ゴールデン・レトリーバー成長記録

くしゃみは秋の花粉?[2021年10月]G's Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 6歳 10ヶ月 】

ゴールデン・レトリーバー セナ
6歳10ヶ月  2021年10月
成長記録

パパに寄り添うゴールデン・レトリーバーセナ6歳5ヶ月

撮ってもらったこの写真を見ると

何気にない日常がずっとこのまま続いてほしいと

願わずにはいられなくなる

「ね、パパ、お散歩にいこう?」

毎日元気にお散歩に行けること

それがどんなに幸せなことか

今を大切にしよう

ゴールデン・レトリーバー セナ日常の様子(成長記録)です。月別でまとめています。

矢印アイコン子犬期からの現在まで ゴールデンレトリーバー セナ 月別成長記録

 
 

セナ日常の様子  2021年10月

Date:2021年10月11日(月)

カフェを楽しむゴールデン・レトリーバーセナ6歳9ヶ月

ゴールデン・レトリーバーセナ6歳9ヶ月、体重27.0kg強。

10月1日(金)に台風が過ぎ去った後、また暑さが戻ってきました。

痰の絡み

暑さのせいもあるのでしょうか、ちょうど気温が高くなった10月1週目の土日からセナの痰の絡みが強くなり、今に至ります。久しぶりにはちみつ大根を作ったり、れんこんパウダーを食事に足しながら様子を見ています。

痰の絡みをはちみつ大根で解消するGolden Retrieverセナ6歳9ヶ月

くしゃみ

呼吸器系で気になることがもう2つ。10月に入りくしゃみを頻繁にするように。症状がでたタイミングとしては痰の絡みが強くなった10月最初の週末(2日・3日)と同じであるものの、11日現在はほぼ症状はみられません。

秋の花粉じゃない?とパパ。アレルギー検査では花粉は全て大丈夫だったのだけど、念のためにセナ地方の飛散量を調べてみると確かにくしゃみが多くなった時期と飛散量の増加が重なっています。

2021年秋の花粉飛散量

秋の花粉と犬のくしゃみ

9/27〜10/3の週にイネ科とカナムグラの飛散量が増えています。ただ、カナムグラについてはその前週も比較的多い飛散量なので、可能性としてはイネ科の花粉の方が大きいでしょう。

くしゃみの症状はここ数日止まっていることと併せて考えると、これから発表される10/4〜の飛散量が減少していれば、くしゃみの原因がイネ科の花粉の可能性もあると考えられそうです。

気管圧迫の変な音

呼吸器系で気になることのあと1つ。

「変な音」ってとても曖昧な表現なのですが、これもここ1〜2週間散歩をしている時に「グフッ」「ゲホッ」みたいな気管が圧迫されたような音を発することがあります。頻度としては多くはなく、今のところ毎日その症状がでるわけではありません。ただ、これまで聞いたことのない音で違和感がありそう。気管虚脱に典型的なガーガー音とも異ってます。

追記:10月後半はこの症状はでませんでした。

飲まない

ボーンブロスを飲みたがらないゴールデン・レトリーバーセナ6歳9ヶ月

これもまた時を同じくして、10月はじめの週末明けの4日(月)、いつものボーンブロスを飲んでくれない(汗)。その日の朝、免疫アップのためにあげている朝のコロストラムを飲んでくれなくて、週末疲れたかな?と思ったのだけど、まさかボーンブロスまで飲んでくれないとは。

この日はすこーし食欲が落ちているようだったので、やはり疲れなのかもしれません。数日経てば飲んでくれる?と思っていたのですが、1週間経過した今も積極的には飲んでくれません。

新しい漢方

犬の漢方「苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ」をスタート

先月、9月上旬より新しい漢方をスタートさせました。苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)。「苓桂朮甘湯」は五苓散と同じように水分調整の役割もありながら、五苓散よりも体力が落ちた個体向けなのだとか。五苓散はあまり体力が低下している場合には効果ができにくいこともあるそうです。

しばらくは「苓桂朮甘湯」を基本にしながら、台風や雷雨など低気圧の影響が大きくなる時にはこれまでの「五苓散」に切り替えて様子を見ていきます。

お腹の調子

カフェを楽しむゴールデン・レトリーバーセナ6歳9ヶ月

お腹の調子はアップダウンを繰り返しながら、でも少しずつ良くなっていると思います。昨日10日(日)に下痢をしたのですが、今朝は良いウンチをしたし回復が早くなってきているのでは?と期待しています。

ハッピーハロウィンコスチューム2021セナ

2021年10月を振り返って

成長記録まとめ

秋晴れお散歩

ゴールデン・レトリーバーセナ6歳10ヶ月のビッグスマイル

歩いて食べてのんびりして
セナとの休日

ゴールデン・レトリーバーセナ6歳10ヶ月と秋晴れお散歩

相変わらずボール好き
でも昔と違って今はじーっと見るだけだね

公園でボールを見るゴールデン・レトリーバーセナ6歳10ヶ月

くしゃみと花粉

10月上旬に突然しだしたくしゃみは、その後数日で治りました。くしゃみをしていたのは約1週間程度だったと思います。秋の花粉かな?と花粉飛散量を確認しイネ科の花粉飛散量が増えている時期と重なっていたわけですが、その後の花粉飛散量をみてみると、丁度くしゃみの症状がおさまった10/11にはイネ科花粉飛散量が落ち着いています。くしゃみの原因はイネ科の花粉という可能性はありそうです。

犬のくしゃみ(秋の花粉)

カナムグラも9/27〜10/3をピークに翌週以降落ち着いていますが、前週の飛散量も多いですし、くしゃみの時期とよりリンクがありそうなのはイネ科かかなという推測です。

現時点では推測の域をでませんので、また来年の秋、イネ科の花粉飛散量が増えた時期にくしゃみなどの症状が出るかどうかがポイントとなりそうです。

おなかの調子

お腹の調子はまずまず。10日(日)の下痢の後は、10月は下痢はなし、軟便あり、パーフェクトウンチ少なめといったところ。すっきりはしないものの、壊すまではいってません。

ゴールデン・レトリーバーセナ6歳9ヶ月

久しぶりのドッグラン
でもここのランではほぼ遊ばず
ランはランでも好みがあるのよね〜(笑)

夜中のおしっこ

10月28日(木)、夜中に2回のおしっこ初めて(子犬期をのぞいて)。翌日の金曜日も夜中に2回のおしっこ。どうしたんだろう?頻尿ではなくて、ジョボジョボの普通のおしっこです。特別この日にたくさんお水を飲んだ様子もないですし、食事の水分量がいつもと違ったわけでもありませんでした。寝る前におしっこもしてます。

  • 10/28(木):夜中2回おしっこ
  • 10/29(金):夜中2回おしっこ
  • 10/30(土):夜中1回おしっこ
  • 10/31(日):夜中1回おしっこ

夜中おしっこを2回した木曜日の2日前、初めてハーブのオーガニックネトルを単体であげました(アレルギー症状緩和・腎臓サポート・老廃物排出などを目的に)。ブレンドハーブの中でネトルをあげたことはありますが、単体では初めて。もしかしてネトルが作用してきたのかな。ネトルはおしっこ問題でいえば頻尿改善などにつかわれるハーブ。一方で、腎臓機能サポート・浄血作用による血液循環促進などもありますので、それでおしっこ量が増えた可能性もありそうです。

ラム肉トライ

ラム肉の食物アレルギーチェック

セナ
久しぶりのラム肉とーっても美味しかったの!!

セナにラム肉あげるの何年ぶりだろう?痒みが増えるような気がしてやめて2年?3年?

久しぶりにラム肉トライ(食物アレルギーチェック)です。今回、特別痒みが増えたような感じは受けませんでした。また時間を置いてトライしてみる予定です。

コロストラムとボーンブロス

10月初週に飲んでくれなくなったコロストラムとボーンブロス、1週間ほどしてまた飲んでくれるようになりました。よかった〜!

サイトポイント注射と体重

今月もかゆみ止めのサイトポイント注射してきました。体重を増やそうとしているものの、体重26.8kgとまた減少。「29kgまで戻したいんですよね〜」というと先生もそのくらいはあったほうがいいねと。

兄弟セナとレオ6歳9ヶ月

セナ
レオお兄ちゃんとうまうまわけて食べたよ♡

背中ぴったんこのおふたりさん

兄弟セナとレオ6歳9ヶ月

セナ
男同志の約束、ぼくも頑張って守るからね!

今月の体調・食事・服薬の概要

2021年10月 セナ6歳10ヶ月
体重 26.8kg
食事 2歳4ヶ月(2017年4月中旬)、ドライフード(オリジン)から完全手作り食(生肉主体)へ移行完了
9/13より全ての生肉一旦中止
今月の食事変化 ・初ネトル
・10/18より食事に脂肪分加える(小さじ1程度から)末頃には1日小さじ2程度まで増やす
・スピルリナ開始
・コラーゲン再スタート
 食事-主な肉類 馬肉再トライ(2020/3/17-19)再中止(2020/3/20以降)
→2021/7/7馬肉トリーツで再トライ
→痒みが増えている感じなし
ラム肉トライ
→2021/10/10特に痒みが増えた感じなし
・鹿肉中止中
お腹の調子 6月から不安定さが続くが10月なかばより回復傾向
今月の薬ほかサプリ 心臓・自律神経の漢方:2019/2/16-継続
肛門のかゆみ状態 引きずりなし
股の痒み状態 10月も引き続きかゆみあり。出来物破裂?
耳のかゆみ状態 赤み出やすい。
目の状態 黄色い目やまた多くなってきた
10/4〜1週間のマリアアザミ
10/18〜更に1週間のマリアアザミ
10/26〜はマリアアザミを中止しネトルで様子見(10/28に久しぶり黄色いめやにが少ない?と感じる)
呼吸器の状態 10月初週痰の絡み・くしゃみ・異音あり
10月中旬呼吸器異常は落ち着いていたものの10/27に強めの呼吸器異常(イチョウをあげる)
痰の絡みは少しずつ落ち着いているがなくならない
皮膚炎の内服薬 1歳9ヶ月(2016/9)から服用を続けていた痒みを断ち切るためのお薬アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mgは、2020年9月サイトポイント注射開始に伴い頓服使用へ
アポキル錠の服用状況 今月のアポキル服用:なし
サイトポイント:10月に15回目注射
◇G's Family トップページに戻る◇

-ゴールデン・レトリーバー成長記録
-, , , , ,