Category Archives: 犬の皮膚炎治療

【犬の新薬アポキル錠 – 1 】アトピー性皮膚炎のかゆみ止め、アポキル錠の効果とは。[犬の皮膚炎]

犬のアトピー性皮膚炎のかゆみ止め新薬、アポキル錠を試すことになりました。 2016年9月上旬、ゴールデン・レトリーバー セナの指間炎をはじめとする皮膚炎のかゆみ止めとして、動物病院で処方されたのが新薬アポキル錠でした。新…

Read More »

ビクタスクリームとヒビクス軟膏の違い・共通点・購入先について[犬の皮膚炎]

犬の皮膚炎治療・指間炎治療に頻繁に使われる ビクタスクリームとヒビクス軟膏の違い・共通点・購入先についてまとめた記事です。   ゴールデン・レトリーバーセナの指間炎治療のために、1歳3ヶ月の頃に動物病院で処方さ…

Read More »

犬の皮膚炎緩和・消毒に、天然ひば油。優れた抗菌作用[犬の皮膚炎]

犬の皮膚炎緩和・消毒に、天然ひば油。優れた抗菌作用[犬の皮膚炎] 犬の皮膚炎を緩和する方法の一つとしてひば油が有効、犬の虫除けにもひば油が効果的と知り、ひば油について調べはじめました。すると、ヒバのアロマオイルは本当に良…

Read More »

指間炎の原因を探る。(3)耐性菌、その後の治療[犬の皮膚炎]

ゴールデン・レトリーバー セナの指間炎・包皮炎などの皮膚炎を治すために、動物病院を変えたのは2016年3月のこと。抗生物質を使っても皮膚炎がなかなか改善しなかった理由の1つは、薬剤耐性をもった耐性菌にありそう。ということ…

Read More »

指間炎の原因を探る。(2)多剤耐性菌が原因だった?[犬の皮膚炎]

ゴールデン・レトリーバー セナが指間炎・包皮炎などの皮膚炎を治すために、動物病院を変えたのは2016年3月のこと。今回の記事では、2016年3月に動物病院を変えたのちに、最初に行った細菌培養検査で検出された細菌3種と、そ…

Read More »

指間炎の原因を探る。(1)細菌・真菌感染の検査[犬の皮膚炎]

診察料指間炎の原因を探る。(1)細菌・真菌感染の検査[犬の皮膚炎] ゴールデン・レトリーバー セナが皮膚炎を治すために、動物病院を変えたのは2016年3月のこと。2016年6月現在、包皮炎は以前より良くなりました。(包皮…

Read More »

【1歳〜1歳半】指間炎・包皮炎などの皮膚炎治療内容・経過まとめ[犬の皮膚炎]

2016年1月頃に悪化したゴールデン・レトリーバー セナ1歳の皮膚炎(主に指間炎・包皮炎)は、2016年3月中旬より動物病院を変えて、継続治療中です。 ゴールデン・レトリーバー セナ1歳5ヶ月   ▼指間炎をは…

Read More »

皮膚炎を治すために、動物病院を変える、動物病院を選ぶ。その時に考えていたこと。

ゴールデン・レトリーバー  セナの皮膚炎がなかなか治らず、治療は一進一退、良くなることもあれば症状が再発することもあります。 このまま同じ動物病院に通い続けても、皮膚炎が良くなる可能性が少ないのではないか。そう考えて、皮…

Read More »

犬の包皮炎。消毒液の種類・消毒方法[犬の皮膚炎]

陰嚢(いんのう:おタマの部分)の皮膚炎から、おちんちんの外側の炎症、包皮炎まで発症してしまいました。犬の包皮炎を治すためには消毒することが大事だそうです。 犬の包皮炎が悪化 今回の記事では、包皮炎の消毒方法・消毒に使って…

Read More »

大型犬のエリザベスカラー。ソフト素材のカラーを選びました!

大型犬のエリザベスカラーに関する記事です。   ゴールデン・レトリバー セナは、もうすぐ1歳3ヶ月。1歳を過ぎたあたりから、指間炎など部分的に皮膚炎を起こすようになりました。 ゴールデン・レトリーバー セナ 1…

Read More »