[2019年1月]G’s Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 4歳 1ヶ月 】



ゴールデン・レトリーバー セナ日常の様子(成長記録)。月別でまとめています。

ゴールデン・レトリーバー セナ
4歳1ヶ月  2019年1月

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳0ヶ月

そこで寝る?

 

2018年はセナブログG’s Familyに訪問いただきましてありがとうございました。2019年もゴールデン・レトリーバーセナをどうぞ宜しくお願いします。

矢印アイコン子犬期からの現在まで
過去のゴールデンレトリーバー セナ 成長記録記事一覧

アイコン

セナ日常の様子  2019年1月

Date:2019年1月10日(木)

 

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳0ヶ月、体重28.5kg。

年末年始のおやすみは、パパが毎日いて色々なところにお出かけできてとっても嬉しそうにしていました。

普段からスマホを使っているとセナから「もうやめたら?」とごもっともなご指導をもらうので使用時間を気をつけているのですが・・・年末年始はパソコンやスマホなどは必要最低限にして、セナとのお休みを満喫しました。

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳0ヶ月

12月に調子の悪かったお腹もクリスマス以降は好調をキープしており、お正月はしっかり食事をとることができました。動物病院で処方された整腸剤(プロバイオティクス)は継続的に飲んでいます。

ただ、お尻(肛門周辺)のかゆみが強く、年明けからかゆみ止めのお薬(アポキル)の服用が続いています。

年末には除去食生活の中で牛肉を解禁したのですが、この痒みに牛肉が関係しているのか現段階ではわかりません。今は牛肉を含め鹿肉以外を食べない除去食生活を再開し、様子を見ている段階です。

除去食生活はしばらく続きそうです。

 

2019年1月を振り返って

2019年1月の振り返りをまとめます。

2019年1月 セナ4歳1ヶ月
体重 28.5kg
食事 2歳4ヶ月(2017年4月中旬)、ドライフード(オリジン)から完全手作り食(生肉主体)へ移行完了
 食事-主な肉類 鹿肉のみ(除去食試験中)
→12/27で一旦終了。まずは牛肉解禁で様子をみる。
→1/3より鹿肉のみの除去食試験再開
 特に重宝している手作りごはんの補助食材 ゴートミルク
33種類野草とフルーツの発酵パウダー
お腹を壊した時の手作り食に使うのは、本葛粉 (記事はこちら)
お腹の調子 12/25より好調が続く
動物病院で処方された整腸剤(プロバイオティクス)を継続服用中。1日2錠のところ3錠服用。
指間炎の状態 四肢特に前両足の毛の変色(赤茶色)は治らない。肌の赤みは若干引いているようにも思う。
指間炎の治療 9月から開始した消毒をUFBを使用して適宜行っている。
他のかゆみ症状 肛門周辺のかゆみは相変わらずある状態。かゆみが強いのは指間よりも肛門。
お尻の引きずりが頻繁。肛門を舐め壊すことも。
皮膚炎の内服薬 1歳9ヶ月(2016/9)から服用を続けていた痒みを断ち切るためのお薬アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mgの継続服用は、2歳7ヶ月(2017/7)に一旦やめたものの2018年5月再服用へ。
アポキル錠の服用状況

 

  • G’s Family 2019年1月の記事一覧はこちら
  • ゴールデンレトリーバー セナの成長記録記事一覧
  • 生後2ヶ月〜1歳になるまでの体重・ドッグフード量・体調変化一覧はこちら

G's Family トップページ