ゴールデン・レトリーバー成長記録

夏、SUP、除去食試験[2019年8月]G's Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 4歳 8ヶ月 】

更新日:



ゴールデン・レトリーバー セナ
4歳8ヶ月  2019年8月
成長記録

THE CHIKURA UMI BASECAMP犬とグランピング

セナとはじめてグランピング!

THE CHIKURA UMI BASE CAMPにて

手軽にアウトドアを楽しむにはとても素敵なグランピング施設でした。

ただ特に犬連れの場合は施設情報も大事(特に夏は)。

HPにも施設情報が少ないのがネックに感じたので、遊び記事と併せて施設情報についても記事作成中。

記事作成しました
◇ グランピング施設「THE CHIKURA UMI BASECAMP」はこんなところ! 〜お部屋・アメニティ・設備ほか買い出し情報も
「THE CHIKURA UMI BASECAMP」旅行レポ編[犬とグランピング]

ゴールデン・レトリーバー セナ日常の様子(成長記録)です。月別でまとめています。

矢印アイコン子犬期からの現在まで ゴールデンレトリーバー セナ 月別成長記録

 

セナ日常の様子  2019年8月

Date:2019年8月11日(日)

駒澤大学 ランニンングステーションカフェ(犬店内可)

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳7ヶ月、体重28.0kg。

7月29日セナ地方の梅雨が明けてからは一気に猛暑へ。

夏バテしないように食事や暑さ・遊びすぎには気を使っていたのですが、また水下痢・血便になってしまいました。

嘔吐はなしです。

 

7月中旬までお腹の調子を崩していたので、1ヶ月という短い間にまた水下痢です。

去年はこの8月からお腹の調子を崩し始めて、徐々に悪化。その後半年程度お腹の調子が不安定な時期が続きました。

薬をやめると下痢に戻ってしまいIBD(炎症性腸疾患)の可能性が高いといわれた例の時期です。

IBDの疑い[2019年1月]G's Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 4歳 1ヶ月 】

咳と痰。気管支炎?[2018年9月]G's Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 3歳 9ヶ月 】

 

だからこそ、この夏の時期の下痢は侮れません。

昨年と違うのは漢方薬という手段があること。

梅雨と同じで夏は湿気が高くかつ水分量摂取も多くなるので、身体の水分調整機能がうまく働かなくなってしまうそう。

セナが大好きな水遊びができる季節でもある夏。

早く身体を戻して、遊ばせてあげたいです。

 

Date:2019年8月20日(火)

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳7ヶ月

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳7ヶ月、体重28.5kg。

ディアバスターを5日間服用し下痢から回復しました。

服用4日目頃から徐々に回復していった感じです。

最初漢方で様子を見たのですが一旦回復してこれで大丈夫かも!と思ったらすぐに下痢に逆戻りしてしまって、下痢止めのディアバスターを服用することにしました。

下痢止めは時には避けなければいけませんが、セナがお腹を崩す傾向からして長引かせることがより悪化を招く場合が多いことがわかってきたので、今回はディアバスターの服用へ。

食事療法だったり整腸剤だったりとできるだけ自然な形で治すことに努めていますが、胃腸はセナの弱い部分であるため出来るだけ腸の炎症期間を短くしてあげることも大事なこと。

動物病院処方お薬であるディアバスターと共に同シリーズの整腸剤ビオイムバスターも服用しました。

下痢止めのディアバスター
整腸剤のビオイムバスター

まだまだ暑い日が続くので油断はできませんが、まずは一旦下痢が治りホッとしています。

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳7ヶ月

ママのお祖父ちゃんのお家にて

セナからみればひーおじいちゃん

わしゃわしゃしてもらったり、こんな風に皆で話しているそばでいつも通りペターッとしていたり

プールもしたしね♡

とってもいい子だったよ、ありがとう♡

 

2019年8月を振り返って

暑い夏の8月が終わりました。

夏は昨年こともあり(お腹や体調を崩し始めてしまった時期)、夏バテさせないように一層気を配っていました。

8月は一度お腹を壊してしまいましたが、同時に嘔吐をしなかったのが去年との違いです。

お尻の痒みが減少した時期

かゆみ止めのアポキル錠を飲み続けていても感じている顕著な痒みが肛門周辺の痒みです。

お尻の引きずりも頻繁にあり先日「獣医師に聞いた「犬のお尻ひきずり」「肛門のかゆみ」の7つの原因」の記事にもまとめましたが、今セナが感じる痒みの箇所の中ではコントロールが難しい部分です。

ただ、8月上旬から中旬にかけてお尻のかゆみ改善がみられた時期がありました

ちょうど山中湖に滞在していた時期から痒みの減少がありました。

その後、栃木の自然に囲まれた私の祖父の家に一緒に滞在していた時もお尻引きずりがほとんどありませんでした。

このことから考えると今お薬を飲んでいても収まりきらない痒みの原因は環境要素(アトピー性)が強いのかな、

都会の排気ガスなど空気の汚れなどが1つの要因なのかな、とも思えましたが、

山中湖から帰ってきてもお尻の痒みは減少したままだったんです。

さあ、これをどう考えたらいいのか?

つまり、薬で抑えきれていない部分の痒みは環境要因が主な原因ではないということ??

 

一方で食物アレルギーの方も除去食にトライしていました。

食物アレルギーのための除去食試験

7月21日から引き続き、8月は馬肉を完全除去。

前述の様に、

薬を飲んでも感じているお尻の痒みの原因は環境要因が強いのかな、つまりアトピー性皮膚炎の原因の可能性が高いのかなと思ったのですが

痒みが減少した時期が馬肉を食べなくなって2週間ほどだったので、馬肉の食物アレルギーの可能性も捨てきれないなというところです。

除去食試験については詳しく別途記事にまとめたいと思います。

セナと新車

セナの今後を考えて車を新しくしました。

犬のための車買い替え

今はまだ4歳ですが、12月で5歳を迎え、シニア期の6-7歳はもうすぐそこです。

前の車でも荷台を倒してセナが横になれるスペースはあるのですが、今回選んだ車は前回より荷台が広いです。

もし、急に身体が動かなくなってしまったら、もし急に怪我したら・・・

そんな時に病院に行くのにもフルフラットになればセナもゆっくりと横たわって連れて行ってあげられるのでは・・・と。

もし、そのまま身体が動かなくても、お出かけ大好きなセナとどこにでも行けるようにと。

 

セナもあと数年で迎えるシニア期の6-7歳には悪性腫瘍などのガンを患う子も多いです。

見つけるのは往々にして遅くなりがちで急速に悪くなってしまう場合もあり、そんな時に車の買い替えなんて出来ません。

そんなことに時間を使いたくないって思うはず、少しでも長く今も一緒にいたいと。

だからこそ将来に備えて、今私たちができる選択の中でセナにとってよりよいものをと選びました。

遊びに行くとチラホラと見かけるワゴン車をキャンピングカーの様にカスタマイズ、なんていうのも大型犬だときっと快適なんだろうな。と興味は持ちつつ、、

 

買い替え前の車もセナのために買った車だったので私たち夫婦はちょっとした寂しさを感じていたものの、新車がきたらセナはすんなり新車の方へ。

「僕の車こっちじゃないの〜?」なんていうのはなく、飲み込みが早いというのか割り切りが良いというか(笑)

セナと過ごした夏

セナ4歳の夏。

大型犬は3-4歳が一番体力も充実していて、かつ落ち着きも出始めて色々なことを一緒に挑戦するにはちょうど良い年齢。

まぁ水を目の前にしたセナに落ち着きの文字は4歳になった今もどこにもないけど(笑)

SUPwithDOG犬とSUP

これまでセナとSUPをやるのは主にパパでしたが、今年の夏は私もセナとのタンデム(2人乗り)に成功!

セナとの一体感を感じながらのSUP、すごく嬉しかったし、楽しかった♡

セナはママが慌ててようが御構い無しでSUPに乗ってくる、超マイペース!

なぜかって、おいてかれまいと必死になるから(笑)

 

今月の体調・食事・服薬の概要

2019年8月 セナ4歳8ヶ月
体重 28.5kg
食事 2歳4ヶ月(2017年4月中旬)、ドライフード(オリジン)から完全手作り食(生肉主体)へ移行完了
 食事-主な肉類 7/20より馬肉一旦中止、8月も除去継続。
8月の肉類は、鶏肉・牛肉のみ。
関係性については断言はできないが
馬肉をやめて2週間経過した8/3頃から顕著にお尻の痒み減少。
山中湖滞在とも同時期なので断定は難しい。
 特に重宝している手作りごはんの補助食材 ゴートミルク
33種類野草とフルーツの発酵パウダー
お腹を壊した時の手作り食に使うのは、本葛粉 (記事はこちら)
お腹の調子
薬ほか
心臓・自律神経の漢方:2/16-継続
4歳3ヶ月より:関節ケアのサプリメント「プロモーション700」開始
下痢:理中丸8/8,9
ディアバスターとビオイムバスター 8/10から15まで
指間炎の状態 [4歳6ヶ月〜4歳11ヶ月]アポキル錠と指間炎の記録
指間炎の治療 2018年9月から開始した消毒をUFBを使用して適宜行っている
消毒のおかげで8月は一度も軟膏を塗るほどに悪化することはなかった
肛門のかゆみ症状 痒み軽減のため2019/6/10より肛門周りの消毒も開始(指間炎と同じ消毒方法・病院指示)→その時は少し痒みが楽になるようだがごく一時的なもの
皮膚炎の内服薬 1歳9ヶ月(2016/9)から服用を続けていた痒みを断ち切るためのお薬アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mgの継続服用は、2歳7ヶ月(2017/7)に一旦やめたものの2018年5月再服用へ。
アポキル錠の服用状況 (7/13に1日中止、2日後よりお尻の痒み増大のため8月も連続服用中)31日間服用

G's Family トップページ


-ゴールデン・レトリーバー成長記録
-, , , , , ,

Copyright© ゴールデンレトリーバーとの生活、はじめます - G's Family - , 2019 All Rights Reserved.