指間炎治療とアポキル錠の服用記録 犬の皮膚炎治療

指間炎とアポキル錠の記録[4歳6ヶ月〜4歳11ヶ月]

更新日:



指間炎とアポキル錠の記録[4歳6ヶ月〜4歳11ヶ月]

犬の指間炎

ゴールデン・レトリーバーセナの4歳6ヶ月から4歳11ヶ月(2019年6月〜2019年11月)までの指間炎症状とかゆみ止めのお薬アポキル錠服用記録についてまとめた記事です。

毎月追記する形で更新していきます

これまでのアポキル錠服用記録と指間炎の詳しい状態

下記の記録はアポキル錠の服用日数と指間炎の状態を月ごとで振り返った記事です。

1歳9ヶ月アポキル服用開始直後(2016年9月)

1歳9ヶ月から2歳6ヶ月の服用記録と指間炎(2016年9月〜2017年6月)

2歳7ヶ月から3歳5ヶ月の服用記録と指間炎(2017年7月〜2018年5月)

・3歳6ヶ月から4歳5ヶ月の服用記録と指間炎(2018年6月〜2019年5月)

下記の記録はアポキル錠の服用日数を飲み始めの1歳9ヶ月から全期間にわたってまとめた記事です。

アポキル錠の月別服用日数[全期間]

アポキル錠とは

アポキル錠とは、痒みの伝達信号を断ち切ることで痒みを抑えるお薬。2016年夏に日本で解禁された新薬。海外では2016年以前から使用されている。ステロイドと比較し、副作用の少ないかゆみ止めであり、免疫抑制が少ないとされている。

製品情報の参考ページ

アポキル錠に関する記事

体重約29kgゴールデン・レトリーバー セナのアポキル錠服用量は、1日1回・1回あたりアポキル16mg1錠です

現在の指間炎治療方法

指間炎治療方法は、3歳9ヶ月(2018年9月)より変わりありません。

UFB(ウルトラファインバブル)というナノバブルやマイクロバブルよりも小さな微細な気泡が溶け込んでいるバブル水をベースに、動物病院指定の消毒液を入れて消毒溶液を作り足を洗うという方法です。UFBに含まれる微細な気泡が、通常の水洗いでは落ちない細かな汚れまで落としてくれます。

酷くなってしまった時は耐性菌が出づらいという抗菌クリームを塗り、夜は靴下を履かせてラップするように一晩おきます。これを数日から1週間ほど行います。

現在の痒み症状

当記事で写真を掲載しているのは指間炎ですが、痒みは四肢のほか口元・お尻に顕著にあります。

そのため指間炎が改善している時でも、なかなかアポキル錠を減らせないでいます。

 

では、4歳6ヶ月から4歳11ヶ月(2019年6月〜2019年11月)の指間炎の状態とアポキル錠の服用日数を月ごとで振り返っていきたいと思います。

4歳6ヶ月(2019年6月)アポキル錠服用記録と指間炎写真

アポキル錠服用日数

2019年6月:アポキル錠服用日数23日間

2019年6月アポキル錠と指間炎

6月7日(金)より梅雨入り。

暑さと湿気、梅雨で毎日何度も足が濡れるのも関係しているのか指間炎よくなると違う足が炎症を起こすの繰り返し。

前両手が良くなったと思ったら、それまで落ち着いていた後ろ両足の悪化。

なんとかアポキル錠を飲む日を減らそうとトライするものの指間炎ほかお尻の痒みが強くて、なかなか難しいのが現状。

お尻(肛門)の消毒もこまめにするように獣医師より指示があり実践しているが、ほぼ効果なし。

 

6月10日の指間炎写真

右前手

犬の指間炎(右手)

 

犬の指間炎

爪の付け根を噛み壊してしまい晴れている状態。

付け根部分に病院処方の抗菌クリームを塗って靴下でパック

裏側も赤みを帯びて炎症を起こしている。

 

左前手

犬の指間炎(左手)

左前手も同時に噛み壊し

 

6月20日の指間炎写真

右前足

犬の指間炎

左前足

犬の指間炎

両前足は赤みはほんのりあるものの大分落ち着いた。

右後足

犬の指間炎

前足が良くなったと思ったら、今度は後足を気にするようになってきた。

左後足

犬の指間炎

 

6月28日の指間炎写真

左後足

犬の指間炎

ちょっと目を離した間に左後ろ足を血を出すまで噛み壊し。

1週間前まで左後足は綺麗だったのに。

処方されている抗菌クリームを塗って治療継続中。

 

4歳7ヶ月(2019年7月)アポキル錠服用記録と指間炎写真

アポキル錠服用日数

2019年7月:アポキル錠服用日数30日間

先月はアポキル錠の減薬にトライしたものの、7月は減薬トライを一旦中止。

7月前半はお尻(肛門周辺)の比較的痒みが落ち着いていたため7月13日にアポキル錠を飲まない日を作った。

同日に一旦休んでいた馬肉を再開。

すると2日後には痒みが強くなり始めてしまった。

痒みが7月前半よりも強くなってしまったことの原因が、アポキル錠を休んだことにあるのか馬肉にあるのかは不明。

そのため馬肉は再度除去中。

 

7月5日の指間炎写真

梅雨のため7月は毎日のように雨。関東地方の梅雨明けは7月29日

右前足

犬の指間炎

左前足

犬の指間炎
右後足

犬の指間炎
犬の指間炎

6月に引き続き右後ろが一番気になる模様。前日に噛み壊して、体液出ている状態。

左後足

犬の指間炎

7月18日の指間炎写真

右前足

犬の指間炎

2日ほど前に噛み壊しそうになったのが赤い部分。

左前足

犬の指間炎

ちょっと赤みが強くなってきた。

右後足

犬の指間炎

左後足

犬の指間炎

 

7月26日の指間炎写真

右前足

犬の指間炎

左前足

犬の指間炎

前両足の赤みが強くなり、毛の変色も見られる。

1週間前には毛の変色はなかった。

毎日のように朝晩と雨に濡れてしまうからだろうか。

帰ってきてしっかりと乾かしているが、濡れる回数が多ければ悪化もしやすいだろう。

それともまた他の原因か?(ちょうど7月後半アポキルが効きにくくなっていることもあるので)

右後足

犬の指間炎

前日に噛み壊したのは、また右後ろ足。体液が出て散歩すると汚れてしまう。

足を消毒するのは夜に行なっているが、こんな状態の時は散歩に出るたびに綺麗に洗って乾かさないといけない。

左後足

犬の指間炎

関東地方は7月29日に梅雨明け。

 

4歳8ヶ月(2019年8月)アポキル錠服用記録と指間炎写真

8月の症状をここに追記します。

 


この記事を読んだ人に読まれています

G's Family トップページ


-指間炎治療とアポキル錠の服用記録, 犬の皮膚炎治療
-, ,

Copyright© ゴールデンレトリーバーとの生活、はじめます - G's Family - , 2019 All Rights Reserved.