アトピー性皮膚炎治療薬サイトポイント 犬の皮膚炎治療

[サイトポイント2回目の注射後]アポキルとは痒みの出方が違うことを実感。



[サイトポイント2回目の注射]
アポキルとは痒みの出方が違うことを実感。

サイトポイント注射2回目(犬のアトピー性皮膚炎)

ゴールデン・レトリーバーセナ5歳8ヶ月に開始した犬のアトピー性皮膚炎に効くというサイトポイント注射。

この記事では、サイトポイント2回目の注射を打ってから、3回目の注射を打つまでの1ヶ月間の痒みの状態についてまとめました。

はじめてサイトポイント注射を打った時の痒み変化についてはこちら↓

犬のアトピー性皮膚炎治療薬 アポキルから「サイトポイント」へ 【初回注射/最初の1週間の痒み変化】

サイトポイント2回目の注射を打った時の診療内容についてはこちら↓
アポキルとサイトポイントの併用を獣医師に提案されました。[サイトポイント2回目注射の診察]

サイトポイント注射について

サイトポイントは犬のアトピー性皮膚炎に効く注射薬です。
1ヶ月に1回の注射が基本サイクル。
サイトポイントの注射を打ちはじめてからセナはアポキル錠は基本的に服用をしておらず、どうしても痒みが強そうな時に併用するようにしています。
サイトポイントのお薬について詳しくは「【サイトポイントについて】犬のアトピー性皮膚炎の新薬[特徴・副作用・アポキルとの違いなど]」にまとめています。

 

痒みの状態を口、尻尾、背中など身体の各箇所ごとにまとめていきます。

サイトポイント2回目後の痒みの状態について

口の痒み

サイトポイント2回目注射前の1週間、口を掻くことが少し多くなっていましたが2回目の注射を打ってから数日頃に

「あっ、お口掻かなくなった」

と気づきました。

以前は口を掻いて血を出してしまうことがあった程でしたので、口の痒みについてはサイトポイントがよく効いていると思います。

尻尾の噛み壊しの経過

サイトポイント注射2回目を打つ数日前に噛み壊してしまった尻尾は治るまでに時間がかかっています。

このこともあり尻尾は大分気にします。

噛み壊しから4日後

サイトポイントに変えてからの尻尾の噛み壊し経過

サイトポイントに変えてからの尻尾の噛み壊し経過

噛み壊しから7日後

サイトポイントに変えてからの尻尾の噛み壊し経過

1週間経ってもまだこの状態で、噛み壊しの傷はスポット的というよりも広範囲に及んでいて痛そうです。

噛み壊しから3週間経った状態がこちら。

噛み壊しから3週間後

尻尾を噛み壊してから3週間後の状態 尻尾を噛み壊してから3週間後の状態

患部が乾燥して治り始めていますがお肌がカサカサになっていて、患部の毛は抜け落ちてしまいました。

まだ所々に赤みもあります。

新たな尻尾噛み壊し

この噛み壊し傷の近くをまた噛み壊してしまいました。やっと前の傷が治り始めていたのに・・・。

サイトポイント2回目の注射を打ってから2週間半経過した頃でした。

また尻尾に噛み壊し

尻尾の新たな噛み壊しもしかしたら、治りかけの噛み壊し傷がムズムズして、近くを噛んでしまったのかもしれません。

噛み壊しから2日後の患部

噛み壊しから2日後

尻尾の新たな噛み壊し箇所

尻尾には以前の噛み壊し傷と新たな噛み壊し傷があり、両方とも毛が抜け落ちている状態です。

アポキルを服用していた頃は(サイトポイント注射の前)尻尾を痒がることは稀でした。

 

背中の痒み

サイトポイント2回目注射の10日後背中の痒み

背中にも痒みを感じるようで、身体を頑張って曲げて背中の方を口で掻こうとします。指を指している部分に赤みがありました。

尻尾同様、背中もアポキルからサイトポイントに切り替えてから顕著になった痒みです。

 

太ももの痒み

サイトポイント注射3回目をうつ3日前

太ももについてもアポキルの時はほぼ痒がっていませんでした。

セナが気にする箇所をかき分けて見てみてみると赤みがあります。

サイトポイント注射3回目をうつ3日前

指間炎

前右足の指間炎(アポキルをやめてサイトポイントにした後)

アポキルからサイトポイントに切り替えてから指間炎の炎症(赤みや肌の炎症)は強くなりました。そのため若干気にはしていますが、炎症が起こっている割には気にしていないと思います。涼しくなり湿度も低くなってきているので季節的なものもあるのかもしれません。

炎症の割には気にしないといっても、気にしないから良い訳ではなく、炎症が起こっているのでそのままにするわけにはいかないのが難しいところです。

サイトポイントやアポキル、アトピー性皮膚炎との関連は不明ですが、まだ組織球腫も治っていません

お尻引きずり

アポキル服用の時は、お尻(肛門周辺)をよく痒がっていてお尻引きずりが顕著にありました。

初回注射の時も感じましたが、サイトポイント 2回目注射後もお尻を引きずることはほぼなくなりました

2回目注射から3回目注射の間では1回あったかなかったか、というレベルで本当に嬉しいです。

 

尻尾や太もものように傷にはなっていませんが、他によく掻く箇所は脇です。

 

睡眠

起きている間は気にするような背中や脇も、夜に起きて気にするほどではありません。

これはサイトポイント最初の一ヶ月でも感じましたがアポキルの時より、夜ぐっすりと寝るようになりました。

アポキルを最初に試した時もそれ以前とは比較にならないくらい寝られるようになっていたので、とても嬉しかったのを覚えています。

サイトポイントはそれを上回る程に夜しっかり寝られている印象です。

痒みの判断において寝られているかどうかという点はお薬が効果的に効いているかを確認する大きな判断基準だと、これまでセナを見てきた中で思います。

元々夜中に痒みで数時間ごとに起きていたのが基準で、良くなったという印象です。噛み壊しがある時、指間炎が悪化している時は気にして夜中に起きることもあります。

 

アポキルの服用

サイトポイントは1ヶ月に1回の注射なので、2回目の注射を打ってから3回目までの注射の間1ヶ月あります。

1回目の注射の時もそうでしたが、今回も注射から3週間経った頃に痒みが強くなっていきあちこちかなり痒がるようになったため、アポキルを1度だけ服用しました。

その翌日も服用させようか迷いましたが、何とか乗り越え次の注射を迎えられました。

アポキルとサイトポイントの併用を獣医師に提案されました。[サイトポイント2回目注射の診察]


この記事を読んだ人に読まれています

G's Family トップページ


-アトピー性皮膚炎治療薬サイトポイント, 犬の皮膚炎治療
-, , , ,

© 2021 ゴールデンレトリーバーとの生活、はじめます - G's Family -