犬の指間炎を治すための治療方法まとめ



[犬の指間炎・治療方法まとめ]指間炎の完治を目指して。

指間炎 肉球の間炎症

動物病院で治らないといわれてしまうことも多い犬の指間炎。肉球の間、指間の毛が変色したり、真っ赤になって腫れ上がってしまったり、そして痒みからかひっきりなしに手を舐めてしまうのが指間炎です。

アイコンこんな症状が出たら指間炎
  • 四肢をひっきりなしに舐める
  • 肉球の間、指間などが赤い

四肢を舐める行動は、犬がお手入れをする一環として多少なりともみられる行動です。しかしながら、四肢を舐めている時間が長く唾液でベチョベチョに濡れるまで舐めてしまうのは、お手入れの範疇を超えています。

「舐めているから炎症を起こすのか」

「炎症を起こしているから舐めているのか」

最初は、舐めているから炎症を起こすと考えがちです。獣医師の中にも、ストレスから舐めているんだろうと決めてかかる方もいます。しかし、「炎症を起こしているから舐めている」という立場にたたないと指間炎治療は進んでいきません。

(ストレスが一因になっている場合もあるので、ストレス除去は同時に行なっていくべきことです)

アイコン指間炎治療方法のまとめ

ゴールデン・レトリーバーセナの指間炎治療の履歴、動物病院ではどのような治療をしたのか、関連記事をここに一挙にまとめました。

細菌検査・抗生物質・ステロイド服用、アレルギー検査・アレルギー除去を経て、かゆみ止めのアポキル錠服用へ。

まだ指間炎治療は続いていますが、指間炎発症当初より指間炎はかなりよくなりました。最初の頃はエリザベスカラーをもう一生しないといけないのではないかと、思ったほどでした。

また自宅でできる指間炎ケア用品などについても書いています。

飼い主の心も折れてしまいそうになることがありますが、セナのためにはとにかく諦めないことが大事だと思い、なんとか指間炎完治を目指していきたいと思います。

チェックアイコン40最初に指間炎の症状がではじめた (生後8ヶ月)

繰り返す犬の皮膚炎『指間炎』。肉球の間が赤い・・・

生後8ヶ月頃の指間炎の症状および動物病院で処方された薬について書いています。

チェックアイコン40指間炎を治すために動物病院を変えました (1歳3ヶ月)

皮膚炎を治すために、動物病院を変える、動物病院を選ぶ。その時に考えていたこと。

チェックアイコン40新しく通った動物病院での指間炎治療履歴 (1歳3ヶ月〜)
チェックアイコン40皮膚炎治療のためのエリザベスカラー (1歳〜1歳9ヶ月)
チェックアイコン40アレルギー検査( IgE検査・リンパ球検査 ) (1歳3ヶ月)
チェックアイコン40食物アレルギー除去食開始 (1歳4ヶ月〜)
チェックアイコン40痒みを断ち切るお薬アポキル錠の服用記録(1歳9ヶ月〜現在)

◇2016年9月(1歳9ヶ月)
皮膚炎治療のため、期待の新薬アポキル錠を飲み始める[2016年9月]G’s Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録 

【犬の新薬アポキル錠:服用記録】アポキル錠はじめての1週間 ( 指間炎のbefore:after写真掲載 )[犬の皮膚炎]

◇2016年9月〜2017年6月(1歳9ヶ月〜2歳6ヶ月)
犬の指間炎治療記録【アポキル錠の服用記録と指間炎症状写真】

◇2017年7月〜2018年5月 (2歳7ヶ月〜3歳5ヶ月)
減薬成功期間あり】犬の指間炎治療 & アポキル錠服用記録

詳細なアポキル錠服用記録は、毎月更新しているゴールデン・レトリーバーセナの成長記録の記事最下表に記載しています。

 

チェックアイコン40新薬アポキル錠の基本情報
犬の指間炎を改善するための自宅ケア用品たち

自宅でできる犬の皮膚炎ケア・アヴァンス

チェックアイコン40動物病院で勧められた薬用シャンプー
チェックアイコン40自宅での指間炎痒みコントロール(医薬品)

アポキル錠は動物病院の獣医師より、自己判断であげる・あげないを決めても大丈夫と伺いましたので、指間炎の状態・痒がりの状態をみてあげています。

コルタバンスも同様で、痒みが強い時に使用しています。コルタンバンスはステロイドなのですが、体内に吸収される際にはステロイドよりも弱い物質に分解されるアンテドラックといわれる医薬品です。そのため、スポットで使用するなら自己判断で使って良いと動物病院で伺っています。

矢印アイコンヒビクス軟膏については詳しくはこちらの記事:【犬の指間炎軟膏】ビクタスクリームとヒビクス軟膏の違い・共通点・購入先について[犬の皮膚炎]

チェックアイコン40医薬品以外自宅での指間炎痒みコントロールグッズ(消毒・抗菌)

共に動物病院で勧められた指間炎のコントロールです。クマザサは少し珍しいもので、温浴しなくとも、スプレーで吹きかけるだけでもいいそうです。(希釈して使用)

クマザサを使った後は自然乾燥を推奨しているようなのですが、セナには少し難しいです。

スプレーで吹きかける場合も濡れた状態が続くことになってしまうため、セナに使うときには温浴後にブロアーで完全に乾燥させています。

自然乾燥でも悪化しないのであれば、そのように利用するのが元々推奨されている利用方法です。

チェックアイコン40医薬品以外自宅での指間炎痒みコントロールグッズ(保湿)
チェックアイコン40犬用温泉化粧水アヴァンスについて
前足の指間炎アポキル錠服用記録2017年5月20日
チェックアイコン40指間炎治療のために気をつけていること
  • 肉球・指間が濡れた場合はしっかりと乾かすこと
  • 足裏バリカンができるなら、毛をカットして通気性をよくすること
  • 指間炎悪化している間は、ドッグランなどの指間へ刺激のあると思われる場所に行かないこと

指間炎に関する過去記事一覧

 

指間炎治療は継続中です。

随時更新していきたいと思います。


G's Family トップページ