犬の健康 犬の漢方治療 薬の飲ませ方

ワンコが苦くて飲めないお薬に服薬ゼリー「おくすり飲めたね」を使ってみました。



ワンコが苦くて飲めないお薬に服薬ゼリー「おくすり飲めたね」を使ってみました。

犬にも使える服薬ゼリー

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳10ヶ月、下痢に処方された漢方薬「五苓散(ごれいさん)」。

これまで飲んでいた漢方薬は全て錠剤だったのでご飯と一緒に食べてくれたのですが、今回は何と顆粒!

五苓散には顆粒だけでなく錠剤もあるので、処方された時に顆粒と気づけばよかった・・・

ウチダからは錠剤の五苓散も

犬の下痢に漢方治療(五苓散)

これどうやって飲ませよう??

漢方薬の袋を開けた途端、うわっとしたニオイが鼻につく感じ。このお薬は飲みにくそう味もまずそうだな・・・とわかるようなニオイです。

今はお腹に優しいスープ状のご飯。そのままご飯に入れてみたものの、スープ全体がこの漢方全体に広がってしまう。

セナもお腹減っているからためらいながらも最初は食べてくれましたが、流石に「ん?」と止まるようになって食べなくなってしまいました。

そりゃそうよね・・・

と納得してしまうと同時にどうしようと。

 

その時思いついたのが人でお薬が飲むのが苦手な人向けに販売されている「服薬ゼリー」でした。

服薬ゼリーってどう?

犬用ってあるかな?と検索してみるものの、犬用の服薬ゼリーは販売されていませんでした。

【追記】犬用服薬サポート品ありました!!記事UPの後更に探して「おくすりちょーだい」にたどり着きました。記事の最後に追記しています。

それなら人用の服薬ゼリーを探してみようとまずはwebで検索。

すると、服薬ゼリーを犬に使っているという口コミがちらほら!

おくすり飲めたねピーチ味老犬の投薬に、このゼリー状オブラートが欠かせぬものとなっています

すぐ吐き出されとても苦労して、どうしたものかと悩んでいたので、まじで救世主のような商品です、

本来は子供用なので甘い味がついています、いろいろな味を飽きないようにヘビロテしているものの一つです。

ピーチ味もおいしいみたいですよ^^

おくすり飲めたねピーチ味の口コミ

これはいけるかもー!

と希望の光。

早速服薬ゼリーのおくすり飲めたねをゲットしました。

 

服薬ゼリー龍角散シリーズが良さそう

犬が食べても安全な服薬ゼリー

先ほどの「おくすり飲めたね」も龍角散が出しているのですが、複数メーカーが出している服薬ゼリーの中で龍角散のものが良さそうだなという印象でした。

味は、いちご・ぶどう・チョコレート・ピーチ・レモンとなっており、犬が食べれるのはいちご・ピーチ・レモン。

龍角散の服薬ゼリー一覧

犬に使える服薬ゼリー(龍角散のお薬飲めたね)

味というより 再現しただけの"風味"かもしれないのですが、念のためぶどう・チョコレートは除いて選んだ方が良いでしょう

一番食べやすいそうなピーチを選びました。

服薬ゼリーの原材料

服薬ゼリーの原材料も気になるところ。

合成着色料や保存料は使用なしと明記あります。

犬にも使える服薬ゼリー

原材料名の最初に記載がある「エリストリール」は天然成分の甘味料です。ほとんど甘味料ばかりですね。

糖分が多いのかな?と思いましたがカロリーは1袋200gで46kcalと少なめ。

 

そして服薬ゼリーを試した結果・・・

服薬ゼリーで粉薬をあげられるか?

服薬ゼリーの「おくすり飲めたね」を開けてみると思ったよりさらっとした感じのゼリー感。

犬にも使える服薬ゼリー

「おくすり飲めたね」を開封すると最初は水分が出てくるのでそれは捨てます

さあ、ここに先ほどの顆粒の五苓散を混ぜてみると・・・犬にも使える服薬ゼリー

うん、これはゼリーの量が明らかに少ないな。

ゼリーを足してみることに。

粉薬をご使用の場合は、本品と混ぜ合わせず包むようにしてご使用ください。

と書かれているので

粉薬の量によっては、ゼリーもそれなりの量をあげることになるようです。

実際に包むのは結構難しくて、ゼリーをすくおうと思うと薬と混ざってしまうという感じになってしまいましたが、一応食べてくれました(汗)

龍角散からさらに粉薬に使いやすいタイプの服薬ゼリーが発売されているのですが、味付けがチョコレートとコーヒーなので残念ながら犬には使用できません

 

苦い薬に服薬ゼリーを使ってみた感想

五苓散をあげていた日数は比較的短かったため、服薬ゼリーでなんとか乗り越えました。

苦い粉薬を上げる他の方法としては、薬用カプセルに入れて飲ませるというのもよかったかもな。と後から思いました。

このカプセルの原材料はゼラチンです

服薬ゼリーで粉薬を包むのは結構難しかったですが、錠剤にはもっと簡単に使えそうです。

粉薬には次はカプセルを使ってみたいなと思います。

→カプセル使いました!使用したカプセルと共に記事最後に追記しています。

食事が食べれる時はお薬を飲ませるのは比較的容易ですが「犬が飲みたがらない薬をどうやって飲ませるか」というのは、今後病気や年齢が理由で食事が取れないとなった時に直面する問題だと思います。

最終的にはシリンジであげたりすると思うのですが、シリンジで直接あげるのもワンちゃんが嫌がってしまったりして結構難しいんですよね。

ゴールデン・レトリーバーセナ4歳10ヶ月

セナ
流石に粉薬は不味かったよ。ご飯がぜーーーんぶお薬の味なんだもん!

 

犬用服薬補助食品「おくすりちょーだい」

犬用の服薬補助食品に「おくすりちょーだい」というものがあります。

楽天市場おくすりちょーだい【12時までの注文で当日発送】レビュー多数

原材料は「還元水飴、植物油脂(菜種油)、プロセスチーズ、乳たん白、乳ペプチド、香料(天然チーズフレーバー)」。

注目すべきは高評価の数々。これで今まで苦労していた服薬ができた!という声が多数あり驚きました。

チーズや乳製品は好きなワンちゃん多いですよね。香料も天然香料ですし、チーズといっても塩分は0.0%で原材料も比較的安心できそうだなという印象です。

犬猫の服薬サポート「おくすりちょーだい」

有限会社キタガワ(シャンメシャン)

ただ気になるのはこの画像のやり方ですと、最後まできちんとお皿を舐めてくれる子じゃないと粉薬の場合は残ってしまいそうだな、という感想は持ちました。

手で薬を包み込むには粘度が高そうですし、その点はやり方に工夫が必要かもしれません。

おくすりちょーだいは、動物病院専売品とされてはいるものの通販で購入することができます。

Amazonの方が価格が高めに設定されていますが、プライム配送であれば楽天市場より早く届くこともありますので、急ぎの場合はおすすめです。

サイズは50gと130gの2サイズあります。

(Amazon)おくすりちょーだい50g
(Amazon)おくすりちょーだい130g

 

DHC犬用服薬サポート「パクッとおくすり」

DHC犬用服薬サポート「パクッとおくすり」

DHCからの犬猫の服薬サポートが販売されています。

おっ、DHCからも!良いじゃない!と思ったのですが、

原材料が「牛皮、澱粉、還元水飴、鶏ささみ、ショートニング、小麦たんぱく、ケストース(フラクトオリゴ糖)、グリセリン」と

嗜好性は高そうですが、お薬をあげる時はシンプルなものの方が負担が少ないのではないかと思います。

DHC犬の服薬ゼリー「パクッとおくすり 」

↑形状はこんな感じで、筒の中にお薬を入れるようになっています。

もう如何にもこうにも食べてくれない!という場合には試してみてもいいのかもしれませんね。

 

カプセルに入れて服薬

服薬ゼリー「おくすり飲めたね」を試した後に「カプセルにお薬を入れてもよかったなと思った」と書きましたが

実際に漢方をカプセルに入れて試してみました。

五苓散カプセルに入れて

購入したのは「HFカプセル 00号」(より小さいカプセルサイズもあります)。

結果は・・・これだけで飲んでくれるかといえば、NO(涙)。

まあ、そうでしょうね。

ただ、これで粉薬をかぼちゃやお肉に包めるようになった!

いつも飲んでいるヤギミルクを粉のままかけてしまえば大抵食べてくれます。

服薬ゼリーに直に粉薬を混ぜるよりよっぽどあげやすいですし、「おくすりちょーだい」なども気になるのですが

お腹が弱いセナですからカプセルの方が余分なものをあげなくて済むということもあって、粉薬についてはカプセルに入れてさらに何かに包むという方法に落ち着いています。

ちなみに、「カプセルディスポベンリーナ」というカプセル詰の便利グッズなどもあります。

 


この記事を読んだ人に読まれています
◇G's Family トップページに戻る◇

-犬の健康, 犬の漢方治療, 薬の飲ませ方
-, ,