抗生物質

犬の内視鏡検査

下痢・軟便 犬のIBD 犬の健康

内視鏡検査の検討とセカンドオピニオン[犬のIBD]

セカンドオピニオンと内視鏡検査の検討[犬のIBD] 犬のIBD(炎症性腸疾患)の可能性が高いといわれ 抗生物質を飲むことでしか下痢や血便・嘔吐の症状に対処できていない状態に いてもたってもいられず ま ...

抗生物質パセトシン (アモキシシリンカプセル)

下痢・軟便 犬のIBD 犬の健康

抗生物質かステロイドか[犬のIBD]

抗生物質かステロイドか[犬のIBD] ゴールデン・レトリーバーセナ3歳10ヶ月頃(2018年10月)から 下痢・血便・嘔吐を頻繁にするようになり、動物病院にかかった時の治療記録です。 これまでの経緯 ...

抗生物質フラジール

下痢・軟便 犬のIBD 犬の健康

抗生物質フラジールの処方( 2 )体調変化まとめ[犬のIBD]

抗生物質フラジールの処方 ( 2 )体調変化まとめ [犬のIBD] 前回の記事「抗生物質フラジールの処方( 1 )クロストリジウム菌」で 連日嘔吐と血便に抗生物質フラジールが処方されたことを書きました ...

クロストリジウム菌下痢症(犬)

下痢・軟便 犬のIBD 犬の健康

抗生物質フラジールの処方( 1 )クロストリジウム菌[犬のIBD]

抗生物質フラジールの処方 ( 1 )クロストリジウム菌 [犬のIBD] この記事は、4歳になるまでの数ヶ月間下痢と嘔吐の頻度が多くなり動物病院にかかったときの治療記録です。 2歳4ヶ月(2017年4月 ...

no image

指間炎治療 犬の皮膚炎治療

指間炎の原因を探る。(3)耐性菌、その後の治療[犬の皮膚炎]

ゴールデン・レトリーバー セナの指間炎・包皮炎などの皮膚炎を治すために、動物病院を変えたのは2016年3月のこと。抗生物質を使っても皮膚炎がなかなか改善しなかった理由の1つは、薬剤耐性をもった耐性菌に ...

no image

指間炎治療 犬の皮膚炎治療

指間炎の原因を探る。(2)多剤耐性菌が原因だった?[犬の皮膚炎]

ゴールデン・レトリーバー セナが指間炎・包皮炎などの皮膚炎を治すために、動物病院を変えたのは2016年3月のこと。今回の記事では、2016年3月に動物病院を変えたのちに、最初に行った細菌培養検査で検出 ...

no image

下痢・軟便 犬の事件・事故 犬の健康 犬の怪我と治療

子犬が犬に咬まれた傷の経過。抗生物質が原因と思われる下痢に。

他の犬に口元を噛まれるというアクシデントに遭遇したゴールデン・レトリーバーの子犬 (詳しい記事:他の犬に咬まれてしまいました。動物病院へ)。すぐに動物病院に連れて行き、抗生物質の注射を打ってもらいまし ...

Copyright© ゴールデンレトリーバーとの生活、はじめます - G's Family - , 2019 All Rights Reserved.