わらず大事なのが食器の材質についてです。

犬用食器の材質選び

食器に使われる材質の種類

犬用食器に使われる材質の種類は主に3種類です。

フードボウルの材質は、どれがいい?

大型犬の食器選び
  1. プラスチック
  2. 陶器
  3. ステンレス


犬用食器の材質による特徴の違いがあります。

[犬用食器]材質による特徴の違い

食器の種類メリットデメリット
プラスチック落としても割れにくい・軽いので食器が動きやすい
・食器で遊ぶ犬には不向き
・傷が付くと雑菌が繁殖し不衛生になりがち
・アレルギーを引き起こす可能性有
陶器重さがあるので安定する
ぬめりがつきにくい
・重い
・落として割る、欠けなどの危険がある
ステンレス傷が付きにくく衛生的
アレルギーの心配が少ない
・デザイン性に乏しい

プラスチック・陶器・ステンレスそれぞれの材質にメリット・デメリットがありますので、一概にどれが良いとは言い切れませんが衛生面・安全面を考えると、ステンレス製か陶器製のフードボウルが安心だといわれています。

プラスチック製の食器でアレルギーを起こす?

中にはプラスチックなどの素材にアレルギー反応を起こす犬もいるようです。動物病院でアレルギーのお話をする中で「食器何使ってる?」と医師に聞かれたことがあります。

犬 食器 プラスティック

「使っている食器は、ステンレス製です」と答えたところ、「ステンレスなら大丈夫だね〜。」と言っていました。

食器やおもちゃの素材、プラスチックやゴムなどでアレルギーを起こしてしまう場合もあるようなので、その点は注意した方が良さそうです。

ステンレス製の食器は安全性が高い

最もよく使われている犬食器は、ステンレス製です。

お手入れがしやすく錆びにくい良質なステンレス素材を選べば長く使うことが可能です。プラスチックの様にヒビが入ることもないため衛生的に使うことができます。

大型犬食器の選び方

また、アレルギーを引き起こす心配が少ないのもステンレス素材の食器です。

陶器製の食器も安全性が高い

陶器製の犬用食器もステンレス製と同じ様に衛生的に使うことができますので、アレルギーの心配が少ないです。

BAUER POTTERY DOG BOW4


from DOG BOWL

陶器でできた犬用食器は可愛らしさもありデザイン的にも選ぶのが楽しいです。

とはいっても、大型犬サイズの陶器製食器は販売しているメーカーが少ないのが残念なのですが、陶器ならではの良さもあります。

ル・クルーゼの大型犬用陶器食器

ル・クルーゼの大型犬用食器
可愛いのにLサイズの取り扱いがかなり少ない

扱いやすさとしては陶器製よりもステンレス素材の食器の方がが上をいくかなというところですが、セナ用にはステンレスも陶器も両方持っていて使い分けています。

関連記事

犬の負担を軽減させるために食器と一緒に使いたいのが、食器スタンドです。

 
 

あわせて使いたい犬用食器スタンド

犬が食事をする際にむせてしまうことが多い場合や食後にゲップを多くする場合は、食器を置いている場所の高さが合っていない可能性があります。

床に置いての食事は、犬の首や胃腸の負担になる可能性があります。特に大型犬は体高が高い為、食器台を使用して楽に食事をさせてあげた方が良いといわれています。

犬の食事の際に食器台が必要かどうかについては、諸説ありまだ議論は続いているようです。実際に、獣医師でも食器台はいらないという方もいれば食器台が必要と意見する方もいます。個体差もあり犬によっては床に食器を直置きで食べた方が合っている子もいるようです。

大型犬 食器台

こちらはNYブランド、Pottery Barn(ポッタリーバーン)の犬用食器&食器スタンドセット。これと全く同じものではないのですが似たものは今なら日本からも入手できます。(在庫少)

Pottery Barn  ボウルスタンド 大サイズ(食器直径23cm)

食器台の高さはどのぐらいが良い?

食器を置くスタンドの高さは、体高-10cmが目安といわれています。犬がドッグフードを食べている姿勢を見た時に、頭が落ちすぎずに食べれる高さが消化器に負担のない食器台の高さといわれています。

食器台がいるのかいらないかと同じように、食器台の高さがどのくらいが適切なのかも諸説あり個体差もあります。

食器台は2種類ある

食器台には主に2種類あり、『食器を台に置くだけのタイプ』と『すっぽりと食器をセットできるタイプ』があります。

大型犬に使える食器台が具体的にはどのようなものがあるのか見ていきたいと思います。

まずは『食器を台に置くだけのタイプ』です。

食器を置くだけの食器台タイプ

Amazonで人気がある犬用食器台は、ドギーマンのウッディダイニングです。

高さは、8、11、14、17cmと調整することができます。

高さが調整可能の犬用食器台

ドギーマン ウッディダイニング

食器台高さ8cm〜17cmまで調整可能

食器台には滑り止めがついており、食器が滑りにくい工夫がされています。

滑りにくい食器を合わせるとGood

ドギーマンのウッディダイニングのように置くだけタイプの食器台を使う場合は、念のため食器の裏側に滑り止めが付いているものを選ぶとより滑りにくく犬も食事がしやすいでしょう。

例えば、こちらのステンレス食器は底面に滑り止めがついています。

滑り止めラバーリング付
ステンレス食器

ステンレス食器

床において食べる時に食器が動いしまうのが気になる子にもおすすめです。

裏側はこんな感じでラバー付きです。

犬のステンレス食器

ドギーマンのウッディダイニングのように食器台の高さが調整できるものは、子犬から成犬まで成長に合わせて使うことが出来る点が魅力です。

一方で、現在犬の食器台で主流になっているのは、食器を食器台にはめ込むタイプです。

食器をセットできる食器台タイプ

1.Meshidai(めしだい)

Meshidai(めしだい)は、食器は陶器製・食器台は木できている小型犬〜大型犬まで対応の食器シリーズ。獣医師のアドバイスを元に、食器台の高さを設定。犬に負担がないよう作られたこだわりの犬用食器です。

シングルタイプ(食器1つ)とダブルタイプ(食器2つ)があります。

陶器製のためサビなどの心配もなく、重厚感がありオシャレな犬用食器です。

獣医師のアドバイスを元に作られた犬用食器"Meshidai"
大型犬 食器 meshidai

スクエア型はMeshidai(めしだい)旧タイプ。
残念ながら大型犬のLサイズは在庫限りで終売。

備品が充実しているホテルではMeshidai(めしだい)が置かれていることもあり、セナもMeshidai(めしだい)を使ったことがあります。しっかりとした作りでMeshidai(めしだい)の品質は良さを感じました。Mサイズまでは継続販売、大型犬向けのLサイズが終売なのは寂しいです。直接お聞きしてみたら、大型犬用食器の需要が少なくて・・・とのことでした。残念。

Meshidai 大型犬用 Lサイズ 在庫あり店舗一覧 (各店在庫限り)
 シングル(食器1つ)ダブル(食器2つ)
ブラックAmazon・リプラス店Amazon・リプラス店
 楽天市場・ワイルドベリーパーク店楽天市場・ドッグプレイス店
 楽天市場・ラビータ店 
モカ楽天市場・ラビータ店Amazon
シロ楽天市場・ワイルドベリーパーク店 

※線が引いてあるショップは完売です

LサイズとMサイズについて

大型犬サイズとされてるLサイズは終売なのですが、Mサイズを使った感じでは量的にも問題なく全然使える!と思いました。特にドッグフードメインの子でしたら、容量はMサイズで問題ないと思います。もしこのMeshidai(めしだい)シリーズが気になるなという場合はMサイズを検討してみても良いのではないのでしょうか。
リニューアル後のMeshidai(メシダイ)は丸型へ

スクエア型はまだ販売していますが旧シリーズという位置付けになっており、最新のMeshidai(メシダイ)丸型のMeshidai Gohan(メシダイごはん)シリーズです。

Meshidai Gohan(メシダイごはん)シリーズ

メシダイごはん

規格的にはMサイズ(〜体重25kg程度)までしか作られていません。

しかしながら、手作り食で使ってみた感じですとMサイズでも問題なく使えました。しかも、ボウル型の器が食べやすそう。スクエア型と同様大型犬であってもMサイズを検討してみてもいいじゃないかと思います。

丸い陶器が目を引く 新シリーズMeshidai Gohan:『メシダイごはん』サイズ・カラー 一覧表

次は、2つ目の大型犬用おすすめ食器&食器台セットです。

2. レトリーバー用品専門店おすすめの食器スタンド

大型犬グッズが揃っており何かと便利なレトリバー専門店のアイアンバロンでおすすめしているのは、高さ30cmの食器スタンド。食器スタンドの材質は、スチールにPE樹脂コーティング。

高さ30cm大型犬にぴったりです

大型犬 食器スタンド

食器は直径20cm以上であれば使うことができます。

写真のステンレス食器はセット販売がされているもので、直径20cm深さ6cmです。食器の深さが6cmありますので、実際に犬が食事をする高さは24cmとなります。

価格と販売店

参考価格は、食器スタンド¥2,200・ステンレス食器¥1,814です。

食器スタンド・ステンレス食器併せて合計で¥3,974。

別々に購入することもできますし、単品で購入することもできます。

  • 【食器スタンド単品】アイアンバロンでは、この食器スタンドのサイズ感等をこちらで詳しく紹介しています。手持ちの食器を合わせて使いたい場合などに参考になると思います。(※注 スマホで閲覧の場合、右上でPC表示に変えるとより詳しい情報が閲覧できます)

次は、3つ目の大型犬用人気の食器&食器台セットです。

3. ステンレスダブル食器

フードボウルとウォーターボウルをセットで置くことのできるダブル食器タイプ。

S,M,Lの3サイズ展開で、大型犬向けのLサイズは幅44×奥行22×高さ32cm(食器台含めた全体サイズ)です。

大型犬 食器スタンド

ステンレスダブル食器Lサイズの価格は¥5,184。

2つのステンレス食器とそして食器台付と考えれば高くはないかなと思います。

ただ、ステンレス食器が多少薄めなのでしょうか、商品レビューによると食べる時には食器が動き、カチャカチャと音がなりやすいようです。音に敏感な犬など、食べる時に気になってしまう子もいるかもしれませんね。

ステンレスダブル食器の取り扱い店はPEPPY(ペピイ

 
 

大型犬の食器選びまとめ

この記事では大型犬成犬の食器サイズ・食器の材質による特徴の違い・食器台は必要か否か、そして大型犬に使える食器台と食器について確認してきました。

大型犬は成長に合わせて食器などを買い替える必要が出てきますが、できるだけ良い物を選び長く使っていきたいという気持ちを持って選んでいます。

子犬の時に使っていたステンレス食器もまだ使っています。(食器台はさすがに使えませんが・・・)

成犬になって最初に選んだ食器

大型犬の食器サイズ

身体が大きくなりほぼ成犬サイズに達したセナには、こちらの高さ30cmシンプルな食器&スタンドセットを選びました。

使用感・サイズ感のわかる詳しい記事:【大型犬の食器台】高さ30cmの食器スタンドで楽に食事を[使用感のまとめ]

食器台


この記事を読んだ人に読まれています
◇G's Family トップページに戻る◇

-大型犬向け食器・給水, 犬グッズ
-, , ,