夏旅行は山中湖[2018年8月]G’s Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 3歳 8ヶ月 】



ゴールデン・レトリーバー セナ日常の様子(成長記録)。月別でまとめています。

ゴールデン・レトリーバー セナ
3歳8ヶ月  2018年8月

ゴールデン・レトリーバーセナ3歳7ヶ月

矢印アイコン子犬期からの現在まで
過去のゴールデンレトリーバー セナ 成長記録記事一覧

アイコン

セナ日常の様子  2018年8月

Date:2018年8月8日(水)

 

ゴールデン・レトリーバーセナ3歳7ヶ月、体重29.0kg。

相変わらず暑い日が続いていますが、セナ地方は台風がきているので昨日・今日と少し気温が下がっています。

昨日は9月中旬のような気候で久しぶりに昼間のお散歩ができて、セナもとっても嬉しそうでした。

ゴールデン・レトリーバーセナ3歳7ヶ月

7月中旬より2週間連続でかゆみ止めのアポキル錠を服用させていたので、服用前に悪化していた両前手の指間炎はここ数日間以前よりは落ち着いています。

しかし、アポキル錠を休止して2日、今度は右後ろ足の噛み壊しがありました。

犬の指間炎・噛み壊し

1週間はアポキル錠の休薬期間を設けたい、これが目の前の目標でしたが、足だけでなく、口元、お股、お尻など色々なところを痒がっており結局本日またアポキル錠の服用へ。

少しでも痒みストレス軽減になればと思い、アポキル錠を飲んでいない時に飲むストレスケアサプリを買ってみました。

ヒーリングケアプラス犬の皮膚炎サプリメント

動物病院で販売しているのですが、このサプリメントはアポキル錠さえもきかない子、心因性・ストレスが指間炎や皮膚炎の主な原因として考えられる場合に特に効果が表れやすいそうです。

セナはアポキル錠が効くから気休めかなと思いつつも、何もせずにはいられない、そんな感じです。

アイコン

セナ日常の様子  2018年8月

Date:2018年8月25日(土)

 

ゴールデン・レトリーバーセナ3歳7ヶ月、体重29.0kg。

山中湖で、大好きな水遊びをしてきました。

セナの夏休みは山中湖へ

ゴールデン・レトリーバーセナ3歳7ヶ月

この夏は暑すぎて、避暑地でないと遊ぶに遊べないといった感じです。思う存分水遊びができてとっても嬉しそうなセナでした。

宿泊先は、カーログループの「カーロフォレスタ・エルフォ 」。こちらのホテルは、はじめて泊まりました。

カーロフォレスタ・エルフォ 山中湖

ロッジ風になっており、全4室しかないのが魅力で選びました。

矢印アイコンカーロフォレスタの宿泊記はこちら:カーロフォレスタ エルフォ山中湖に宿泊。[犬連れ旅行]

 

2018年8月を振り返って

2018年8月は、暑い夏の疲れがでたのか中旬頃に嘔吐・下痢をしました。一旦良くなったと持ったらまた数日後には下痢。いつもの葛やチキンスープなどの回復食で、持ち直しました。

8月前半は朝食を食べない日が多かったのですが、お腹を壊してから食事量が少ないことが続いていたこともあり8月後半はまたまた食欲旺盛に。

食欲旺盛になったのは、新しく注文してみたお店の馬肉が色もよく美味しかったからかも?とも思っています。

セナの手作りご飯

大型犬の手作りご飯(馬肉)

指間炎の炎症度合いは、引き続きかゆみ止めのアポキル錠が必要なほどです。ただ、中旬に下痢をしていたこともあり、結果的にアポキル錠の服用日数は14日間と前月7月よりは少なめとなりました。

旅行にいっている間はセナも多少は気が紛れるので、指間炎を忘れられる束の間の時間でもありました。

2018年8月 セナ3歳8ヶ月
体重 29.0kg
食事 2歳4ヶ月(2017年4月中旬)、ドライフード(オリジン)から完全手作り食(生肉主体)へ移行完了
 食事-主な肉類 馬肉鶏ムネ肉手羽先手羽元鶏レバー
8月中旬以降は馬肉主体へ。鶏肉のアレルギー対策トライをしたい。ただ、下痢をした時は鶏肉の方がベターであり鶏肉で回復するので、やはりアレルギーではないのでは?というジレンマ。(検査では鶏肉にアレルギーは出ていない)
 特に重宝している手作りごはんの補助食材 ゴートミルク
33種類野草とフルーツの発酵パウダー
グリーントライプ(ラム)グリーントライプ(ビーフ)
お腹を壊した時の手作り食に使うのは、本葛粉 (記事はこちら)
お腹の調子 8/14:嘔吐・下痢
回復食で一旦治るも数日後に再度下痢
8/17:下痢
その後、回復食で正常へ
体調全般 痒みが、口元・お尻・お股に出ている模様。指間炎だけでなく、全身のあちらこちらをかゆがる。アポキル錠を飲むとどの痒みもおさまる。
指間炎の状態 唯一指間炎の症状が見られなかった右後ろ足が赤みを帯びてきて、しばらくして突如噛み壊し。その後、悪化し回復せず。
皮膚炎の内服薬 1歳9ヶ月(2016/9)から服用を続けていた痒みを断ち切るためのお薬アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mgの継続服用は、2歳7ヶ月(2017/7)に一旦やめたものの2018年5月再服用へ。
アポキル錠の服用状況 14日間服用
皮膚炎の軟膏 ヒビクス軟膏 
膿皮症や軽い虫刺されなどに使う手作りアロマ塗り薬 次をミックスして使用:アロマ精油:ティートリーバッチフラワーレメディ レスキュークリーム犬の温泉水アヴァンス
  • G’s Family 2018年8月の記事一覧はこちら
  • ゴールデンレトリーバー セナの成長記録記事一覧
  • 生後2ヶ月〜1歳になるまでの体重・ドッグフード量・体調変化一覧はこちら

G's Family トップページ