犬の下痢・軟便

犬の下痢に漢方治療(五苓散)

犬の下痢・軟便 犬の漢方治療

続く下痢。漢方クリニックで診てもらった結果[犬の漢方]

続く下痢。漢方クリニックで診てもらった結果[犬の漢方] ゴールデン・レトリーバーセナ4歳10ヶ月 10月中旬にお腹を壊してからというものの不安定な調子が続いています。 最初の下痢から一旦回復したのち、 ...

犬 整腸剤 ミヤリサン

犬の下痢・軟便 犬の整腸剤

犬の下痢軟便に整腸剤ミヤリサンはあげてもいいの?【ビオフェルミンとの違い】

犬の下痢軟便に整腸剤ミヤリサンはあげてもいいの? 【ビオフェルミンとの違い】 生後3ヶ月の子犬の頃、ゴールデン・レトリーバーセナが動物病院で処方された整腸剤は『ミヤリサン』という薬でした。 ミヤリサン ...

犬の下痢食事対策と漢方

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康 犬の手作りごはん 犬の漢方治療 [セナごはん]実際の手作り食

漢方医指導の下痢を治し体調を整える食事[犬の漢方]

漢方医指導の下痢を治し体調を整える食事[犬の漢方] 前回の記事では漢方クリニックでの問診・触診そして処方された漢方薬について書きましたが、今回は漢方医の先生に指導してもらった食事内容についてまとめまし ...

犬の漢方

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康 犬の漢方治療

漢方クリニックへ。IBD(炎症性腸疾患)の疑いと心臓[犬の漢方]

2019/5/22    , ,

漢方クリニックへ IBD(炎症性腸疾患)の疑いと心臓 [犬の漢方] ゴールデン・レトリーバーセナ3歳から4歳にかけて下痢・血便・嘔吐を頻繁に繰り返すようになり動物病院にかかりました。 犬のIBD(炎症 ...

犬の内視鏡検査

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

内視鏡検査の検討とセカンドオピニオン[犬のIBD]

セカンドオピニオンと内視鏡検査の検討[犬のIBD] 犬のIBD(炎症性腸疾患)の可能性が高いといわれ 抗生物質を飲むことでしか下痢や血便・嘔吐の症状に対処できていない状態に いてもたってもいられず ま ...

抗生物質パセトシン (アモキシシリンカプセル)

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

抗生物質かステロイドか[犬のIBD]

抗生物質かステロイドか[犬のIBD] ゴールデン・レトリーバーセナ3歳10ヶ月頃(2018年10月)から 下痢・血便・嘔吐を頻繁にするようになり、動物病院にかかった時の治療記録です。 これまでの経緯 ...

抗生物質フラジール

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

抗生物質フラジールの処方( 2 )体調変化まとめ[犬のIBD]

抗生物質フラジールの処方 ( 2 )体調変化まとめ [犬のIBD] 前回の記事「抗生物質フラジールの処方( 1 )クロストリジウム菌」で 連日嘔吐と血便に抗生物質フラジールが処方されたことを書きました ...

クロストリジウム菌下痢症(犬)

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

抗生物質フラジールの処方( 1 )クロストリジウム菌[犬のIBD]

抗生物質フラジールの処方 ( 1 )クロストリジウム菌 [犬のIBD] この記事は、4歳になるまでの数ヶ月間下痢と嘔吐の頻度が多くなり動物病院にかかったときの治療記録です。 2歳4ヶ月(2017年4月 ...

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳0ヶ月

ゴールデン・レトリーバー成長記録 犬の下痢・軟便

IBDの疑い[2019年1月]G's Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 4歳 1ヶ月 】

ゴールデン・レトリーバー セナ日常の様子(成長記録)。月別でまとめています。 ゴールデン・レトリーバー セナ 4歳1ヶ月  2019年1月 そこで寝る?   2018年はセナブログG's F ...

no image

ゴールデン・レトリーバー成長記録 犬の下痢・軟便

4歳になりました。[2018年12月]G's Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 4歳 0ヶ月 】

ゴールデン・レトリーバー セナ日常の様子(成長記録)。月別でまとめています。 ゴールデン・レトリーバー セナ 3歳12ヶ月  2018年12月 パパが出張準備をしはじめると、なんとスーツケースにイン。 ...

Copyright© ゴールデンレトリーバーとの生活、はじめます - G's Family - , 2019 All Rights Reserved.