動物病院

ゴールデン・レトリーバーセナ6歳3ヶ月の呼吸器疾患について

犬の健康 犬の咳/気管/呼吸器の治療・ケア

呼吸に異常。逆くしゃみ?咳?発作?咽頭麻痺?これは一体....。[犬の呼吸器疾患通院記録]

呼吸に異常。逆くしゃみ?咳? 発作?咽頭麻痺?これは一体....。 [呼吸器疾患の通院記録] ゴールデン・レトリーバーセナ6歳、3月末のある日突然息が詰まってうまく吸えないような呼吸をし出しました。 ...

犬の黄色い目やにの治療目薬抗生物質「オフロキサシン」

犬の健康 目の治療

黄色い目やに一旦治りました。原因は結膜炎ではなかった?【治療記録】

黄色い目やに一旦治りました。 原因は結膜炎ではなかった? 【治療記録】 ゴールデン・レトリーバーセナ6歳2ヶ月、昨年12月から黄色い目やにが出るようになり動物病院に何度か通いました。 黄色い目やにの治 ...

犬のホットスポット(急性湿疹)

犬の皮膚炎治療

ゴールデンレトリバーはホットスポットの好発犬種

ゴールデンレトリバーはホットスポット(急性湿疹)の好発犬種 先日セナの動物病院にかかった時にホットスポットのお話をお聞きしました。 特に6月梅雨時期から夏にかけては、皮膚に炎症を起こしやすく犬にとって ...

指間炎・3歳8ヶ月

指間炎治療 犬の皮膚炎治療

犬の指間炎を治すための治療方法まとめ

犬の指間炎を治すための治療方法まとめ 動物病院で治らないといわれてしまうことも多い犬の指間炎。肉球の間、指間の毛が変色したり、真っ赤になって腫れ上がってしまったり、そして痒みからかひっきりなしに手を舐 ...

no image

血液検査・健康診断

血液検査の結果 (4歳1ヶ月)[犬の健康診断]

血液検査の結果と見解 (4歳1ヶ月)[犬の健康診断] ゴールデン・レトリーバーセナ4歳1ヶ月、犬のIBD(炎症性腸疾患)である可能性が高いといわれ セカンドオピニオンと内視鏡検査の相談のために訪れた動 ...

犬の内視鏡検査

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

内視鏡検査の検討とセカンドオピニオン[犬のIBD]

セカンドオピニオンと内視鏡検査の検討[犬のIBD] 犬のIBD(炎症性腸疾患)の可能性が高いといわれ 抗生物質を飲むことでしか下痢や血便・嘔吐の症状に対処できていない状態に いてもたってもいられず ま ...

犬の健康診断血液検査の結果

犬の健康 血液検査・健康診断

血液検査の結果と見解 (3歳10ヶ月)[犬の健康診断]

血液検査の結果と見解 (3歳10ヶ月)[犬の健康診断] 3歳10ヶ月、嘔吐・下痢・血便が続いた際に実施した血液検査の結果と獣医師の見解についてまとめた記事です。 基本の血液検査に加えて膵臓機能を測る血 ...

抗生物質パセトシン (アモキシシリンカプセル)

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

抗生物質かステロイドか[犬のIBD]

抗生物質かステロイドか[犬のIBD] ゴールデン・レトリーバーセナ3歳10ヶ月頃(2018年10月)から 下痢・血便・嘔吐を頻繁にするようになり、動物病院にかかった時の治療記録です。 これまでの経緯 ...

抗生物質フラジール

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

抗生物質フラジールの処方( 2 )体調変化まとめ[犬のIBD]

抗生物質フラジールの処方 ( 2 )体調変化まとめ [犬のIBD] 前回の記事「抗生物質フラジールの処方( 1 )クロストリジウム菌」で 連日嘔吐と血便に抗生物質フラジールが処方されたことを書きました ...

クロストリジウム菌下痢症(犬)

犬のIBD(炎症性腸疾患) 犬の下痢・軟便 犬の健康

抗生物質フラジールの処方( 1 )クロストリジウム菌[犬のIBD]

抗生物質フラジールの処方 ( 1 )クロストリジウム菌 [犬のIBD] この記事は、4歳になるまでの数ヶ月間下痢と嘔吐の頻度が多くなり動物病院にかかったときの治療記録です。 2歳4ヶ月(2017年4月 ...

© 2021 ゴールデンレトリーバーとの生活、はじめます - G's Family -