ゴールデン・レトリーバー成長記録

[2019年7月]G's Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 4歳 7ヶ月 】

更新日:



ゴールデン・レトリーバー セナ
4歳7ヶ月  2019年7月
成長記録

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳6ヶ月

ゴールデン・レトリーバー セナ日常の様子(成長記録)です。月別でまとめています。

矢印アイコン子犬期からの現在まで ゴールデンレトリーバー セナ 月別成長記録

 

セナ日常の様子  2019年7月

Date:2019年7月13日(土)

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳6ヶ月

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳6ヶ月、体重28.5kg。

6月の末日、約4ヶ月ぶりに本格的にお腹を壊し下痢嘔吐をしたセナですが、

2週間経ってやっと回復してきました。

下痢になってから数日で回復の兆しが見えたのでこのまま良くなってくれるかなと

期待していたのですが、再度下痢に近い感じのウンチになってしまったり粘液がついたり軟便ぎみだったりと

すっきりとしない感じが続き悪くなったり良くなったりを繰り返していました。

 

漢方の先生に「お腹を壊してしまったらあげてください」と処方されていた漢方薬(黄連解毒丸)をあげはじめてから、5日ほどで良くなり始めました。

現状をお伝えして漢方の先生に指示を仰いだところ

あとは食事に「はちみつ」を入れてくださいとアドバイスがあったので

はじめてはちみつを入れてみました。(お腹に良いそう)

甘いから喜ぶかなと思いましたが、意外にも「なにこれ?」「なにか違うものいれたでしょ」っていう反応でした。

 

このような感じでやっと良くなってきたセナのお腹。

また、人もこの1週間は体調を崩していました。

湿度が高くなる梅雨は体内の水分を発散させにくくなり、免疫力が低下しやすいのだとか。

漢方では余分な水が体内に滞ってしまうことを水毒(すいどく)と呼びますが、この水毒が起こりやすいのが梅雨。また水毒による冷えが下痢の1つの原因と考えられているそうです。

更に今週は梅雨寒。

犬も人も体調管理に気をつけなければいけない季節ですね。

 

Date:2019年7月20日(土)

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳6ヶ月

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳6ヶ月、体重28.5kg。

今朝の散歩での出来事。

 

セナのことを見るやいなや威嚇しまくるダックスフンド。

威嚇だけならよくあることですが

 

そのダックスフンドはベンチに座るおじいさんの腕の中で身をよじらせながらすごい剣幕で威嚇していて

急いで通ろうと思ってセナと通り過ぎたら、なんと後ろから追いかけてきたんです。

そう、

おじいさんの腕から逃げだしただけでなくおじいさんがリードを持っていなかったので

ノーリード状態のダックスフンド。

吠えながらセナに向かって走ってくる。

これはまずい!

また噛まれる!

と思って、セナと一緒に走ったのだけど、諦めないで追いかけてくる。

車通りのある道路を渡れば諦めるかも、と思ったけど

朝だから車も少ないし、全然ダメ。

とにかくしつこくて。しかも結構速い。

 

セナだけだったら逃げ切れるだろうからリードを離そうか?

それで私がこの犬のリードを取ればどうにかなる?

いや、セナのリードを離したら事故に遭うから、やっぱりだめ、、

それにダッグスフンドのリードを取れなかったら?やっぱりだめだ。

 

もう噛まれるかもって頭に何度もよぎりながらも諦めたら終わりと思って一心不乱に走って逃げたら

なんとか逃げきれました。

 

おじいさんは全然犬に追いつかないし、もう勘弁して。。。

逃げようと途中曲がったからおじいさんの姿さえ見えない。

そんな危ない犬を抱っこしているだけで、なぜリードを持っていないの?

 

セナも威嚇して走ってくるダックスフンドに驚いてとにかく逃げようという感じでした。

 

普段の散歩で噛まれるかもという恐怖を感じるのは久しぶりのこと・・・

朝から全速力と恐怖で心臓バクバク。

とにかく、セナが怪我しなくてよかったです。

躾ができないなら、躾をする気がないなら飼わないで欲しい、コントロールできないならリードはどんなことをしても離さないで欲しい。

 

2019年7月を振り返って

7月の振り返りをここにまとめます。

2019年6月から指間炎の月別の状態を「アポキル錠と指間炎の記録」の記事に随時アップしていくことにしました

2019年7月 セナ4歳7ヶ月
体重 29.0kg
食事 2歳4ヶ月(2017年4月中旬)、ドライフード(オリジン)から完全手作り食(生肉主体)へ移行完了
 食事-主な肉類 鶏肉または馬肉
 特に重宝している手作りごはんの補助食材 ゴートミルク
33種類野草とフルーツの発酵パウダー
お腹を壊した時の手作り食に使うのは、本葛粉 (記事はこちら)
お腹の調子
薬ほか
心臓・自律神経の漢方:2/16-継続
4歳3ヶ月より:関節ケアのサプリメント「プロモーション700」開始
下痢:黄連解毒丸
指間炎の状態 7月上旬
左後ろ足の噛み壊し
[4歳6ヶ月〜4歳11ヶ月]アポキル錠と指間炎の記録
指間炎の治療 2018年9月から開始した消毒をUFBを使用して適宜行っている
肛門のかゆみ症状 肛門周辺のかゆみは相変わらずあり、アポキルがきれるとお尻引きずりが頻繁になる。アポキルが効いている間はお尻の引きずりはとても少ない。
痒み軽減のため2019/6/10より肛門周りの消毒も開始(指間炎と同じ消毒方法・病院指示)→その時は少し痒みが楽になるようだがごく一時的なもの
皮膚炎の内服薬 1歳9ヶ月(2016/9)から服用を続けていた痒みを断ち切るためのお薬アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mgの継続服用は、2歳7ヶ月(2017/7)に一旦やめたものの2018年5月再服用へ。
アポキル錠の服用状況

G's Family トップページ


-ゴールデン・レトリーバー成長記録
-, , , ,

Copyright© ゴールデンレトリーバーとの生活、はじめます - G's Family - , 2019 All Rights Reserved.