サービスエリアで、犬が嚙み殺された事件について。



サービスエリアで、犬が嚙み殺された事件について。

 

2017年4月中旬、フェイスブックを通じて犬を飼う多くの人に衝撃が走った事件がありました。それは、静岡県御殿場市足柄SA(下り)で、何にも罪のないチワワが、4頭のアメリカン・ピットブルに噛み殺された事件です。

元々拡散希望されていたのは、チワワ飼い主さんが事件詳細を明らかにするため、繰り返さないために多くの方へ知ったもらう為だった様です。その後、当事者の方とも連絡がついたとのこと。

考えた結果、G’s Familyでも改めて共有させて頂くことにしました。(長文です)

当時の事故状況、突然噛み殺されるという形で愛犬を亡くされた飼い主さんの悲痛な想い、犬オーナーへ向けてのメッセージは大変貴重であり、この様な痛ましい事件に巻き込まれる次の1頭をうまない様、そして愛犬を加害犬にも被害犬にもさせないために、ここに原文そのままにて転載させていただきます。

 

以下、原文ママ
(2017年4月16日チワワの飼い主様がアップした文章)

拡散お願いします。

4月16日、足柄サービスエリア下り9時40分前後チワワ(名前はチョコ♂)が襲われました。

襲ってきた相手は4頭
土佐犬に似てるアメリカンなんちゃらって犬種(警察官がいってました)

私の主人も指を噛まれました。
私はその場にいなくて、何も見てません。

私が行った時には
仰向け(降参ポーズ)で、目だけかろうじて動

お腹からは、内臓が飛び出て血だらけのチョコ
その横で主人は

『見れない、チョコ見れない』

と言いながら、仰向けで倒れて指から血を流してました。
本当に映画をみてるのかと思うような状況でした。
すぐに、チョコの方が重症なのがわかりました。

私は
『近くに動物病院ありますか?』
『助けてください』
と、叫び続けました。

サービスエリアの人が動物病院を探してくれました。

襲ってきた犬の飼い主の連絡先や名前は周りの人が聞いてくれました。

 

その後動物病院でチョコは亡くなりました。

主人も病院にいきました。主人の怪我は大したことなかったですが、手に噛まれた後がクッキリでした。

動物病院に行った時に、その病院に居合わせた方に
『警察に通報した方がいい』
と、言われたので警察に通報して相手の連絡先や名前を教えて、警察署に来るようにと連絡してくれました。

亡くなったチョコの体をキレイにしてもらい、警察署に行って事情聴取されて、飼い主と話しました。

飼い主は、一人で4頭連れてました
私は犬の体重をききました

1頭30キロあるそうです
チョコは3キロです
10倍の犬にしかも4頭一気に襲われました

飼い主に、どういう状況でこうなったのかききました。

犬のリードをかけるポールに4頭繋げて、その場にはいなかったそうです。気づいたときには襲ってたそうです

そのポールには、体重制限とか書いてなかったのか?ききました
体重制限とか犬種制限など書いてなくて、コンクリートに打ち付けてあったと言われました。その後も少し話しましたが省略させて頂きます。

その後現場検証の為、足柄サービスエリアに行きました。
サービスエリアにいって、ポールを確認すると

20キロ程度の中型犬用です。大型犬や力の強い犬は十分気をつけてください
書いてあるじゃないですか!!

20キロまでなのに120キロ繋げて
主人は片手で持ち上げることが可能
私は両手で持ち上げることが可能

ちなみに、警察の方に
『あの犬の犬種はなんですか?
土佐犬みたいにみえたんですけど』

『土佐犬ではないですね、アメリカンなんちゃらって言ってましたよ』
なんのための聴取なわけ?
なんちゃらってなんなの?

その時はチョコの血溜まりを見ながら泣いて話してたから言い返せなくて結局

何犬かは、わかりません
でも調べたら
たぶん
アメリカンピットブル
アメリカンブルドッグ
とか、だと思います。

チョコは初めに襲われた場所から5、6メートル移動てました
必死で逃げようと思ったんだと思います。

私はなぜ拡散したのかというと、私だけその場にいなくて、どうしてこうなったのかが知りたくて、投稿しました。

他にいた家族も背を向けた一瞬の出来事で、主人の声で振り返ったらもう噛まれてました。

主人は当事者で、何が何だかわからないけどチョコを助けようとしてたので状況がわかりません。

主人がわかることは、一匹、引き剥がしてもすぐ他が噛みつき、引き剥がしてもすぐ噛みつきの繰り返しで頭も噛まれた?食べられて?必死に口の中からチョコを救おうとした

その事しかわからないと、言ってます

チョコは噛まれる前に、少し離れた奴等に向かって吠えたりしたわけでもないのに、なぜ?

なにかアクションおこしたのか?
とか、チョコを襲う前から回りにいた犬に唸ったりしてたの?
とか、そんなようなことを知りたくて、投稿しました。

知ったから、チョコが戻るわけでもないのはわかってます
でも知りたいです

何か、わかることがあればメッセージやコメントよろしくお願いします。
初めに投稿した、文章は犯人を探してるかのような文章で申し訳ございませんでした。

追記
チョコともう一頭連れてました
ポメラニアン(名前は小太郎です
小太郎はパニックの中逃げれました
リードをしていたので、近くにいた女性の方がリードを掴んで助けてくれました。尻尾を丸めて震えてますよ!と、お義母さんに渡してくれました

なぜかわからないけどチョコだけ襲われました
小太郎が逃げる方向がもし、駐車場だったら?小太郎も襲われたら?考えるだけで恐ろしいです

チョコが襲われた近くには2歳半になる娘がいました。
娘は襲われた時に、叔父が抱きかかえ逃げて見せないようにしたのですが、襲われた所を見てて、ショックを受けてます
娘が近くにいたので娘も襲われてたかもしれません、、

義理の姉は小柄です
40キロありません
それでも主人とチョコを助けるために、立ち向かいました
幸い怪我はありませんでした。

4月16日
ワンちゃんokのイチゴ狩りにでかけました。
足柄の下りのサービスエリアで休憩をしようと思い、駐車場の前の外の丸テーブルに、座って10秒もしないうに襲われ、殺されました。

なんでチョコなの?
他にも小型犬いっぱいいたのに
チョコがなにしたの?
5メートル?10メートル?離れた所から一斉に4頭がむかってきたのはなんでなの?

私は娘のパンを買うために先に店内に入ってしまい、何もできませんでした
私がパンを買うのを後にしてたらもしかしたら、助かったかもしれません

後悔しかないです。

今日チョコの葬式をしました。

家族全員で泣きました。

娘も嗚咽して泣いてました。

本当に辛いです。

襲ってきた犬種はたぶんとしかいいようがないので、わかりませんが
特定危険犬種に該当するようです。
日本は、特定危険犬種に規制があまりないようです
調べると日本でも特定危険犬種に人や犬が襲われて亡くなったり、怪我をした事件がたくさんありました。

この投稿を見たペットがいる方もいない方も、特定危険犬種の危険性に注意してください。
勿論、全ての特定危険犬種や大型犬が危険だとは、言ってません。
ただ、私は何かあってからじゃ遅いので娘には
『いままで、散歩してるワンちゃん寄ってきて飼い主さんが、触ってもいいよ!っていったら、触ってもいいよ!って言ったけど、これからは触ったらダメだし、近づくのもダメよ』
と、言ったら
『わかった、犬、コチョ(チョコのこと)噛むからいかない』
と、言ってました、、、
2歳半の娘はトラウマになってしまいました。

生き残った小太郎も、散歩してても、挨拶させるのはやめよう
ドッグラン行くのはやめよう
と、思います。

写真を載せるのをすごく迷ったんですが載せます
批判や中傷はやめてください
まとまりのない文章を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

以下、原文ママ
(事件しばらくした後、チワワの飼い主様がアップした文章)

 

たくさんのコメント、メッセージ、シェア、友達申請、Twitterやブログでの拡散ありがとうございます。こんなにもシェアして下さる方がいると思わなかったです。

コメントやメッセージ、なかなか皆様にお返事することができなくて、申し訳ございません。

返信するのに時間がかかってしまう為、申し訳ないのですが、まとめてこちらで返答させて頂きます。(時間がかかってもお一人お一人返信する予定です。)

 

襲われた場所について

足柄サービスエリアの下りの、駐車場にめんしてる、丸テーブルがある場所です。

ドッグランの中で襲われたのではございません。ドッグランの近くで襲われたわけでもございません。

チョコのリードの有無について

チョコはリードをつけてました。

ピットブルの襲ってきた状況について

ピットブルは、4頭リードフックに繋がれていました。リードフックからリードがはずれたのではなくて、リードフックのポールをつけたまま襲ってきました(ピットブル→リード→ポール)

↑上手く、説明できず申し訳ございません。

相手の飼い主の方について

4頭を繋いだあと、どこで何をしてたのかはわからないんですが
シェアして頂いて、目撃者の方からお話を伺うことができました。

チョコを襲ってきた時に、主人が声を出して、それからすぐに飼い主の方は来たそうです。しかしリードを引っ張っても制止はできず、、、あのような結末になりました。

飼い主の方からの謝罪の有無

当日警察署で謝罪はして頂きました。

保健所への届け出について

届け出は、こちらから出しました(被害者届けです)

私も犬を飼う身なのに知らなかったんですが(知らずに反省しております)

犬が人を咬んだら、保健所に届け出を出さなくてはならないこと。狂犬病の予防接種を受けてても、狂犬病にかかってるかの検査を2回受けさせなくてはいけない。という決まりがあるのを初めて知りました。

相手の方にも連絡して、保健所への届け出と狂犬病の検査を受けてもらうようにお願いしました。

監視カメラの有無

監視カメラについてコメントやメッセージたくさん頂きました。

すぐサービスエリアに問い合わせました。残念な事に監視カメラはなかったです。

殺処分について

私、個人は殺処分は希望しておりません。殺してきた犬だけどやはり飼い主の方の責任だと思うからです。

私もピットブルについて知識がなかったので、自分自信の危機管理がかけておりました。

足柄サービスエリアの対応について

監視カメラについて問い合わせた時に、すぐにリードフックに注意書きを張り付けてくれたそうです。このような事が二度と起きてはならないので、リードフックを撤去するか、固定式のリードフックに変更するかもしれないとおっしゃってました。

↑正直、ここまで対応して下さると思ってなかったので感謝してます。

大型犬や危険犬種について

私は犬が大好きです!小さい頃から猫に囲まれて育ち、結婚して犬を初めて飼いました。本当に息子のように思ってます。家族です。

その家族を奪われて、憎くないかと言われれば憎いです。でも襲った子達を憎しみ続けるのは違うと思います。

チョコの分まで、長生きして愛に満ちた生活を送ってほしいと思います。

そして、犬は嫌いにはなれません。なので危険犬種だから日本にいる全てを殺処分してくれ!とか、 過激なことは思っていません。
危険犬種だから、悪い、憎い、襲ってくるとも思いません。

ただ娘や生き残った小太郎がまた被害にあってからでは遅いので、危険犬種かどうかではなく、犬には近づくのはやめようと決めました。
今回の事で、何も悪いことをしてなくても襲われるということを学びました。

最後に私にも過失があったのではないか?ということについて

私がピットブルを知っていたら、そこで休憩しなかったです。

目撃者の方は近くのテーブルに座ってたそうです。一人で4頭ピットブルを連れてるのを見て、

『これはまずい、なにかあったら怖い』と、思い連れていたワンちゃんを抱っこして、警戒してたそうです。

私にもこの飼い主さんのように知識と周りへの危機管理さえあれば、チョコは亡くならなかったとおもいます。

私にも責任あると思っています。

しかし
私達は犬を飼ってなくて娘と主人と三人で出掛けてて、襲われたのが娘だったら?娘が襲われてても私の過失は問われるのでしょうか?

足柄サービスエリアは犬連れの方だけが利用する場所じゃないですよね?

犬を連れていない方も利用しますよね?

犬を連れていた、私達の犬が襲われたから、私にも責任はあったとしても過失と言われると違うような気がします。

今の気持ち

初めに投稿した時は、後悔と悲しみと怒りでいっぱいで、目撃者探しと、同じような事が起きてはならないと思い、注意換気の為に投稿しました。

今回、メッセージやコメントで、

『うちの子(犬)も咬まれました』
『ひき逃げされました』
『私(人)も咬まれました』
↑生きてる子もいれば、亡くなった子もいました。

辛い話なのに、お話をして頂きありがとうございます。

皆様のお話のなかで、相手の飼い主の誠意のない態度、言動、本当に腹が立つようなことがありました。

なかには誠意をもって対応してるかたもいました。

世の中知らないだけで、こんなにも犬のトラブルがあるのを知りました。

大型犬や危険犬種だけじゃなく、私のように小型犬、すべての愛犬家の方達に、犬ともう一度向き合って頂きたいと思います。

小型犬でも乳幼児や仔犬を咬めば大変な事になります。

うちの子は大丈夫

ではなく

もしかしたら?を想定して頂きたいなと思いました。

そしてトラブルを起こしてしまったら、飼い主として、その子の親として誠意をもった対応をして頂きたいなと思います。

投稿した文章で、大型犬や危険犬種を批判してるつもりはございません。

責めてるわけでもございません。

しかし殺傷能力の高い犬や、うちの子暴走スイッチが入りやすいかな?(犬種は関係ない)と思う飼い主の方は、より注意して頂きたいなと思います。

 


以上が、チワワチョコちゃんの飼い主様が、アップされた記事です。

ピットブルはアメリカ原産の闘犬種であり、日本では飼育禁止になっていないものの、アメリカでは飼うことを禁止している州が多くあるのは事実です。

愛犬を突如として亡くし、この様な事件に巻き込まれながら、何らかの手かがりをと気丈にアップした記事に、誹謗中傷・批判を受けた様です。特定犬種を批判するものではないと、明言されています。

特に闘犬は、例え対人で問題がなくとも、対犬になると本能が刺激されやすいと言われていますが、これも闘犬に限ったことではありません。

 

かつて、セナもサービスエリアで突如として、大型犬に襲われたことがありました。今回の足柄SAのチワワチョコちゃんの痛ましい事故と同じく、ドッグランではない、サービスエリアの休憩スペースで起こったことです。

  • 当時、セナが大型犬に襲われたときに書いた詳しい記事はこちら

犬が、犬に突然襲われた。どう守ればいいの?

セナを襲ってきた大型犬は、特定危険犬種ではありません。1人の飼い主が、大型犬2頭を連れていたうちの1頭でした。セナが襲われた時、その大型犬の飼い主はベンチに座り、犬のそばにいました。しかし、自分の犬を見ていなかった様な感じを受けました。ただ居ただけでした。

チョコちゃんの事件を思うと、セナが怪我をしないで済んだのは偶然であり、同じ様なことになっていた可能性は充分にあり、非常に怖くなりました。

今回の事件は、リードフックポールに4頭のピットブルを繋いだままその場を離れ、飼い主が犬を見ていない間に起こった事故です。もし、犬を見ていたとしても、大型犬4頭で大人一人を引きずるのは簡単なことです。

チワワ・チョコちゃんの悲しい事件は多くのことを考えさせられました。

そもそも、自分 or 家族のキャパシティーを超える犬、頭数を飼わないこと。

被害犬・加害犬にさせないためには、自分の犬から絶対に目を離してはいけない。責任は、常に人にあります。小型犬も大型犬も。大きさは関係ありません。犬種も関係ありません。

攻撃的な犬はもとより、例え穏やかな犬であっても、相手の犬(もしくは人かもしれません) 嫌なこと・驚くことをされたら怒る可能性は否定できないこと。非常に我慢強い犬であっても、犬の我慢が超える場合もあること。

ドッグランでなくとも、危険を感じる場合・飼い主がいない・見てない場合は、近づかないこと。ドッグランでは、場合によっては入らない・すぐに出る・と状況をみる選択肢を常に持つこと。

これはほんの一部であり、注意出来ることはまだ沢山あります。

犬を連れて出かける時に、常にピリピリと警戒する必要はありません。しかし、犬を守るために注意を配ることは非常に大事だと、今回の痛ましい事件や、セナがこれまで何度か危険な目に遭ったことを通して、痛感しました。

犬を迎えた以上、犬オーナーとして皆が皆気をつける必要があります。ただ、非常にもどかしいのは、一方が気をつけたところで、今回の様に防げない事故に繋がってしまうことです。

便宜上加害犬という言葉を使ってきましたが、加害犬という表現は違和感もあり、いうまでもなく事件の責任は100%飼い主にあるといっていいでしょう。

最後になってしまいましたが、
チョコちゃん、どうぞ安らかにお眠りください。

 


G's Family トップページ


2 thoughts on “サービスエリアで、犬が嚙み殺された事件について。”

  1. 何気なく開いたページに衝撃の文章。
    心中お察しいたします。
    私は絶対許してはいけないと思います。
    ピットを4頭、ありえませんよ
    コメントさせていただいてるだけで涙がとまりません。
    私なら殺処分を望みます。
    ピットは頭が悪いので飼い主も噛んだりします。
    食いついたら離さないバカすぎる犬です。
    我が家はブルドックがいるのですがドックランにはいきません。
    獣医さんからあんな危険な場所には絶対行ってならないといわれているのです。
    うちの子は幼少期虚弱にて救命救急で暮らしていたもんで通常の診察も救命救急でしていただいてます。
    通院のたびドックランで襲われた犬の話をききます。
    今回の事件、絶対に許すべきではないと思います。
    ピットなど安易なきもちで飼っている馬鹿すぎる人に思い知らせるべきです。
    大変な状況でしょうが、そのピットを処分しないと次の被害者がきっとでます。
    今回はチワワちゃんでしたがもしお子さんだったらどうしていますか?
    戦ってください。
    チワワちゃんがちゃんと天国に逝けるように
    勝手なことばかりですみませんでした。
    チワワちゃんの為に戦ってください。

    1. つくしまま様、はじめまして、コメントありがとうございます。

      チワワチョコちゃんの事件を知った時、本当にやり場のない気持ちがこみ上げてきました。悲しみだけでなく、憤りも感じました。『なぜ?』と。もし、同じ様な事件にあったらどうするか、綺麗事では済まないだろうと思います。

      そして、いつも残念に感じるのは、きちんとされている犬オーナーさんは、より一層注意する様になり、そうでない方は変わらないことが多いのではないかということです。犬オーナーの意識と知識という面では、(各国で議論は続いている様ですが)スイスやドイツの犬免許制度は素晴らしいと思っています(ドイツは一部犬種・特定の状況が対象)。

      しかし、日本はそこまで進んでいないわけで、ただの公共スペースで犬が犬に殺されるという考えられない事件が発生しても何も変わっていかないのだとしたら、非常に恐ろしいことですが同じ様な事件は繰り返されるのだろうな・・・と。現状、気をつけることしか出来ないのが歯がゆく感じます。

Comments are closed.