[2018年11月]G’s Family ゴールデン・レトリーバー セナ 成長の記録【 3歳 11ヶ月 】



1ゴールデン・レトリーバー セナ日常の様子(成長記録)。月別でまとめています。

ゴールデン・レトリーバー セナ
3歳11ヶ月  2018年11月

ゴールデン・レトリーバーセナ3歳10ヶ月

おやつを目の前におよだがポタポタ。真剣な表情のセナ。

 

矢印アイコン子犬期からの現在まで
過去のゴールデンレトリーバー セナ 成長記録記事一覧

アイコン

セナ日常の様子  2018年11月

Date:2018年11月7日(水)

 

ゴールデン・レトリーバーセナ3歳10ヶ月、体重28.5kg。

この秋に新しい動物病院にかかった際に食物アレルギーの除去食試験を勧められました。

除去食試験とは、簡単に言えば今まで食べたことない食材だけで食事を6~8週間取り、かゆみなどのアレルギー症状に変化が出るかをみることです。

手作り食でなんとか除去食試験を行いたく、その一環で鹿肉を取り寄せました。

美味しそうな鹿肉

鹿肉(犬生肉用)鹿肉を注文したショップ

まずは今日、鹿肉を少しあげてお腹の調子をみてみます。お腹を壊さなければ鹿肉で除去食試験を実施しようかなと思案中です。

セナは新しい種類のお肉が食べれるとあって、ルンルンの様子です。

 

2018年11月を振り返って

11月を振り返ってまとめます。

2018年11月 セナ3歳11ヶ月
体重 28.5kg
食事 2歳4ヶ月(2017年4月中旬)、ドライフード(オリジン)から完全手作り食(生肉主体)へ移行完了
 食事-主な肉類 馬肉鶏ムネ肉手羽先手羽元鶏レバー
除去食試験候補 鹿肉
除去している食材 ラム肉
グリーントライプ(ラム)
さつまいも
 特に重宝している手作りごはんの補助食材 ゴートミルク
33種類野草とフルーツの発酵パウダー
グリーントライプ(ラム)
グリーントライプ(ビーフ)
お腹を壊した時の手作り食に使うのは、本葛粉 (記事はこちら)
お腹の調子
腸の治療 10月下旬から抗生物質を10日間+14日間服用。
指間炎の状態
指間炎の治療 9月から開始した消毒をUFBを使用して適宜行う。
他のかゆみ症状 口元をかくことが多く
お尻引きずりも頻繁にある
皮膚炎の内服薬 1歳9ヶ月(2016/9)から服用を続けていた痒みを断ち切るためのお薬アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mgの継続服用は、2歳7ヶ月(2017/7)に一旦やめたものの2018年5月再服用へ。
アポキル錠の服用状況
  • G’s Family 2018年11月の記事一覧はこちら
  • ゴールデンレトリーバー セナの成長記録記事一覧
  • 生後2ヶ月〜1歳になるまでの体重・ドッグフード量・体調変化一覧はこちら

G's Family トップページ