大型犬リバーシブルベッドを1年使った感想まとめ



ゴールデン・レトリーバー セナが生後3ヶ月の子犬から使っているベッド、1歳になった今もまだ使い続けています。最近は、ベッドの買い替えも考えており、まずは1年もてば嬉しい・・・と、リバーシブルベッドを修理しながら使ってきました。

  • リバーシブルベッドの詳しい情報はこちら
  • リバーシブルベッドに決めた時の記事はこちら

『大型犬用ベッド・カドラー』通年使用可で丈夫なのが嬉しい。

▼ベッドは自分だけの安心できる場所
大型犬ベッド 生後11ヶ月
生後11ヶ月 ゴールデン・レトリーバー セナ

ベッドですやすや寝ることも。安心して寝ている姿をみると、こちらがホッとします。

▼生後3ヶ月の子犬のときから使っています

20150415ゴールデン・レトリーバー セナ

はじめての自分だけのベッド。とーっても嬉しそうでした。こんなに喜んでくれるなんて、選んだ甲斐あったと思わせてくれました。

 

そして、ゴールデン・レトリーバーの破壊力を実感する時、ベッドが壊される時が、やってまいりました。

ベッドから中わたが・・・

子犬の時は、ベッドから出ている糸をハムハムして、ひっぱり出す程度でした。

▼ベッドから糸が・・・!

大型犬用ベッド 20151028

糸を出たままだと遊び続けて、糸を引きちぎり食べてしまいます。そのため、糸が出るたびに切っていきました。


▼ついに、ベッドが壊されました

生後10ヶ月の時、ベッドの中わたを出してしまいました。ゴールデン・レトリーバー セナが生後10ヶ月の時といえば、子犬から成犬へと体力も充実してきて、今まで以上に元気一杯だと感じることが多くなってきた頃でした。

大型犬ベッド 壊れた生後10ヶ月

中わたを出して食べてしまうので、このままでは使うことが出来ません。ベッド生地も毛玉ができ随分と傷んできた感じです。リバーシブルベッドは、カバーとベッド一体型のため、洗う時は丸洗い。傷みやすい原因の1つかもしれません。

この時、ベッドの買い替えを検討し始めたのです。ベッドの買い替えといっても、いくつか候補はあるもののどれを選んだらいいかすぐに決められませんでした。まずは、ベッドの破れた部分の修理を試みることに・・・。


▼一時的に、ベッド復活

ベッドの修理といっても、手縫いで簡単に縫い合わせただけの簡単修理。それでも、更に3ヶ月持ちました。

1歳大型犬ベッド

ベッドから糸が出てたり、ワタが出てたりすると、そこからすぐに壊してしまいます。一旦修理をして、破れた部分が一目でわからない限りは、気にならないようです。


▼最後は、破れにくい面を使って対応

リバーシブルベッドなので、両面使うことができます。サラッとした夏用の面は一度遊ばれてしまうと糸が出たり、破れてしまう可能性が高いです。そのため、冬用のフリース面を積極的に使っていました。

リバーシブルベッドの使い心地まとめ

生後3ヶ月から使ってきたリバーシブルベッド、1年間どんな風に使ったか、その使い心地についてまとめました。

リバーシブルベッド(LLサイズ)基本スペック

  • 外寸:約100x70x20(高さ)cm
  • 内寸:約65x46x10(高さ)cm
  • 重量:約2.5kg
  • 素材:ポリエステル100%
  • 楽天市場販売店→こちら
  • Amazon販売店→こちら

 

▼リバーシブルベッドの洗濯

手洗いによる丸洗い可能です。ですが、いざ丸洗いすると、かなり大変で乾かす時間もかかりました。ベッドの中まで乾かすために、数日間天日干しをします。そのため、天気の良い日が続く時を狙って洗いました。

大型犬ベッド 洗濯

お風呂場で手洗い・・・というより手では足りず、脚で踏んで洗っていました。

▼リバーシブルベッドのお手入れ

ベッドを丸洗いをするとなると一苦労でしたので、普段のお手入れはコロコロで毛をとって、除菌スプレーやアロマスプレーをかける、天日干しをする。という方法でした。


▼リバーシブルベッドの耐久性

リバーシブルベッドが丈夫だったのか?と振り返ってみると、大型犬サイズのベッドで約¥7,000~¥8,000。1年もてば”値段相応”というべきかもしれません。

参考までに実際に使ってくださった方の声を紹介させて頂きます。セナとほとんど同じ年齢、1歳になったばかりのゴールデン・レトリーバー男の子です。なんと3日で中身のわたが出てしまったようです。

ベッドの中ワタが出るまで、たった3日の場合もあれば、半年以上の場合も。それでも、ゴールデン・レトリバーの子犬が使えば年単位での耐久性は考えにくいベッドなのだと思います。大型犬でも、成犬で既に落ち着いている子が使えばまた違った結果になったかもしれません。


▼カドラー型ベッドを選んで良かった

両面使えるので、季節によって面を変えていました。夏は暑いため、ベッド自体を使うことが少ないですが、カドラー型のため頭を置いたりと好きなように寝ていました。カドラー型を選んで良かったです。マット型よりもカドラー型で囲われていると、自分のスペースと認識するのが早いと思います。

ゴールデン・レトリーバー セナ 生後11ヶ月
ゴールデン・レトリーバー セナ 生後11ヶ月

▼中綿、しっかり

リバーシブルベッドの中綿量はしっかりしていました。ボリュームもありました。仕方がないのかもしれませんが、ベッドを丸洗いをして干すと、中綿がよりやすいのが気になりました。

【大型犬サイズ・リバーシブルベッド使用感まとめ】

リバーシブルベッドは、修理しながらではありますが1年持ちました。セナは、毎日リバーシブルベッドを口で咥えて振り回し、ベッドにマウンティングするのがほぼ日課です。結構乱暴に扱っていたとは思います。

もっと持ってくれるとなお嬉しかったですが、ゴールデン・レトリーバーの子犬期から1歳と最もやんちゃな時期に使っていたと思えば、納得かもしれません。

ベッドの買い替えを検討中

ベッドが破れたら修理。それでも何とか使うことはできますが、ベッド生地そのものが傷んできたこともあり、買い替えたいと思っています。

大型犬ベッドの基本5タイプに関するまとめ記事はこちら

どんな大型犬ベッドが好み?基本5タイプのまとめ

▼次は出来れば、こんなベッドを選びたい
  • カバーが取り外しできて洗濯可能
  • 抗菌加工
  • 丈夫なもの
▼ベッドの洗濯について

大型ベッドの丸洗い(手洗い)が大変だったので、次はカバーが取り外せて洗濯可能なベッドか、お手入れの簡単なベッドを検討中です。

▼抗菌加工

抗菌加工・防ダニ加工がされていると、嬉しいです。除菌剤や虫の嫌うアロマスプレーなどを吹きかけたりしていますが、ベッドに元々抗菌加工・防ダニ加工があればなお良いです。

▼丈夫なものを

ベッドの耐久性、気になります。ゴールデン・レトリーバー セナは現在1歳。まだまだ元気いっぱいです。ベッドそのもので遊ぶこと、マウンティングすることも多いので、なかなか長く使うのは難しいかもしれませんが、年単位で使うことができるととっても嬉しいです。

ゴールデン・レトリーバー セナ 1歳大型犬ベッド

▼具体的な大型犬ベッド候補

候補は、カドラー型からアウトドアでも使えるドッグコットまで幅広いです。

P.L.A.Y.マットベッド→こちら

レクトベッド PLAY 大型犬

P.L.A.Y.ラウンジベッド→こちら

kalahari大型犬ベッドplay

ペピイ 抗菌スクエアベッド→こちら

ペピイ大型犬ベッド

お手入れ簡単ゴムベッド→こちら

ファンタジーワールド オーバルタイプ

通気性抜群ドッグコット→こちら

gale pacific pets bed 大型犬

 

セナのためのベッド選び。まだ迷ってはいますが、どのベッドが気に入ってくれるかな、どのベッドだったら快適かな、と考えてる時間は楽しいものですね。

追記:夏直前!次のベッドは、通気性の良いドッグコットに決定!
記事はこちら

暑い夏にぴったり、ドッグコット型・大型犬用ベッドに決めた!


この記事を読んだ人に読まれています


G's Family トップページ