犬の健康

犬にも使える服薬ゼリー

犬の健康 犬の漢方治療 薬の飲ませ方

苦くてワンコが飲めないお薬に服薬ゼリーを使ってみました

苦くて飲めないお薬に服薬ゼリーを使ってみました ゴールデン・レトリーバーセナ4歳10ヶ月、下痢に処方された漢方薬「五苓散(ごれいさん)」。 これまで飲んでいた漢方薬は全て錠剤だったのでご飯と一緒に食べ ...

手作りごはん切り落とし馬肉

犬のアレルギー検査 犬の健康

馬肉の食物アレルギー?[2度目の除去食試験]鹿肉の除去食試験の結果を改めて考察してみた

馬肉の食物アレルギー?[2度目の除去食試験] 鹿肉の除去食試験の結果を改めて考察してみた 現在ゴールデン・レトリーバーセナは4歳9ヶ月。 遡ること9ヶ月前4歳になりたての頃に、食物アレルギーを探るため ...

犬の下痢食事対策と漢方

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康 犬の手作りごはん 犬の漢方治療 [セナごはん]実際の手作り食

漢方医指導の下痢を治し体調を整える食事[犬の漢方]

漢方医指導の下痢を治し体調を整える食事[犬の漢方] 前回の記事では漢方クリニックでの問診・触診そして処方された漢方薬について書きましたが、今回は漢方医の先生に指導してもらった食事内容についてまとめまし ...

犬の漢方

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康 犬の漢方治療

漢方クリニックへ。IBD(炎症性腸疾患)の疑いと心臓[犬の漢方]

2019/5/22    , ,

漢方クリニックへ IBD(炎症性腸疾患)の疑いと心臓 [犬の漢方] ゴールデン・レトリーバーセナ3歳から4歳にかけて下痢・血便・嘔吐を頻繁に繰り返すようになり動物病院にかかりました。 犬のIBD(炎症 ...

鹿肉(犬生肉用)

犬のアレルギー検査 犬の健康

鹿肉で食物アレルギーの除去食試験を行った結果[犬のアレルギー検査]

鹿肉で食物アレルギーの除去食試験を行った結果 [大型犬の手作り食] 指間炎やお尻の痒みなどが強いことから、ゴールデン・レトリーバーセナ4歳手前の頃に食物アレルギーの除去食試験を行いました。 除去食試験 ...

no image

血液検査・健康診断

血液検査の結果 (4歳1ヶ月)[犬の健康診断]

血液検査の結果と見解 (4歳1ヶ月)[犬の健康診断] ゴールデン・レトリーバーセナ4歳1ヶ月、犬のIBD(炎症性腸疾患)である可能性が高いといわれ セカンドオピニオンと内視鏡検査の相談のために訪れた動 ...

犬の内視鏡検査

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

内視鏡検査の検討とセカンドオピニオン[犬のIBD]

セカンドオピニオンと内視鏡検査の検討[犬のIBD] 犬のIBD(炎症性腸疾患)の可能性が高いといわれ 抗生物質を飲むことでしか下痢や血便・嘔吐の症状に対処できていない状態に いてもたってもいられず ま ...

犬の健康診断血液検査の結果

犬の健康 血液検査・健康診断

血液検査の結果と見解 (3歳10ヶ月)[犬の健康診断]

血液検査の結果と見解 (3歳10ヶ月)[犬の健康診断] 3歳10ヶ月、嘔吐・下痢・血便が続いた際に実施した血液検査の結果と獣医師の見解についてまとめた記事です。 基本の血液検査に加えて膵臓機能を測る血 ...

抗生物質パセトシン (アモキシシリンカプセル)

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

抗生物質かステロイドか[犬のIBD]

抗生物質かステロイドか[犬のIBD] ゴールデン・レトリーバーセナ3歳10ヶ月頃(2018年10月)から 下痢・血便・嘔吐を頻繁にするようになり、動物病院にかかった時の治療記録です。 これまでの経緯 ...

抗生物質フラジール

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

抗生物質フラジールの処方( 2 )体調変化まとめ[犬のIBD]

抗生物質フラジールの処方 ( 2 )体調変化まとめ [犬のIBD] 前回の記事「抗生物質フラジールの処方( 1 )クロストリジウム菌」で 連日嘔吐と血便に抗生物質フラジールが処方されたことを書きました ...

Copyright© ゴールデンレトリーバーとの生活、はじめます - G's Family - , 2019 All Rights Reserved.