[犬の甘噛み対策]犬が夢中になる噛むおもちゃ『ウッディ・スティック』で甘噛み欲求を満たす!



犬の甘噛み対策の一つとして取り入れた、木の棒の噛むおもちゃ『ウッディ・スティック』に関する記事です

ゴールデン・レトリーバー セナが生後3ヶ月半の頃から、天然木のおもちゃ、ウッディ・タフ・スティックをあげるようになりました。

甘噛み全盛期のセナ、少しでも噛みたい欲求を満たしてあげようと探し、辿り着いたのが、木の棒の形をした噛むおもちゃでした。

セナのお気に入り、天然木の噛むおもちゃ

生後3ヶ月半ゴールデンレトリーバー
ゴールデン・レトリーバー セナ 生後3ヶ月半。幾つかサイズがあるのですが、生後3ヶ月半のセナ(体重7kg程度)に丁度良いのは、ミディアムサイズ(こちら )です。

 

ウッドスティックで遊ぶ犬だちの1分半の動画
小型犬から大型犬まで、カミカミ夢中

ウッドスティックを販売しているペットステージはアメリカの会社。本物のウッドチップでできているので食べても安心な素材なんだとか。犬の中には、枝を噛むのが大好きな子がいるのですが、本物の木を噛むよりもササクレになりにくくなっているので安全性も高いようです。

ペットステージのウッドスティックは、発売当時ペットプロダクトアワードで1位の賞を獲得

ペットステージ

噛んではいけないものを、子犬が噛む時には『噛むおもちゃ』を

生後3ヶ月半子犬の成長記録(記事はこちら)では、甘噛みがひどいので、ウッドスティックを子犬のおもちゃとしてあげたと書きました。

生後3~4ヶ月は甘噛み絶頂期という感じで、甘噛み自体は子犬にとっては普通のこと。だから、やめさせるのではなく代わりのもを与えることが大事みたいなんです。噛みたい欲求を満たしてあげるってことですね。

そこで、噛むおもちゃを探して『ペットステージ (Petstages) ウッディー・タフ・スティック』に辿り着いたというわけです。Amazonで購入した為、おもちゃのサイズ感などがわからなかったのですが、生後3ヶ月半の大型犬子犬にはミディアムサイズで丁度良かったです。

 

子犬の乳歯が生え変わるまでは、小さめサイズで大丈夫

ゴールデン・レトリーバー セナの子犬の乳歯が完全に生え変わったのは生後5ヶ月過ぎのことでした。乳歯の時は、あまり固いおもちゃを噛ませないほうがいいとも聞くので、ウッドスティックで大丈夫かな?と思いましたが、噛ませている時も、その後の歯並び等にも影響や問題はありませんでした。

ウッディー・タフ・スティックのサイズは4種類

ペットステージ ウッドスティック

種類 サイズ 犬種目安 大型犬の目安
ジャイアント 5.5×3.5×21cm 大型犬〜超大型犬 成犬
ラージ 4.0×3.5×19cm 中型犬〜大型犬 成犬
ミディアム 3.5×3.0×13.5cm 小型犬〜中型犬 子犬
スモール 2.0×2.0×10.5cm 超小型犬〜小型犬

 

生後3か月の大型犬子犬、ウッディ・タフ・スティックのサイズ選び

ゴールデン・レトリーバーセナ生後3ヶ月

◆大型犬の子犬はすぐに大きくなるから、大きめのサイズがいい?
おもちゃのサイズが小さいと誤飲の可能性が心配。大型犬子犬の場合は、スモールサイズは小さすぎる感じ。ミディアムか、ラージサイズがちょうど良さそう。

◆小さいサイズだと削られてすぐに使えなくなってしまう・・・?
ミディアムサイズは、小さすぎるかな?すぐになくなってしまうかな?ミディアムサイズの上、ラージ ・ジャイアントサイズの大きめのサイズの方が、長持ちしていいいのかな。

◆でも、大きめのサイズだと、口の大きさに合わなくて噛みにくい?
子犬が気に入ってくれるサイズじゃないと、結局おもちゃって使ってくれないはず。大型犬といってもまだ子犬、ジャイアントサイズは大きすぎる!

以上のように考えた結果、生後3ヶ月のゴールデン・レトリーバー セナにはミディアムサイズを選びました。

すぐに使えなくなってしまうかもしれない点は仕方ないと思い、フルサイズで誤飲の可能性がないサイズ、そして生後3ヶ月すぎの子犬が噛みやすい身体にあったサイズがミディアムかなと。

実際、ミディアムサイズがとても噛みやすいサイズだった様でおもちゃを渡したその日から子犬のお気に入りになりました !

 

ウッディ・スティックは、予想以上に長持ち

生後3ヶ月〜生後6ヶ月の約3ヶ月で、ペットステージ (Petstages) ウッディー・タフ・スティックのミディアムサイズを2本消費しました。半分サイズになると誤飲の可能性が出てきてしまうので、半分までかじったら終わり、です。

1ヶ月半で、ミディアムサイズ1本のスピード

ウッドスティック ミディアム

予想以上に、長持ちしました

 

乳歯に完全に生え変わったあたりから、消耗のスピードがみるみる間に早く、あっという間にウッディー・スティックが小さくなってしまいました。もうミディアムサイズだと小さすぎる、ということでラージサイズを通り越して、ジャイアントサイズをあげることにしました。成犬になるとかなり、消費スピードは上がるかもしれません。

生後6ヶ月の子犬にジャイアントサイズの木の棒をあげました

乳歯が生え変わってから、ウッディー・スティックの消耗スピードがとっても早かったので、1番大きいジャイアントサイズにしましたが・・・

 

・・・ちょっと失敗!

いくら大型犬といっても生後6ヶ月の子犬にとって、ジャイアントサイズは長さ・太さともに、大きすぎ。噛みにくそうです。そして、子犬にとっては太すぎるので口でくわえても床にすぐ落としてしまいます。

生後6ヶ月の時点では、ジャイアントサイズよりも、ラージサイズが良かったようです。ラージサイズは、今まで使っていたミディアムサイズと太さはほぼ一緒でロングタイプになった感じのサイズです。

『子犬が噛みやすい、気に入ってくれる』ということを最優先に考えると、ラージサイズですね。長持ちを重視してジャイアントサイズにしましたが、結局噛みにくいとすぐにおもちゃ飽きてしまいますので、それはそれで困ってしまいます。

ウッド・スティック、ジャイアントサイズ到着!
『早く、開けてもらえます?』

ウッドスティック ペットステージ

サイズ感はちょっと失敗しましたが、それでも噛み噛みしてくれます。子犬に家具を噛まれてぼろぼろに・・・なんて悩みもあるかもしれませんが、ウッドスティックをはじめ早い段階で噛むおもちゃを与えているからか、生後6か月現在、家具はほとんど噛みません。

子犬に家具を噛まれたくないです。木製家具と同じような噛み心地のウッディー・タフ・スティックだから、子犬の甘噛み欲求を満たしてあげられるのかな〜と思います。

犬が夢中になる噛むおもちゃ、
ウッディー・タフ・スティックのサイズは4種類

ペットステージ ウッドスティック

種類 サイズ 犬種目安 大型犬の目安
ジャイアント 5.5×3.5×21cm 大型犬〜超大型犬 成犬
ラージ 4.0×3.5×19cm 中型犬〜大型犬 成犬
ミディアム 3.5×3.0×13.5cm 小型犬〜中型犬 子犬
スモール 2.0×2.0×10.5cm 超小型犬〜小型犬

この記事を読んだ人に読まれています

G's Family トップページ